藤井聡太七段は現在竜王戦5組、C級1組。
※来期は竜王戦4組が決定しています

C級だとか、竜王戦5組だとかわかりづらい・・棋士の基本給はどのように決定されているのか??
という疑問をお持ちの方のために解りやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

8大タイトル戦とは!?

 

8大タイトル

  • 順位戦
  • 竜王戦
  • 叡王戦
  • 王位戦
  • 王座戦
  • 棋王戦
  • 王将戦
  • 棋聖戦

トーナメント戦やリーグ戦により決まった挑戦者が、タイトル保持者に挑戦できます。
※2017年5月20日より『叡王戦』がタイトルに加わり8大タイトルへ

C級1組って何!?

 

棋士の基本給は順位戦のランクが元、給与、対局料などの根幹となるもの将棋には階級があります

C級2組から始まりA級まで。
ちなみに羽生善治三冠(現:羽生竜王)はA級です
C級2組、C級1組、B級2組、B級1組、A級の5段階と分かれています

 
↓大体平均した基本給はこのような感じ。

A級 約60万
B1 約50万
B2 約30万
C1 約20万
C2 約15万

 
基本的にはこの順に段位は四段、五〜八段と上がります。
※級を維持できなければ(勝率が悪ければ)、言わずもがな降級です

 
2017年加藤一二三九段が引退をすることになりましたが、加藤一二三九段は現在C級2組のクラスに在籍しておられました

順位戦C級2組で降級点が3回となると、フリークラスへの降級が決定となります

フリークラス棋士の定年は60歳で、フリークラスになった時点で60歳を超えていれば本人の意思とは関係なく引退となります。加藤一二三九段のように九段であっても成績によってはC級2組になることもあり得ます

 

B級2組以下のクラスでは、成績が悪くても1度で降級することはなく、成績下位の20パーセント(小数点以下の端数は切り捨てるので、たとえば参加者が46人のときは9人)に「降級点」がつけられる。降級点はB級2組とC級1組では2つ累積、C級2組では3つ累積すると降級する。C級2組からの降級先はフリークラス。
出典:wiki

1年に1期行われる順位戦ですが・・・フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けリーグ戦を行います。

最上位のA級優勝者が名人への挑戦権を獲得

勝率をキープする以外ありません。

C級からA級に飛び級はあるの??

C級からA級に上がるのは至難の業

たとえC級2組で全勝してもいきなりA級といった飛び級はなく、C級1組に昇級となります。
 

C2→C1→B2→B1→Aと昇級していくのが決まりです
 
第77期順位戦
出典:AmebaTV

A級になるには、最速でも5、6年かかります

毎年昇級できるのは各組で2~3人で、C級1組は39人が在籍。

とても厳しい道のりで、1年に1期行われ、順位が決定、昇級・降級・降級点が決定します。
 

ちなみに羽生善治三冠(現:羽生竜王)はは1993年にA級(八段)に昇級

そのときには・・・

既に竜王(通算2期目)
王座(1期目)
棋王(連続3期目)の3つを保持

されていました。

 
デビューから4年連続で昇級しA級に昇ったのは、これまでに2人のみ
 

この2人!

  • 中原誠・十六世名人
  • 加藤藤一二三九段

※羽生三冠(現:羽生竜王)でも7年かかっています

スポンサーリンク

竜王戦5組って何!?

32人の棋士によるトーナメント戦です。

そして今期31期は竜王5組で参戦されましたが、見事5組優勝されました。
※来期は4組から参戦となります
※ちなみに、5組の優勝賞金は155万円です。

本戦トーナメントへ進まれましたが、2局目で増田六段に敗戦となりました。

A級と竜王1組はどちらが格上なの!?

以前は順位戦のみが組わけされていたのですが現在は竜王戦と並列しています。

混乱しやすいですよね。竜王戦1組と順位戦A級はどちらは上なのでしょうか?
 

こんな感じ

  • A級だけ名人挑戦の可能性があり特別
  • 長期間掛けてリーグ戦をすることでメンバーの固定度が高い

ということから順位戦A級の方だと推測します。

竜王戦はタイトル戦の中でも一番賞金額も高く、タイトルの最高峰です。

最高峰のタイトル竜王戦とは??

全タイトル戦の中でも最高峰のタイトル

1988年~読売新聞社の主催で始められた将棋タイトル戦。

1組から6組までのトーナメント戦あり。

現役棋士全員と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名が参加。
※6組にはアマ棋士も参加可能
※女流棋士は6組での出場

1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行います。
 

竜王戦

  • トーナメント戦1組から5名
  • 2組から2名
  • 3・4・5・6組から各1名
  • 計11名によるトーナメント戦

 
ここでの優勝者が、例年10月~年末にかけて竜王と七番勝負を行う権利を始めて獲得。

挑戦者になるだけでもすごいことです。

竜王戦3組以下の出場者が竜王に挑戦した場合、七番勝負で敗れても1組に昇級が決定、4勝した棋士がタイトル保持になります。

優勝賞金は4,320万円

将棋界最高、番勝負で羽生竜王に負けても1,620万円獲得できます

竜王戦の前進には九段戦、十段戦があります。そこから数えると名人戦に次いで2番目に長いタイトル戦です。
 

こういう棋戦

    持ち時間
    タイトル戦:8時間
    本戦・ランキング戦:5時間
    残留決定戦のみは各3時間(チェスクロック使用)
    28.29期と渡辺明竜王(現:渡辺棋王)が勝利、30期は羽生竜王が奪取

棋士の給与はどうなっている!?

将棋界では順位によって基本給や対局料が決定します。

↓大体平均した基本給はこのような感じ。

A級 約60万
B1 約50万
B2 約30万
C1 約20万
C2 約15万

 
棋士の収入は、日本将棋連盟から支給される基本給と対局料。名人になると基本給も100万円超えることもあります。

8大タイトル戦と公式戦(NHK杯など)に参加すれば対局料が支給されます。

タイトル戦や公式戦に参加することができなければ、賞金も対局料も手にすることはできません。アマチュアへの指導料や講演会などの副収入程度のみで生計を立てることになります。

藤井聡太七段の竜王戦賞金や対局料ってどのくらい!?まとめ

 

こんな感じ

  • 竜王戦は将棋界最高峰のタイトル戦
  • 順位戦との並列であるので混同しやすい
  • 順位戦=クラス別総当たりのリーグ戦
  • ※B級2組以下はひとり10局

  • 竜王戦=全棋士参加型のトーナメント戦
  • 竜王戦1組とA級ではA級の方が格上であると思われる
  • 藤井聡太七段は竜王5組、C級1組
  • ※来期は4組

  • C級1組とは将棋界のランク、基本給の基準となる
  • A級になるまでには最短でも5、6年の歳月がかかる