▼現在の成績▼

藤井聡太竜王【レーティング(1位)2058】
対局数 勝率
通算 320 267 53 0.8343
2022年度 3 2 1 0.6666

※2021年度勝率は0.8125
※2021年度【最優秀棋士賞】【名局賞】受賞、最多対局数、最多勝利数部門で1位獲得

スポンサーリンク

目次

閉じる

最新対局結果・速報

★棋戦速報★
2022/5/24出口若武六段と対局中【第7期叡王戦五番勝負第3局】

2022/5/15出口若武六段に75手で千日手、指し直し局は75手で勝利【第7期叡王戦五番勝負第2局】

2022/5/6大橋貴洸六段に129手で敗戦【第70期王座戦挑決T】

2022/4/28出口若武六段に93手で勝利【第7期叡王戦五番勝負第1局】

2022/4/2田中寅彦九段に107手で勝利【第1期新戦】

2022/3/12チーム深浦に3-0で敗戦【第1回Abema師弟T】

2022/3/9佐々木勇気七段に90手で勝利【第80期B1順位戦】

2022/2/11.12渡辺王将に114手で勝利【第71期王将戦七番勝負第4局】

2022/2/3阿久津八段に81手で勝利【第80期B1順位戦】

2022/1/29.30渡辺王将に135手で勝利【第71期王将戦七番勝負第3局】

藤井聡太※今後の対局予定【最新版】2022/5/24更新

>>藤井聡太竜王の今後のスケジュールはこちら

第81期A順位戦対局者一覧※日程はまだ未定

>>A級順位戦、現在の状況はこちらにまとめています

棋戦 1局 2局 3局 4局 5局 6局 7局 8局 9局
第81期順位戦A
佐藤康光九段

菅井竜也八段

糸谷哲郎八段

渡辺明名人か斎藤慎太郎八段

広瀬章人八段

佐藤天彦九段

豊島将之九段

永瀬拓矢王座
2/1(水)

稲葉陽八段
3/2(木)

 

【八大タイトル戦/一般棋戦※現状早見表】

◆表は横にスクロールできます◆

棋戦 現状 対局者・日程 シード要件 備考
第35期竜王戦 番勝負待ち 未(10/7.8) 番勝負が10月頃~
現在R戦中
第81期A順位戦 開始前 康光九段(未) ナシ 大体5月頃~
第63期王位戦 番勝負待ち 番勝負が6月末~
現在紅白リーグ中
第70期王座戦 敗退 挑決T~ 挑決T大体4,5月頃~
第47期棋王戦 敗退 挑決T~ 挑決T大体6月頃~
現在番勝負中
(渡辺棋王vs永瀬王座)
第7期叡王戦 2-0 出口六段(5/24)
第71期王将戦 4勝0敗で奪冠
第93期棋聖戦 五番勝負開始前 永瀬王座(6/3) 番勝負が大体6月頃~

棋戦 現状 対局者・日程 シード要件 備考
第15回朝日杯 敗退 本戦~ 大体1月頃~
第72回NHK杯 開始前 西田五段or伊藤五段 来期本戦2回戦~ 放送は秋かな?
第30期銀河戦 本戦開始待 11月
JT杯 敗退 タイトルホルダー枠で出場

↓↓番勝負、挑決T、大体の開始時期、誤差あると思うのでご参考程度にどうぞ

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
防衛戦 竜王戦 竜王戦 竜王戦
王位戦 王位戦 王位戦
叡王戦 叡王戦 叡王戦
王将戦 王将戦 王将戦
棋聖戦 棋聖戦 棋聖戦
挑戦 名人戦※結果次第 順位戦開始
挑決T開始 王座戦
※結果次第
王座戦
※結果次第
挑決T開始 棋王戦
※結果次第
棋王戦
※結果次第
一般棋戦 朝日杯本戦 朝日杯本戦
※本戦1日目次第
この辺り放送? NHK杯
※結果次第
銀河戦本戦放送 銀河戦決勝T放送
※本戦次第
開始時期 JT杯
※結果次第
非公式戦 「AbemaT」開催時期
サントリー決勝戦

>>一般棋戦(朝日杯・NHK杯・銀河戦・JT杯)の概要から詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

