都成竜馬四段と今までの対局についてまとめています。

スポンサードリンク

 

都成竜馬四段とは!?

 
都成竜馬四段
出典:https://jp.pinterest.com
生年月日:1990年1月17日(27歳)
2016年4月1日(26歳)プロ入り
出身地 :宮崎県宮崎市
師匠:谷川浩司・十七世名人
竜王戦6組
C級2組
※藤井四段と順位戦対局はありません

※十七世名人の資格を持つ谷川浩司元会長の唯一の弟子
※小学5年生のときに『弟子にして下さい』と手紙を書き、弟子へ。

2000年9月(10歳)6級 奨励会入会

2005年8月(15歳) 初段

2007年2月(17歳) 二段

2007年7月(17歳) 三段

2007年度後期(第42回)より奨励会三段リーグに参加

※17期、14勝4敗1位でプロ入り

2013年 第44期新人王戦で史上初の奨励会員による一般棋戦優勝

2016年4月1日 四段プロ入り

AbemaNewsでの都成竜馬四段の藤井聡太四段に対するコメント

AbemaNewsの特集企画「藤井四段に『2度負けた男たち』の証言」で対談がありました。

そのときの都成竜馬四段のコメントです↓

浦野八段:『彼は読みの映像がクリアじゃないかと思う。頭の中の将棋盤が』

都成四段:『それは絶対にあると思いますね。そうじゃないと、あんなに早く詰将棋は解けないと思います』

浦野八段:『いろんな人のいいところを全部吸収している感じ。この20何連勝のうちに、確実に強くなっている。よくアニメのキャラであるけれど、戦っている相手の良さを吸収して、どんどん強くなっていく』

都成四段:『少年漫画みたい』

中略

都成四段:『藤井さんがいくら強いといっても、もっとやれただろうという気持ちもあったので、余計に悔しかった
出典:AbemaNewsの特集企画「藤井四段に『2度負けた男たち』の証言」

と加古川青流戦の前にリベンジに燃えておられましたが、藤井聡太四段の勝利になりました。

その後の8月5日の非公式戦では雪辱を果たされています。

藤井聡太四段VS都成竜馬四段対局結果

 
藤井聡太四段の3勝1敗。

’17年 6月 7日 上州YAMADAチャレンジ杯 棋譜
’17年 6月10日 叡王戦段位別予選2回戦 棋譜
’17年 7月11日 加古川青流戦 棋譜
’17年 8月 5日 かすがいキッズ将棋フェスタ 棋譜


 
※1敗のかすがいキッズ将棋フェスタは非公式戦です。

都成竜馬四段の成績やレーティング

’17年10月23日現在

都成竜馬四段(56位)1600
藤井聡太四段(18位)1740

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング一覧はこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは豊島将之八段の1910(10/15現在)。


’17年10月23日現在

都成竜馬四段

対局数 勝率
通算 62 39 23 0.6290
本年 20 13 7 0.6500

 
藤井聡太四段

対局数 勝率
通算 53 47 6 0.8867
本年 43 37 6 0.8604

 

藤井聡太四段VS都成竜馬四段の対局放送は??生中継は??

日程、放送まだ未定です。

追記します。