第31期竜王ランキング戦5組、藤井聡太六段の対局相手が決定しました!

船江恒平六段です!

初手合となります。

スポンサードリンク

 

船江恒平六段の略歴

船江恒平六段
出典:http://kifulog.shogi.or.jp/seiryu/2011/10/10-40a0.html
生年月日:1987年4月27日(30歳)
2010年10月1日(23歳)プロ入り
出身地:兵庫県加古川市
師 匠:井上慶太九段
竜王戦:5組
順位戦:C級1組
得意戦法:居飛車党

※藤井聡太六段は現在竜王戦5組、C級2組在籍、来期~C級1組

優勝歴

第1回 加古川青流戦優勝

第1回 上州YAMADAチャレンジ杯優勝

1998年9月(11歳) 6級 奨励会入会

2002年3月(14) 初段

2006年2月(18歳) 三段

※三段リーグは9期目、13勝5敗で昇段、プロ入り
※同時プロ入りは佐々木勇気六段

2010年10月1日(23歳) 四段 プロ入り

2011年度、第70期順位戦でC級1組へ昇級決定

2012年3月6日(24歳) 五段
※順位戦C級1組昇級(10戦全勝の成績)

2016年12月28日(29歳) 六段
※勝数昇段

詰将棋を得意とされていて、2010年には優勝もされています。

皆さまご存知の通り、藤井聡太六段は4連覇中。

4月14日は王将戦で藤井六段が敗戦した井上一門の研究会だったそうで、菅井王位や稲葉八段からアドバイスなどあったのでしょうか?⇒真相は解りません(;^ω^)

船江恒平六段の成績やレーティング

’18年4月18日現在

藤井聡太六段(5位)1839
船江恒平六段(44位)1663

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング一覧はこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは豊島将之八段の1872(4/18現在)。


’18年4月18日現在

船江恒平六段

対局数 勝率
通算 300 192 108 0.6400
本年 3 2 1 0.6666

※2017年度勝率は0.6875
藤井聡太六段

対局数 勝率
通算 85 73 12 0.8588
本年 2 2 0 1.000

出典:将棋連盟
※2017年度勝率は0.8356
※2017年度の成績で『勝率』『対局数』『勝数』『連勝』部門でトップとなり、4冠達成

竜王戦の賞金額と概要

 

タイトル保持者 羽生善治竜王
賞金 4,320万
トーナメント表 こちら
番勝負 10月~12月

※賞金額は今までの概算です(タイトル保持者)

ちなみに竜王戦5組の賞金額は優勝155万円、準優勝41万円となってます。

全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名

  1. 1組から6組に分けてトーナメント戦を行う
  2. 各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます

※1組5名、2組2名、3組~6組各1名

竜王戦トーナメント表
出典:AbemaTV

藤井聡太六段VS船江恒平六段の生中継情報

未定