スポンサーリンク

最新対局結果・速報※最新棋戦情報など

★NEW★棋戦速報!
NEW2020/1/22:1/31に棋王戦予選VS今泉四段戦が入りました
NEW2020/1/22:朝日杯本戦記事、永瀬二冠阿久津八段の記事をアップしました

2020/1/20:1/28に棋聖戦二次予選VS澤田六段戦が入りました
2020/1/20:第13回朝日杯、永瀬二冠VS山崎八段は、99手で永瀬二冠がベスト4進出決定
2020/1/20:第13回朝日杯、渡辺三冠VS山崎八段は、113手で山崎八段勝利、19時~永瀬二冠VS山崎八段
2020/1/20:第13回朝日杯、永瀬二冠VS糸谷八段は、97手で永瀬二冠勝利

2020/1/19:第13回朝日杯、VS千田翔太七段戦を追加しました
2020/1/19:第13回朝日杯、VS斎藤慎太郎七段戦で、藤井七段が147手で勝利、ベスト4進出
2020/1/19:第13回朝日杯、VS菅井竜也七段戦で、藤井七段が168手で勝利

2020/1/18:第13回朝日杯、深浦九段VS千田七段⇒178手千田七段がベスト4進出決定
2020/1/18:第13回朝日杯、屋敷九段VS千田七段⇒98手で千田七段が勝利、深浦九段VS豊島二冠⇒179手で深浦九段が勝利

2020/1/17:第13回朝日杯、郷田九段を制し97手で阿久津八段がベスト4進出決定
2020/1/17:第13回朝日杯、広瀬八段VS阿久津八段⇒86手で阿久津八段が勝利、行方九段VS郷田九段⇒95手で郷田九段勝利
2020/1/17:第61期王位戦、藤井七段は白組、初戦は羽生九段で先手番、2月対局
紅組⇒1.豊島二冠 2.永瀬二冠 3.佐々木大五段 4.鈴木九段 5.佐藤秀七段 6.本田五段
白組⇒1.羽生九段 2.菅井七段 3.稲葉八段 4.上村五段 5.阿部健七段 6.藤井聡七段

020/1/16:第78期順位戦、VS小林裕士七段戦で、藤井七段が77手で勝利

019/12/27:第61期王位戦7組決勝戦、VS斎藤慎太郎七段戦で、藤井七段が121手で勝利

最近の対局速報・結果記事一覧




藤井聡太※今後の対局予定【最新版】1/22更新

対局日が決まっている人


対局日が決まっていない人

★羽生九段戦は2月⇒日付は未定

★銀河戦は3月3日放送、1/7収録
※出口四段or高野六段

↓こちらは対局未定ですが、先にアップしておきます↓


対局日・対局者も決まっていない対局

  • 阿部隆八段VS村山慈明七段の勝者【第68期王座戦二次予選】

※第67期挑戦者決定トーナメントシードで1回戦敗退(佐々木五段に敗戦)、第68期は二次予選~参戦になってます。

藤井聡太【最新】話題のニュース・ツイート

杉本一門の新年会、お年玉もらっていました^^

棋士・藤井聡太の将棋トレーニング -Switch
created by Rinker
ゲームスタジオ
News!pickup!
杉本 昌隆 (著)『悔しがる力』2020年1月23日発売
藤井七段が、いかにしてたゆまぬ努力を楽しんでいるかを師匠の視点で明らかにします。
本書では、藤井七段は将棋盤もない暗がりで杉本研究会の仲間と頭のなかだけで将棋を指していたなどの驚きのエピソードが語られます。

棋士・藤井聡太の将棋トレーニング予約開始

朝日杯準決勝・決勝は2/11、チケット販売は1/16~

2020年のテーマとして選んだ文字は「研鑽(けんさん)」
※自ら研鑽して習得するetc、学問などを深く究めることを意味します

(初回)2020年1月1日(水)午後2時~2時24分
新春特別番組:藤井聡太~王将戦挑戦者決定リーグ戦を振り返る~が囲碁・将棋チャンネルで放送

2019年12月24日、Switch用「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」ゲーム監修
2020年3月5日発売予定
価格:¥4,500

