第61期王位戦予選、藤井聡太七段(現二冠)VS出口若武四段の対局模様をまとめています^^
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

藤井聡太七段(現二冠)VS出口若武四段、対局結果と棋譜

先手番:藤井聡太七段(現二冠)

後手番:出口若武四段

戦 型:角換わり腰掛け銀

1手~20手目棋譜

1.▲26歩
2.▽84歩
3.▲76歩
4.▽32金
5.▲25歩
6.▽85歩
7.▲77角
8.▽34歩
9.▲68銀
10.▽77角成
11.▲同銀
12.▽22銀
13.▲48銀
14.▽62銀
15.▲78金
16.▽33銀
17.▲46歩
18.▽64歩
19.▲36歩
20.▽63銀

 
20手目棋譜
20手
残:藤井七段(当時)⇒3:59 出口四段⇒4:00

早い・・

21手~40手目棋譜

21.▲37桂
22.▽42玉
23.▲47銀
24.▽74歩
25.▲68玉
26.▽73桂
27.▲96歩
28.▽94歩
29.▲16歩
30.▽14歩
31.▲48金
32.▽81飛
33.▲29飛
34.▽62金
35.▲66歩
36.▽54銀
37.▲56銀
38.▽44歩
39.▲45歩
40.▽同歩

 
40手目棋譜
40手
残:藤井七段(当時)⇒3:57 出口四段⇒3:56

41手~60手目棋譜

41.▲同銀
42.▽55銀
43.▲24歩
44.▽同歩
45.▲25歩打
46.▽同歩
47.▲同桂
48.▽24銀
49.▲75歩
50.▽92角打
51.▲44歩打
52.▽75歩
53.▲27飛
54.▽52玉
55.▲93角
56.▽41飛
57.▲75角成
58.▽44銀
59.▲76馬
60.▽65歩

 
48.▽24銀まで新人王戦と同じ形、先に手を変えたのは藤井七段(当時)、49.▲75歩(新人王戦では34銀)。

※感想戦で、出口四段は久しぶりの対局なので新人王戦と同じ形を指したいと思っていたとのこと

53.▲27飛まで、互角、昼休へ。
53手
残:藤井七段(当時)⇒3:16 出口四段⇒3:43

解説の佐々木七段によると、54.▽52玉まで、出口四段の研究範囲ならいいですが、外れているとちょっと厳しいと思いますとのこと。

佐々木七段「決着を着けにいくなら56歩(佐々木七段はこちらを推奨してるみたい)、そうでないなら93角、どちらかでしょうね」

佐々木七段「プロ間では93角でも56歩でも少し先手が指せる定跡で、▽92角の1手だけでは藤井さんを倒すことはできない、角換わりで藤井さんを倒そうと思えば、93角のその先まで研究する必要があります。知っているだけではなく局面の理解度が重要」

藤井七段(当時)は、妙手が指せるか?考慮中。。考慮流。。78分の長考で55.▲93角となりました。

60手目棋譜
60手
残:藤井七段(当時)⇒1:47 出口四段⇒2:11

互角。

61手~80手目棋譜

61.▲44銀
62.▽同飛
63.▲47歩打
64.▽46歩
65.▲55銀打
66.▽74飛
67.▲65歩
68.▽47歩成
69.▲同金
70.▽76飛
71.▲同銀
72.▽49角打
73.▲71飛打
74.▽76角成
75.▲21飛成
76.▽58銀打
77.▲32龍
78.▽42歩打
79.▲66金打
80.▽65角

 
63.▲47歩打まで、好みによって持ちたい方(先手or後手)が変わるような局面。

出口四段、64.▽46歩。。藤井七段(当時)ペースへ。。ただし、歩切れです。

67手目で解説の佐々木七段は65歩を推奨、65.▲55銀打が手厚いとのこと⇒35分考慮後、67.▲65歩で歩を入手。

お互いに長考合戦が続いています。

出口四段、解説の佐々木七段推奨の68.▽47歩成とされました(35分考慮)。

佐々木七段「69.▲同金は私は見えませんでした。72.▽49角打の両取りを打たせても大丈夫とは・・」

73.▲71飛打まで、藤井七段(当時)有利。

出口四段、金取りを受けずに76.▽58銀打。。藤井七段(当時)勝勢ですが、詰めろ状態とのこと。。32龍とすぐには取らずに考慮へ。⇒12分の考慮で32龍。

出口四段、何かを軽視されましたか・・・・?66金?⇒そうでもないみたい。

※感想戦で、出口四段、66歩と打ちたかったとのこと

80手目棋譜
80手目
残:藤井七段(当時)⇒0:37 出口四段⇒0:52

藤井七段(当時)勝勢。

解説の佐々木七段「陣形は危なそうに見えますが恐らく藤井さん勝ち筋に入っているのではないでしょうか」

81手~100手目棋譜

81.▲64桂
82.▽63玉
83.▲76金
84.▽32角
85.▲75金
86.▽54歩
87.▲44銀
88.▽74銀打
89.▲81角打
90.▽72歩打
91.▲同桂成
92.▽同金
93.▲64歩打
94.▽52玉
95.▲58玉
96.▽66桂
97.▲48玉
98.▽
99.▲
100.▽

 
97.▲48玉まで、出口四段投了となりました。

佐々木七段「本譜は藤井さんの完勝です。」

投了図
投了

技巧2による形勢判断
形勢判断
※ご参考程度にどうぞ

次戦、挑戦者決定リーグ入りを懸けて、斎藤慎太郎七段と対局します。^^

記事とは関係ありませんが、朝日杯初戦(1/19)、菅井竜也七段に決まりました☆

藤井聡太七段(現二冠)と出口若武四段の対局前後のインタビュー

 

コメント

  • 藤井聡太七段(現二冠)
  • 『非常に複雑で難しい将棋でしたが、馬を作ってなんとか手厚い形にすることができました。(出口四段は)鋭い将棋という印象ですが、常に踏み込む手を選択されてきたという印象はあります』

  • 出口若武四段
  • 『ちょっと無理気味になってしまったような気がしますね。』

    『そうか・・・。端角(93角)あまり見えてなかった。いろんな手があった局面だったと思うんですけど。そうかそうか・・・。久しぶりなんで前やった形をやってみようかなとは思ってたんですけど、あまりうまくいってないかもしれないですね。』

出口四段、インタビューでは悔しそうな様子も滲ませていましたが、感想戦は和やかな雰囲気でお互い楽しそうでした^^

聖火ランナーは「最近あまり運動してないので自信がないんですけど、精一杯走りたいと思います」とのこと^^

藤井聡太七段(現二冠)の次戦は?斎藤七段戦入りました

【12月27日】VS斎藤慎太郎七段【第61期王位戦予選】

棋戦名
第61期王位戦予選
対局日
12月27日
対局相手
対局場所
持ち時間
4時間
開始時間
10:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリ10:00~
  • AbemaTV未定
  • 解説者:未定
    聞き手:未定

  • ニコ生なし

 
となっております.+:。(´ω`*)