8月22日に朝日杯将棋オープン戦一次予選第2回戦が開催。

藤井聡太四段の対戦相手は大石直嗣六段です。

場所は関西将棋会館、持ち時間各40分

ここで勝利すれば同日に竹内雄悟四段と第3回戦で対局になります。

夏休み、休みナシです(^^;

結果は藤井聡太四段の勝利となりました。

↓タイトル戦以外(NHK杯など)の公式戦現状
こちら

スポンサードリンク

大石直嗣(おおいしただし)六段とは??

 
大石直嗣六段
出典:http://kifulog.shogi.or.jp
 
生年月日:1989年9月16日(27歳)
2009年4月1日(19歳)プロ入り
出身地:大阪府八尾市
師 匠:森 信雄七段
竜王戦:3組
順位戦:B級2組
※2016年第75期順位戦C級1組で9勝1敗で2位の成績によりB級2組へ昇級
得意戦法:オールラウンドプレイヤー

※藤井聡太四段は現在竜王戦6組、C級2組在籍
※竜王戦や順位戦の順位の仕組みを詳しく解説

2001年9月25日(12歳)6級

2009年4月1日(19歳)四段

2013年4月22日(23歳)五段

2013年5月15日(23歳)六段

※竜王ランキング戦連続2回昇級
※わずか3週間で2回の昇段


2013年度には、振り飛車の中でも角交換の力戦になりやすい、三段時代から愛用している『ダイレクト向かい飛車』戦法を発案。

その戦法でNHK杯で羽生善治三冠(現二冠)を破りベスト4入りをされました。


三段リーグでは13勝5敗の成績で2位で勝ち抜けされています。

好成績ですね。

同時にプロ入りされているのは澤田真吾六段です。
※ちなみに澤田真吾六段は14勝4敗で1位勝ち抜け。

藤井聡太四段の三段リーグ成績などはこちら

藤井聡太四段と大石直嗣六段のレーティングや成績は??

’17年8月16日現在のレーティング

藤井聡太四段(22位)1717
大石直嗣六段(47位)1629

’17年8月16日現在の成績

大石直嗣六段

対局数 勝率
通算 320 194 126 0.6062
本年 9 5 4 0.5555

 
藤井聡太四段

対局数 勝率
通算 39 36 3 0.9230
本年 29 26 3 0.8965

 

藤井聡太四段VS大石直嗣六段の対局中継は??

まだ未定です。

わかり次第追記します。

いったいどんなチャンネルで視聴できるの!?
↓詳しい視聴方法まとめ記事
こちら

↓全ての対局を見逃したくない!とりあえずこのアプリ↓
日本将棋連盟公式アプリ
※8大タイトル戦を含む、各棋戦の予選など、ほぼ毎日リアルタイムにプロの解説付きで中継記者がお届け✩

↓8大タイトル戦現状
こちら