2019年12月17日、藤井聡太七段が出身地の愛知県瀬戸市での東京五輪の聖火ランナーに決定^^
※羽生九段は埼玉、佐藤康光九段が京都

掲示板サイト「交流の広場」も是非ご利用ください☆

藤井聡太※成績・勝率まとめ記事

藤井七段と2局以上対戦、藤井七段が敗戦したことのある棋士一覧

※並びは勝率順です、表は横にスクロールできます(スマホ)
※2局以上対局して、未だ勝利したことのない棋士は豊島二冠のみ(非公式戦を除く)

対局者 先手 後手 合計 勝率
豊島将之二冠 0 1 0 3 0 4 4 0.0000
佐々木大地五段 0 0 1 2 1 2 3 0.3333
久保利明九段 1 1 1 2 2 3 5 0.4000
稲葉陽八段 0 0 1 1 1 1 2 0.5000
菅井竜也七段 0 0 2 2 2 2 4 0.5000
斎藤慎太郎七段 2 0 0 2 2 2 4 0.5000
今泉健司四段 1 0 0 1 1 1 2 0.5000
大橋貴洸六段 1 2 1 0 2 2 4 0.5000
三枚堂達也六段 1 0 0 1 1 1 2 0.5000
広瀬章人八段 1 1 0 0 1 1 2 0.5000
深浦康市九段 0 1 1 0 1 1 2 0.5000
三浦弘行九段 1 1 0 0 1 1 2 0.5000
増田康宏六段 1 0 1 1 2 1 3 0.6666
近藤誠也六段 1 1 3 0 4 1 5 0.8000
都成竜馬六段 1 0 4 1 5 1 6 0.8333

わかりやすい!公式戦進捗状況

※次期開催時期は前期&番勝負を元にした大まかな予想です
(前後する可能性あり)
※賞金額は概算です
★第78期順位戦賞金は名人戦番勝負での賞金額、A級棋士のみ対象(C2~B1は対象外)
現在と過去のタイトル戦結果、進捗状況をひと目でわかりやすく、表形式でまとめています^^
※※表は横スクロールできます(スマホ)※※

棋戦名 現状 賞金額 次回対戦相手&日 次期開催
第33期竜王戦 開始前 4,320万 畠山鎮八段(1/24)
第78期順位戦 (8勝/10戦) 2,500万 高野六段(2/4)
第5期叡王戦 初戦で敗
(村山七段)
2,000万 6月頃
第61期王位戦 紅白リーグ進出 1,000万 羽生九段(未)
第68期王座戦 開始前 800万 阿部隆八段or村山七段
第46期棋王戦 開始前 600万 今泉四段(1/31)
第69期王将戦 挑決Lで敗
(広瀬八段)
300万 ※4勝2敗でリーグ残留
来期はリーグ戦が9月頃~※1
第91期棋聖戦 二次予選進出 300万~600万? 澤田六段(1/28)
JT杯日本シリーズ
(三浦九段)
500万 成績による
第13回朝日杯本戦 ベスト4進出 700万 千田七段(2/11) ※2
第69回NHK杯
(久保九段)
非公表500万? 本戦(4月頃)~※3
第28期銀河戦 開始前 500~800万? 出口四段or高野六段(3/3)

※1第69期でリーグ残留決定、第70期はリーグ戦~
※2朝日杯は第12回優勝につき、次回はシード権獲得(本戦~)となります
※3NHK杯来期70回は恐らく全棋士参加棋戦優勝者(朝日杯将棋オープン戦優勝者)枠で予選を免除

↓もっと詳しくわかりやすい、過去状況まで知りたい方向け記事

↓タイトル戦以外の棋戦(朝日杯・NHK杯・銀河戦)の概要から詳しく知りたい方向け記事
↓タイトル戦の概要から詳しく知りたい方向け記事

こちらの記事もおすすめ