スポンサーリンク

目次

閉じる

最新対局結果・速報※最新棋戦情報など

★NEW★棋戦速報!
NEW2021/6/22:第6期叡王戦丸山九段に87手で勝利

2021/6/18:第92期棋聖戦五番勝負第2局渡辺名人に171手で勝利

2021/6/6:第80期B1順位戦屋敷九段に130手で勝利

2021/6/6:第92期棋聖戦五番勝負第1局渡辺名人に90手で勝利

2021/6/3:第80期B1順位戦稲葉八段に165手で敗戦

2021/5/31:第6期叡王戦挑決T永瀬王座に138手で逆転勝利

2021/5/17:第6期叡王戦挑決T行方九段に80手で勝利

2021/5/6:第80期B1順位戦三浦九段に109手で勝利

2021/5/6:第69期王座戦挑決T深浦九段に105手で敗戦

2021/4/17:第4回AbemaTチーム三浦に5勝1敗で勝利

藤井聡太※今後の対局予定【最新版】2021/6/23更新

★準公式戦「将棋オールスター東西対抗戦」創設
持ち時間無し、初手から1手30秒未満
決勝戦はオールスター東西対抗戦として、個人戦と団体戦のポイント数で優勝を決定
出場はエントリー形式(指定の期間内にエントリーした現役棋士が対象、女流棋士は対象外)
8月を目途に同連盟のホームページに専用サイトを立上げ、ファン投票を受付(ファン投票で東西各2人(予選シード)、予選を勝ち上がった東西各3人で構成となる)
9~10月に予選、2021年12月26日に決勝戦を行う予定

日付確定※2021年6月まで

【6月26日】vs斎藤慎太郎八段【第6期叡王戦挑決T】

【6月29・30日】vs 豊島将之竜王【第62期王位戦七番勝負】

※6月29日(火)30日(水) 愛知県名古屋市 「名古屋能楽堂

日付未確定

【対局日未定】vs斎藤明日斗四段【第47期棋王戦挑決T】

【対局日未定】vs井出五段vs石田五段の勝者※7/14にどちらか判明【第71期王将戦二次予選】

※記事後日追加

【対局日未定】vs深浦九段vs都成七段の勝者※7/11にどちらか判明【第71回NHK杯】

トーナメント表

日付確定※2021年7月以降

【7月3日】vs渡辺明名人【第92期棋聖戦第3局】

※7/3(土)静岡県沼津市「沼津御用邸東附属邸第1学問所
※7月18日、29日

【7月6日】vs久保利明九段【第80期B1順位戦】

【7月10日】vs山崎八段【第34期竜王戦挑決T】

【7月13・14日】vs豊島将之竜王【第62期王位戦第2局】

※7月13日(火)14日(水) 北海道旭川市 「花月会館

【7月18日】vs渡辺明名人【第92期棋聖戦第4局】

※7/18(日)愛知県名古屋市「亀岳林 万松寺

【7月21・22日】vs 豊島将之竜王【第62期王位戦第3局】

※7月21日(水)22日(木) 兵庫県神戸市「中の坊瑞苑

【7月29日】vs渡辺明名人【第92期棋聖戦第5局】

※7/29(木)新潟県新潟市「高志の宿 高島屋

【8月18・19日】vs豊島将之竜王【第62期王位戦第4局】

※8月18日(水)19日(木) 佐賀県嬉野市「和多屋別荘

【8月24・25日】vs豊島将之竜王【第62期王位戦第5局】

※8月24日(火)25日(水)徳島県徳島市「渭水苑

【9月6・7日】vs豊島将之竜王【第62期王位戦第6局】

※9月6日(月)7日(火)神奈川県秦野市「元湯 陣屋

【9月25日】vs羽生九段vs千田七段の勝者【第42回JT杯】

【9月28・29日】vs豊島将之竜王【第62期王位戦第7局】

※9月28日(火)29日(水)神奈川県秦野市「元湯 陣屋

第80期B1順位戦日程一覧※2022/3/9まで

棋戦 1局 2局 3局 4局 5局 6局 7局 8局 9局 10局 11局 12局
第80期順位戦B1 三浦弘行九段
稲葉陽八段
屋敷伸之九段
久保利明九段
7/15
木村一基九段
9/16
横山泰明七段
9/30
郷田真隆九段
10/21
松尾歩八段
11/11
近藤誠也七段
12/2
千田翔太七段
1/13
阿久津主税八段
2/3
佐々木勇気七段
3/9

