八代タイトル戦とその他棋戦(NHK杯など)の優勝賞金額、番勝負勝者賞金額を概算ですが表にしています。

藤井聡太七段が、現在どの棋戦を勝ち進み、敗退しているのか?

敗退後、来期はいつごろから開催されるのか?をまとめています。

スポンサーリンク

藤井聡太七段の現在状況と各棋戦、番勝負の賞金額(概算)

※次期開催時期は前期&番勝負を元にした大まかな予想です
(前後する可能性あり)
※賞金額は概算です
★第77期順位戦賞金は名人戦番勝負での賞金額、A級棋士のみ対象(C2~B1は対象外)
※※表は横スクロールできます(スマホ)※※

棋戦名 現状 賞金額 次回対戦相手&日 次期開催
第77期順位戦 3勝0敗
(全10戦)
2,500万 青野九段(8/28)
第31期竜王戦 本戦で敗
(増田六段)
4,320万 年始頃~
第4期叡王戦 開始前 2,000万 小林七段
第60期王位戦 開始前 1,000万 山崎八段
第67期王座戦 開始前 800万 本戦(5月頃)~※1
第44期棋王戦 本戦進出 600万 菅井王位
第68期王将戦 一次予選で敗
(井上九段)
300万 年末年始頃
第90期棋聖戦 開始前 300万~600万? 里見香女流四冠(8/24)
第11回朝日杯 優勝 750万 本戦(年始頃)~※2
第68回NHK杯 第1局で敗
(今泉四段)
非公表500万? 本戦(4月頃)~※3
第49期新人王戦 2勝中 200万 近藤五段(8/31) ※4
第2回上州YC杯 敗(三枚堂四段(当時) 非公表 不参加※5
第7期加古川青流戦 敗(井出四段) 非公表 不参加※6
第27期銀河戦 本戦進出 500~800万?

※1第66期でベスト4に入り、第67期は挑戦者決定トーナメントにシード
※2朝日杯は第11回優勝につき、次回はシード権獲得(本戦~)となります
※3NHK杯来期は全棋士参加棋戦優勝者(朝日杯将棋オープン戦優勝者)枠で予選を免除
☆第68回(本年)は成績優秀者枠で予選を免除
※4新人王戦は来期七段昇段のため不参加
※5加古川青流戦は本戦が始まった本年5月時点で既に五段(本年2月1日付で五段に昇段)のため不参加
※6上州YAMADAチャレンジ杯は六段昇段のため不参加

☆参加既定☆

加古川青流戦
四段・奨励会三段リーグ成績上位者、選考委員会で推薦選出する女流棋士2名、アマチュア3名によるトーナメント
上州YAMADAチャレンジ杯
五段以下でプロ入り15年以下の棋士(タイトル戦未出場)とアマチュア選抜1名によるトーナメント
新人王戦
26歳・六段以下(タイトル戦経験者は除くの)棋士などが参加する優勝棋戦

一体どんな棋戦なのかもっと詳しく知りたい!

という方は↓の記事をどうぞ

藤井聡太七段、進捗状況

※段位は対局時段位で表示
※青=敗戦、黄色=次戦、緑=開始前
※※表は横スクロールできます(スマホ対応)※※

棋戦 1局 2局 3局 4局 5局 6局
第31期竜王戦 阿部隆八段 阿部光六段 船江六段 石田五段
第31期竜王戦
挑決T
都成五段 増田六段
第4期叡王戦
段位別予選
木下七段 小林七段
第60期王位戦
予選
山崎八段
第67期王座戦
本戦
開始前
第44期棋王戦
予選
牧野五段 古森四段 大石七段 中村六段
第44期棋王戦
挑決T
菅井王位
第68期王将戦
一次予選
南九段 杉本七段 井上九段
第90期棋聖戦
一次予選
里見女流五冠
第12回朝日杯本戦 年末年始
第68回NHK杯本戦 今泉四段
第49期新人王戦 古森四段 八代六段 近藤誠也五段
第27期銀河戦予選 藤原七段
第27期銀河戦本戦

藤井聡太七段、今までの対局結果

※段位は対局時段位で表示
※青は敗戦
※※表は横スクロールできます(スマホ対応)※※

棋戦 1局 2局 3局 4局 5局 6局
第30期竜王戦 加藤九段 浦野八段 所司七段 星野四段 金井六段 近藤五段
第30期竜王戦
挑決T
増田四段 佐々木五段
第3期叡王戦
段位別予選
梶浦四段 都成四段 佐々木四段 杉本四段
第3期叡王戦
挑決T
深浦九段
第59期王位戦
予選
小林健九段 小林裕七段 北浜八段 大橋四段
第66期王座戦
一次予選
小林健九段 平藤七段 豊川七段 村田智六段
第66期王座戦
二次予選
畠山鎮七段 糸谷八段
第66期王座戦
挑決T
屋敷九段 深浦九段 斎藤慎七段
第43期棋王戦
予選
豊川七段 大橋四段 平藤七段 澤田六段
第43期棋王戦
挑決T
豊島八段
第67期王将戦
一次予選
有森七段 小林裕七段 西川和六段 澤田六段 菅井七段
第89期棋聖戦
一次予選
西川慶七段 阪口五段 竹内四段 大橋四段
第11回朝日
一次予選
藤岡アマ 大石六段 竹内四段 宮本五段
第11回朝日杯
二次予選
屋敷九段 松尾八段
第11回朝日杯本戦 澤田六段 佐藤天名人 羽生二冠 広瀬八段
第67回NHK杯予選 浦野八段 北浜八段 竹内四段
第67回NHK杯本戦 千田六段 森内九段 稲葉八段
第48期新人王戦 大橋四段 横山アマ 佐々木四段
第2回上州Y杯 都成四段 阪口五段 三枚堂四段
第7期加古川青流戦 竹内四段 都成四段 井出四段
第26期銀河戦予選 平藤七段
第26期銀河戦本戦 藤倉五段 上村四段

各棋戦の番勝負状況

棋戦名 番勝負開催次期 番勝負数
竜王戦 10月~12月 七番勝負
叡王戦 3月~5月 七番勝負
王位戦 7月~9月 七番勝負
棋王戦 2月~3月 五番勝負
棋聖戦 6月~8月 五番勝負
王将戦 1月~3月 七番勝負
王座戦 9月~10月 五番勝負

※名人戦・順位戦の番勝負は4月~6月ですが、A級棋士のみ参戦

という状況になっております

各棋戦のタイトル保持者

棋戦名 タイトル保持者
竜王戦 羽生善治竜王
叡王戦 高見泰地七段
王位戦 菅井竜也王位
棋王戦 渡辺明棋王
棋聖戦 豊島将之棋聖
王将戦 久保利明王将
王座戦 中村太地王座

現在は・・・

  • 竜王戦七番勝負:渡辺竜王(当時)から羽生棋聖(当時)が奪取
  • 叡王戦七番勝負:高見泰地六段が叡王へ、七段昇段
  • 王位戦七番勝負:豊島将之八段が挑戦者へ
  • 棋王戦五番勝負:永瀬拓矢七段が挑戦者へなりましたが、渡辺棋王が防衛
  • 棋聖戦五番勝負:羽生二冠から豊島将之八段が奪取
  • 王将戦七番勝負:豊島将之八段が挑戦者へなりましたが、久保王将が防衛
  • 王座戦五番勝負:羽生二冠(当時)から中村六段(当時)が奪取

という段階となっております。。

ざっくり簡単にまとめてみました。