第61期王位戦予選、竹内雄悟五段が黒田尭之四段に勝利。

藤井聡太七段(現三冠)の対局相手が竹内雄悟五段に決定しました。
 
スポンサーリンク  

目次

閉じる

竹内雄悟五段の略歴

 
竹内雄悟五段
出典:http://terummy10.exblog.jp
 
1987年12月17日(31歳)
2013年4月1日(25歳)プロ入り
竜王戦:5組
順位戦:C級2組
得意戦法:振り飛車

2004年9月(16歳)3級で奨励会入会

2008年5月(20歳)三段

2013年4月1日(25歳)四段プロ入り

※三段リーグは9期目、13勝5敗で昇段

2018年9月13日(30歳) 五段

レーティング比較※'21年10月19日現在

藤井聡太二冠(1位)2039
竹内雄悟五段(63位)1604

※※レーティングについて※※簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

★所属クラス(A級~C級2組)で、大体の強さは想像できますが、所属クラスは必ずしも現在の強さを反映したものではないのに対して、レーティングは現在の強さを、対局毎に変動する数値で表現したものです

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

 

藤井聡太三冠【レーティング(1位)2076】
対局数 勝率
通算 293 247 46 0.8430
2021年度 40 34 6 0.8500

※2020年度勝率は0.8461
※2020年度【最優秀棋士賞】【最多勝利賞】【勝率1位賞】【升田幸三賞特別賞】【名局賞】【名局賞特別賞】受賞

竹内雄悟五段

対局数 勝率
本年 10 6 4 0.6000

※2020年度勝率は0.3870
 
未放送棋戦結果の反映などにより、勝敗数にズレが生じることがあります。
正確な勝敗数は日本将棋連盟HPの公式ページにてご確認ください。

竹内雄悟五段との対戦結果【過去対局】

藤井聡太七段(現三冠)の5勝0敗。
※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 手番 戦型 棋戦名
2019/8/22 ゴキゲン中飛車 第91期ヒューリック杯棋聖戦一次予選
2017/9/27 ゴキゲン中飛車 第89期棋聖戦一次予選
2017/8/22 三間飛車 第11回朝日杯一次予選
2017/5/18 ゴキゲン中飛車 第7期加古川青流戦
2017/2/23 四間飛車 第67回NHK杯

 
第91期棋聖戦一次予選

70手まで、藤井七段(当時)の完勝となっています。

竹内五段が39.▲56銀と守ったところで藤井七段(当時)、銀損構わず、そのまま攻めが繋がり優勢となりました。


第89期棋聖戦一次予選

千日手が予測される局面から藤井四段(当時)が打開、その後攻守激しく入れ替わるハラハラする熱戦となりました。

終盤戦に入り、竹内四段(当時)勝勢の局面、詰み筋を逃し藤井四段(当時)が逆転勝利。

最後までどうなるか分からない場面が続きましたが、154手まで藤井四段(当時)の勝利となっています。


第11回朝日杯一次予選

序盤戦から飛車交換で打ち合う形へ。

開始早々(50手台)に終盤戦なのでは??

という局面になりましたが、指してが進んでいくと竹内四段(当時)優勢へ。

分将棋に入り、一進一退という感じで激戦が繰り広げられます。

形勢は二転三転し、ピンチの場面をなんとかしのいで藤井四段(当時)が自分の身の安全を常に頭に入れながら竹内四段(当時)の穴熊を壊滅させ146手まで、藤井四段(当時)の勝利となっています。


第7期加古川青流戦

中盤まで互角の勝負。

一時、藤井四段(当時)の形勢が悪くなる局面もありましたが、得意の終盤で攻勢に出て逆転、そのまま押し切り120手まで、藤井四段(当時)の勝利。

局後のインタビューで、竹内四段(当時)は『前回負けて、今日まで藤井さんの手を研究してきました。中盤までは想定内の展開でしたが、終盤で少し間違えて悪くしてしまいました。。』とのことでした。


第67回NHK杯

111手まで、藤井四段(当時)の完勝となっています。

王位戦の概要、賞金額

タイトル保持者 豊島将之王位
賞金 1,000万
トーナメント表 ※7の欄
番勝負 7月~9月

※賞金額は今までの概算です

  1. 予選⇒ココが始まります
  2. 挑戦者決定(紅白)リーグ
  3. 挑戦者決定戦

によって挑戦者を決定。

※優勝者が例年7月から9月にかけて七番勝負

藤井聡太七段(現三冠)VS竹内雄悟五段の対局中継情報

追記します。