 

【八大タイトル戦/朝日杯・銀河戦・NHK杯※現状早見表】

◆表は横にスクロールできます◆

棋戦 現状 対局者・日程 シード要件 備考
第34期竜王戦 挑決T進出 山崎八段(7/10) ナシ R戦が年末、年始~
第80期B1順位戦 2勝/12戦 久保九段(7/6) ナシ 大体5月頃~
第62期王位戦 七番勝負開始前 豊島竜王(6/29.30) × 番勝負が6月末~
第69期王座戦 敗退 挑決T~ 挑決T大体4,5月頃~
第47期棋王戦 挑決T開始前 斎藤明日斗四段(未) 挑決T~ 挑決T大体6月頃~
第6期叡王戦 決勝進出 斎藤八段(6/26) 段位別予選(八段戦)~
第71期王将戦 二次予選開始前 井出五段or石田五段(未) 二次予選~ 二次予選が7月頃~
第92期棋聖戦 1/5 渡辺名人(7/3) × 番勝負が大体6月頃~

 

項目 現状 対局者・日程 シード要件 備考
第14回朝日杯 優勝 本戦~ 大体1月頃~
第71回NHK杯 開始前 深浦九段or都成七段(未) 来期本戦2回戦~ 大体4月頃~
第28期銀河戦 優勝 ブロック戦最終 年末
JT杯 開始前 羽生九段or千田七段(9/25) タイトルホルダー枠で出場

↓タイトル戦以外の棋戦(朝日杯・NHK杯・銀河戦)の概要から詳しく知りたい方向け記事

↓タイトル戦の概要から詳しく知りたい方向け記事
 

最近の対局速報・結果記事一覧











スポンサーリンク

藤井聡太【最新】話題のニュース・ツイート※随時更新

藤井二冠に関するニュースは随時ツイートしてます^^

他棋士のこともたまに呟きますが、基本は藤井二冠に関する記事です。

よければスクロールしてみてください↓^^


↑ツイートからのNews!pickup!
第14回朝日杯、準決勝で渡辺名人、決勝で三浦九段に勝利、優勝(2/11)
第79期順位戦、佐々木勇気七段と共にB1昇級決定(2/9)
「Number」将棋特集 第2弾 藤井聡太と将棋の冒険、2021年1月7日(木)発売
叡王戦、第6期から不二家が日本将棋連盟と共同主催となり、序列は6位
木村一基九段、藤井聡太2冠の封じ手用紙、入金あり
※第2局は5,501,000円、第3局は2,001,000円、決着局となった第4局が15,000,000円
売り切れ店続出という予想以上の展開を受け、「Number」2度目の増刷、20万部の大反響^^
最年少八段昇段は加藤一二三九段の持つ18歳3ヶ月でしたが、18歳1ヶ月で記録更新、八段昇段、二冠達成。
最年少タイトル保持は屋敷伸之九段の持つ18歳6ヶ月でしたが、17歳11ヶ月で記録更新、新棋聖誕生。
最年少タイトル挑戦は、屋敷伸之九段が持つ17歳10カ月24日。
7月19日に18歳となる藤井七段(当時)にとって記録を更新するには、6月11日までにタイトル戦に登場するのが条件。
今回は、6月8日に渡辺との5番勝負第1局が予定されているため、これでクリア。
【年末年始企画】関西本部所属棋士の「2020年の目標」藤井七段(当時)は「タイトル挑戦」

2020年のテーマとして選んだ文字は「研鑽(けんさん)」
※自ら研鑽して習得するetc、学問などを深く究めることを意味します

掲示板サイト「交流の広場」も是非ご利用ください☆

藤井聡太※成績・勝率まとめ記事

藤井二冠と2局以上対戦、藤井二冠が敗戦したことのある棋士一覧

※並びは勝率順です、表は横にスクロールできます(スマホ)

