9月25日の新人王戦準決勝にて、青嶋未来五段に勝利。

決勝戦、藤井聡太七段の対戦相手は出口若武三段となっております。

三段リーグ戦では、第59期で重なっています。
※藤井聡太七段の7戦目の対戦相手(藤井七段勝利)

※第1局目は10月10日、第2局目は10月17日、第3局目は10月29日

スポンサーリンク

 

出口若武三段の略歴

出口若武三段
出典:王位戦中継blog
生年月日:1995年4月28日(23歳)
出身地:兵庫県明石市
師 匠:井上慶太九段
得意戦法:振り飛車党

奨励会三段として決勝進出を果たしたのは、第46期の大橋貴洸三段(当時:現四段)に続き5人目
※優勝は第44期の都成竜馬三段(当時:現五段)のみ。

2回戦で澤田真吾六段、3回戦で井出隼平四段、準々決勝で甲斐日向三段を破って準決勝に進出。更に、増田康宏六段の新人王戦3連覇を阻止した梶浦四段に勝って決勝進出を決められています。

2007年 9月(12歳) 6級 奨励会入会

2011年11月(16歳) 初段

2015年 3月(21歳) 三段

三段リーグ戦は、現在12期目が開始前。
※前期順位10位(11勝7敗)

藤井七段との対局が決定して『決勝で対局できることに感謝しています。相手はとても強いが、全力を尽くして頑張ります』とのこと。

出口若武三段の成績やレーティング

’18年10月15日現在

藤井聡太七段(7位)1830
出口若武三段(6位/33人)1521
※出口三段は奨励会三段でのレーティング&順位
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは広瀬章人八段の1883(10/15現在)。


’18年10月14日現在

藤井聡太七段

対局数 勝率
通算 110 93 17 0.8454
本年 27 22 5 0.8148

出典:将棋連盟
※2017年度勝率は0.8356
※2017年度の成績で『勝率』『対局数』『勝数』『連勝』部門でトップとなり、4冠達成
 

新人王戦の賞金額、概要

賞金 200万
トーナメント表 こちら
決勝戦 10月

 

  • 26歳以下(10月1日現在)
  • 六段以下(タイトル戦経験者は除く)
  • 成績選抜の女流枠(ただし26歳以下)4名
  • 赤旗名人戦優勝者(赤旗名人)
  • 前期三段リーグ成績上位者

でのトーナメント戦。

新人王戦トーナメント
出典:日本将棋連盟
強敵揃いでございます。

藤井聡太七段VS出口若武三段の中継情報

携帯アプリは恐らく10:00~
AbemaTVは9:30~
ニコ生は9:50~
将棋プレミアムは9:45~
※¥500/1DAYおすすめ
将棋チャンネルは13:00~
※スカパーなどの環境必要