藤井聡太六段の第66期王座戦挑戦者決定トーナメント対局者が決定しました。

朝日杯でも対局した屋敷伸之九段です!

対局日はまだ未定。

持ち時間各5時間、開始時間は午前10:00~。

スポンサードリンク

 

屋敷伸之九段の略歴

 
屋敷伸之九段
出典:日本将棋連盟
生年月日:1972年1月18日(45歳)
19880月1日(16歳)プロ入り
出身地:北海道札幌市
師 匠:(故)五十嵐豊一九段
竜王戦:1組(12期)
順位戦:B級1組(A級:5期)
得意戦法:オールラウンダー

棋聖 3期
※1990年度(第56期)~1990年度(第57期)、1997年度(第68期)

藤井聡太六段は現在竜王戦5組、来期~C級1組

1985年12月(13歳) 6級 奨励会入会

1987年3月(15歳) 初段

1988年3月(16歳) 三段

三段リーグ戦は1期、14勝4敗で2位昇段 プロ入り

1988年10月1日(16歳) 四段

1989年第48期順位戦でC級1組へ昇級決定
※1期抜け

1990年4月1日(18歳)  五段

1991年4月1日(19歳)  六段
※棋聖獲得など抜群の成績による特別昇段

1996年3月8日(24歳)  七段

2002年5月13日(30歳) 八段

2003年第62期順位戦でB級2組へ昇級決定
※C1→B2までに年数を経ているのは『将棋界の七不思議』と言われています

2004年4月1日(32歳)  九段
※タイトル3期、八段昇段後1期経過

2007年第66期順位戦でB級1組へ昇級決定

2010年第69期順位戦でA級へ昇級決定

2014年第72期順位戦でB級1組へ降級決定

2015年第73期順位戦でA級へ昇級決定

2017年第76期順位戦でB級1組へ降級決定

17歳のころにタイトル挑戦、18歳6ヵ月で棋聖王の最年少記録保持者です。

藤井聡太六段と屋敷伸之九段のレーティングや成績は??

’18年4月18日現在のレーティング

藤井聡太六段(5位)1839
屋敷伸之九段(45位)1663

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング一覧はこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは豊島将之八段の1872(4/18現在)。


’18年4月18日現在の成績

屋敷伸之九段

対局数 勝率
通算 1236 760 476 0.6148
本年 0 0 0 0

※2017年度勝率は0.3076
藤井聡太六段

対局数 勝率
通算 85 73 12 0.8588
本年 2 2 0 1.000

出典:将棋連盟
 
※2017年度勝率は0.8356
※2017年度の成績で『勝率』『対局数』『勝数』『連勝』部門でトップとなり、4冠達成

スポンサードリンク

屋敷伸之九段との対戦結果【過去対局】

藤井聡太六段の1勝0敗。

’17年12月15日 第11回朝日杯二次予選 棋譜

この対局の戦型は急戦矢倉。

先手番は屋敷伸之九段。

屋敷九段が序盤戦から銀でガツガツ果敢に攻める展開へ。

86手△4六飛打までは、形勢不明でどちらが勝つか解らない展開でしたが早指し戦。

藤井四段(当時)の86手△4六飛打の応手が秒将棋では難しく、そのまま藤井四段(当時)が勝ち切りました。

皆様ご存知の通り朝日杯優勝されています。

本局も楽しみです(*’ω’*)

王座戦の賞金額と概要

タイトル保持者 中村太地王座
賞金 800万
トーナメント表 トーナメント表
番勝負 9月~10月

※賞金額は今までの概算です

  1. 一次予選
  2. 二次予選
  3. 二次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の16名によって、挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます⇒次ここ

王座戦挑戦者決定トーナメント
出典:将棋連盟
※羽生善治王座からタイトルを奪取した中村太地七段が現王座です

本戦進出決定 (4/16現在)
1 屋敷伸之九段
2 永瀬拓矢七段
3
4 深浦康市九段
5 藤井聡太六段
6 都成竜馬五段
7 谷川浩司九段
8 行方尚史八段
9 藤井猛九段

【シード棋士7名】
前期王座戦ベスト4:青嶋未来五段、斎藤慎太郎七段(羽生善治二冠、菅井竜也王位)
タイトル保持者:羽生善治二冠、渡辺明棋王、佐藤天彦名人、久保利明王将、菅井竜也王位

藤井聡太六段VS屋敷伸之九段の対局中継情報

未定