対局者 先手 後手 合計 勝率
豊島将之二冠 0 3 1 3 1 6 7 0.1428
深浦康市九段 0 1 1 1 1 2 3 0.3333
佐々木大地五段 0 0 1 2 1 2 3 0.3333
久保利明九段 1 1 1 2 2 3 5 0.4000
大橋貴洸六段 1 3 1 0 2 3 5 0.4000
佐々木勇気七段 0 0 1 1 1 1 2 0.5000
村山慈明七段 1 0 0 1 1 1 2 0.5000
三枚堂達也七段 1 0 0 1 1 1 2 0.5000
上村亘五段 0 1 1 0 1 1 2 0.5000
斎藤慎太郎八段 3 0 0 2 3 2 5 0.6000
稲葉陽八段 1 0 2 2 3 2 5 0.6000
今泉健司四段 2 0 0 1 2 1 3 0.6666
永瀬拓矢王座 2 1 1 0 3 1 4 0.7500
三浦弘行九段 3 1 0 0 3 1 4 0.7500
千田翔太七段 2 0 1 1 3 1 4 0.7500
増田康宏六段 2 0 1 1 3 1 4 0.7500
菅井竜也八段 1 0 4 2 5 2 7 0.7142
羽生善治九段 3 1 1 0 4 1 5 0.8000
広瀬章人八段 3 1 1 0 4 1 5 0.8000
近藤誠也六段 1 1 3 0 4 1 5 0.8000
出口若武四段 3 0 1 1 4 1 5 0.8000
都成竜馬七段 1 0 4 1 5 1 6 0.8333
木村一基九段 3 0 3 1 6 1 7 0.8571
渡辺明三冠 2 1 5 0 7 1 8 0.8750

わかりやすい!公式戦進捗状況

※次期開催時期は前期&番勝負を元にした大まかな予想です
(前後する可能性あり)
※賞金額は概算、変動している可能性もあります
★第78期順位戦賞金は名人戦番勝負での賞金額(別途名人手当、1,200万)、A級棋士のみ対象(C2~B1は対象外)
※※表は横スクロールできます(スマホ)※※

棋戦名 現状 賞金額 次回対戦相手&日 次期開催
第34期竜王戦 本戦進出 4,320万 山崎八段(7/10) 2組R戦が年末、年始頃~
第80期順位戦 (2勝/12戦) 2,250万 久保九段(7/6)
第62期王位戦 七番勝負開始前 1,200万 豊島竜王(6/29.30) 番勝負が大体7月頃~
第69期王座戦 挑決Tで敗
(深浦九段)
1,200万 ※2
挑決T大体4,5月頃~
第47期棋王戦 挑決T開始前 900万 斎藤明日斗四段(未) ※3
挑決T大体6月頃~
第6期叡王戦 決勝進出 2,000万※変更してるはず 斎藤八段(6/26) ※1
八段戦~参戦
第71期王将戦 二次予選開始前 800万 井出五段or石田五段(未) ※4
来期は二次予選~
第92期棋聖戦 1/5 700万 渡辺名人(6/18) 番勝負が大体6月頃~
JT杯日本シリーズ 初戦開始前 500万 羽生九段or千田七段(9/25) ※5
第14回朝日杯本戦 優勝 750万 ※6
本戦が1月頃~
第71回NHK杯 初戦開始前 非公表500万? 深浦九段or都成七段 ※7
第28期銀河戦 優勝 500~800万? ※8
※欄注釈
※1タイトルホルダーシード枠無し、第6期は段位別予選~
※2第70期王座戦(次期)、タイトルホルダーは挑決T~
※3タイトルホルダーは、挑決T~
※470期でリーグ陥落、第71期は二次予選~大体7月頃
※52020年獲得賞金・対局料4位、来期はタイトルホルダーにより出場決定
※6朝日杯は第14回優勝、タイトルホルダー、次回はシード権獲得(本戦~)
※7タイトルホルダーは、本戦2回戦~
※8タイトルホルダーは、ブロック戦~、第28期優勝により最終ブロック

↓もっと詳しくわかりやすい、過去状況まで知りたい方向け記事

こちらの記事もおすすめ