>>タイトル戦の概要から詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

わかりやすい!公式戦進捗状況

>>藤井聡太竜王の現在状況を表形式でサッと確認したい方はこちらでご確認ください

スポンサーリンク

藤井聡太【最新】話題のニュース・ツイート※随時更新

藤井竜王に関するニュースは随時ツイートしてます^^

他棋士のこともたまに呟きますが、基本は藤井竜王に関する記事です。

よければスクロールしてみてください↓^^


↑ツイートからのNews!pickup!
史上最年少で五冠(竜王、王位、叡王、王将、棋聖)1993年8月に羽生九段が22歳10カ月で達成した記録を更新('22.2/12)
史上最年少で四冠(竜王、王位、叡王、棋聖)羽生九段の記録 28年ぶり更新(11/13)
第4回Abemaトーナメント、チーム最年少+1優勝(9/18)
史上最年少で三冠(王位、叡王、棋聖)羽生九段の記録 28年ぶり更新(9/13)
第92期棋聖戦五番勝負、7月4日に3-0で防衛達成、最年少九段誕生、最年少防衛記録更新!
第14回朝日杯、準決勝で渡辺名人、決勝で三浦九段に勝利、優勝(2/11)
叡王戦、第6期から不二家が日本将棋連盟と共同主催となり、序列は6位
木村一基九段、藤井聡太2冠の封じ手用紙、入金あり
※第2局は5,501,000円、第3局は2,001,000円、決着局となった第4局が15,000,000円
売り切れ店続出という予想以上の展開を受け、「Number」2度目の増刷、20万部の大反響^^
最年少八段昇段は加藤一二三九段の持つ18歳3ヶ月でしたが、18歳1ヶ月で記録更新、八段昇段、二冠達成。
最年少タイトル保持は屋敷伸之九段の持つ18歳6ヶ月でしたが、17歳11ヶ月で記録更新、新棋聖誕生。
最年少タイトル挑戦は、屋敷伸之九段が持つ17歳10カ月24日。
7月19日に18歳となる藤井七段(当時)にとって記録を更新するには、6月11日までにタイトル戦に登場するのが条件。
今回は、6月8日に渡辺との5番勝負第1局が予定されているため、これでクリア。
掲示板サイト「交流の広場」も是非ご利用ください☆

藤井聡太※成績・勝率まとめ記事

藤井竜王と2局以上対戦、藤井竜王が敗戦したことのある棋士一覧

※並びは勝率順です、表は横にスクロールできます(スマホ)

対局者 先手 後手 合計 勝率
深浦康市九段 0 1 1 1 1 2 3 0.3333
大橋貴洸六段 1 4 1 0 2 4 6 0.3333
丸山忠久九段 1 1 0 0 1 1 2 0.5000
久保利明九段 2 1 1 2 3 3 6 0.5000
山崎隆之八段 0 1 1 0 1 1 2 0.5000
村山慈明七段 1 0 0 1 1 1 2 0.5000
三枚堂達也七段 1 0 0 1 1 1 2 0.5000
上村亘五段 0 1 1 0 1 1 2 0.5000
佐々木大地五段 1 0 1 2 2 2 4 0.5000
斎藤慎太郎八段 4 0 0 3 4 3 7 0.5714
豊島将之九段 8 3 5 7 13 10 23 0.5652
稲葉陽八段 1 0 3 2 4 2 6 0.6666
千田翔太七段 3 1 1 1 4 2 6 0.6666
今泉健司四段 2 0 0 1 2 1 3 0.6666
菅井竜也八段 1 0 4 2 5 2 7 0.7142
三浦弘行九段 3 1 0 0 3 1 4 0.7500
佐々木勇気七段 1 0 2 1 3 1 4 0.7500
増田康宏六段 2 0 1 1 3 1 4 0.7500
永瀬拓矢王座 4 1 3 1 7 2 9 0.7777
近藤誠也六段 1 1 3 0 4 1 5 0.8000
出口若武四段 3 0 1 1 4 1 5 0.8000
羽生善治九段 3 1 2 0 5 1 6 0.8333
広瀬章人八段 4 1 1 0 5 1 6 0.8333
都成竜馬七段 1 0 4 1 5 1 6 0.8333
渡辺明三冠 4 2 8 0 12 2 14 0.8571
木村一基九段 4 0 3 1 7 1 8 0.8750

こちらの記事もおすすめ