八代タイトル戦とその他棋戦(NHK杯など)の優勝賞金額、番勝負勝者賞金額を概算ですが表にしています。

藤井聡太七段が、現在どの棋戦を勝ち進み、敗退しているのか?

敗退後、来期はいつごろから開催されるのか?をまとめています。

スポンサードリンク

 

藤井聡太七段の現在状況と各棋戦、番勝負の賞金額(概算)

※次期開催時期は前期&番勝負を元にした大まかな予想です
(前後する可能性あり)
※賞金額は概算です
★第77期順位戦賞金は名人戦番勝負での賞金額、A級棋士のみ対象(C2~B1は対象外)
棋戦名 現状 賞金額 次回対戦相手&日 次期開催
第77期順位戦 開始前 2,500万 森下九段(延期)
第31期竜王戦 本戦進出 4,320万 都成五段
第4期叡王戦 開始前 2,000万 木下七段or宮田七段 6月頃~
第59期王位戦 予選で敗(大橋四段) 1,000万 8月頃~
第66期王座戦 本戦進出 800万 深浦九段(6/22)
第44期棋王戦 本戦進出 600万 菅井王位
第68期王将戦 一次予選で敗(井上九段) 300万 年末年始頃
第90期棋聖戦 開始前 300万~600万? 里見香女流四冠
第11回朝日杯 優勝 750万 6月頃~
第68回NHK杯 開始前 非公表500万? 今泉四段(7/15)
第49期新人王戦 200万 八代六段
第2回上州YC杯 敗(三枚堂四段(当時)) 非公表 不参加
第7回加古川青流戦 敗(井出四段) 非公表 不参加
第26期銀河戦 本戦で敗(上村四段) 500~800万? 7月頃~

NHK杯本年度予選は、勝数勝率などの成績優秀者枠に該当、予選免除。

朝日杯は第11回優勝につき、次回はシード権獲得(本戦~)となります

本戦は大体年始~開始されているので、寂しいような、嬉しいようなですが、藤井六段登場は来年度となります。

※加古川青流戦、上州YAMADAチャレンジ杯は六段昇段のため、不参加となります

-参加既定-

加古川青流戦

四段・奨励会三段リーグ成績上位者、選考委員会で推薦選出する女流棋士2名、アマチュア3名によるトーナメント

上州YAMADAチャレンジ杯

五段以下でプロ入り15年以下の棋士(タイトル戦未出場)とアマチュア選抜1名によるトーナメント

一体どんな棋戦なのかもっと詳しく知りたい!

という方は↓の記事をどうぞ

各棋戦の番勝負状況

棋戦名 番勝負開催次期 番勝負数
竜王戦 10月~12月 七番勝負
叡王戦 3月~5月 七番勝負
王位戦 7月~9月 七番勝負
棋王戦 2月~3月 五番勝負
棋聖戦 6月~8月 五番勝負
王将戦 1月~3月 七番勝負
王座戦 9月~10月 五番勝負

※名人戦・順位戦の番勝負は4月~6月ですが、A級棋士のみ参戦

という状況になっております

各棋戦のタイトル保持者

棋戦名 タイトル保持者
竜王戦 羽生善治竜王
叡王戦 高見泰地七段
王位戦 菅井竜也王位
棋王戦 渡辺明棋王
棋聖戦 羽生善治棋聖
王将戦 久保利明王将
王座戦 中村太地王座

現在は・・・

  • 竜王戦七番勝負:渡辺竜王(当時)から羽生棋聖(当時)が奪取
  • 叡王戦七番勝負:高見泰地六段が叡王へ、七段昇段
  • 王位戦七番勝負:豊島将之八段が挑戦者へ
  • 棋王戦五番勝負:永瀬拓矢七段が挑戦者へなりましたが、渡辺棋王が防衛
  • 棋聖戦五番勝負:豊島将之八段が挑戦者へ
  • 王将戦七番勝負:豊島将之八段が挑戦者へなりましたが、久保王将が防衛
  • 王座戦五番勝負:羽生二冠(当時)から中村六段(当時)が奪取

という段階となっております。。

ざっくり簡単にまとめてみました。