午前中の対局で行方八段に勝利。

午後~は千田六段に勝利した渡辺棋王(現二冠)と対局となります。

決勝戦、両者初手合です。

スポンサーリンク

 

渡辺明棋王(現二冠)の略歴

渡辺明棋王(現二冠)
出典:竜王戦中継plus
生年月日:1984年4月23日(34歳)
2000年4月1日(15歳)プロ入り年月日
出身地:東京都葛飾区
師 匠:所司和晴七段
竜王戦:1組(1組以上12期)
順位戦:B級1組(A級8期)
得意戦法:居飛車党

タイトル歴

竜王計11期※
2004-2012.2015-2016
王座計1期
2011
棋王計6期※
2012-2017
王将計3期
2012-2013.2018

※永世竜王・永世棋王(就位は原則引退後)

竜王王座棋王王将
2018広瀬斎藤渡辺渡辺
2017羽生中村渡辺久保
2016渡辺羽生渡辺久保
2015渡辺羽生渡辺郷田
2014糸谷羽生渡辺郷田
2013森内羽生渡辺渡辺
2012渡辺羽生渡辺渡辺
2011渡辺渡辺郷田佐藤(康)
2010渡辺羽生久保久保
2009渡辺羽生久保久保
2008渡辺羽生久保羽生
2007渡辺羽生佐藤(康)羽生
2006渡辺羽生佐藤(康)羽生
2005渡辺羽生森内羽生
2004渡辺羽生羽生羽生

※すみません(..;)段位省略してます

棋戦優勝歴
朝日杯将棋オープン戦(2008)
NHK杯将棋トーナメント(2012)
銀河戦(2005.2007.2011.2014)
新人王戦(2005)etc


1994年9月(7歳) 6級 奨励会入会

1997年10月(13歳) 初段

1998年12月(14歳) 三段

三段リーグ戦は2期目、13勝5敗で昇段、プロ入り

2000年 4月 1日(15歳) 四段 プロ入り
※史上4人目の中学生棋士

2002年度、第61期順位戦でC級1組へ昇級決定

2003年 4月 1日(18歳) 五段
※順位戦昇級

2004年10月 1日(20歳) 六段
※竜王挑戦

2005年10月 1日(20歳) 七段
※竜王奪取

2005年11月17日(21歳) 八段
※竜王1期

2005年11月30日(21歳) 九段
※竜王防衛、最年少九段

2005年度、第64期順位戦でB級2組へ昇級決定

2006年度、第65期順位戦でB級1組へ昇級決定

2009年度、第68期順位戦でA級へ昇級決定

2017年度、第76期順位戦でB級1組へ降級決定

2018年度、第77期順位戦で、最終局待たずにA級へ昇級決定

スポンサーリンク

渡辺明棋王(現二冠)の成績やレーティング

’19年2月15日現在

渡辺明棋王(現二冠)(1位)1920
藤井聡太七段(5位)1862
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明棋王(現二冠)の1920(2/15現在)。


’19年2月15日現在

渡辺明棋王(現二冠)

対局数勝率
通算9236093140.6598
本年413380.8048

※2017年度勝率は0.4375
 
藤井聡太七段

対局数勝率
通算128109190.8515
本年453870.8444

出典:将棋連盟
※2017年度勝率は0.8356
※2017年度の成績で『勝率』『対局数』『勝数』『連勝』部門でトップとなり、4冠達成

朝日杯の賞金額及び概要

 

賞金750万
現在状況本戦開始前
トーナメント表こちら

※本戦は1月19日~スタート、年明け2月16日(土)に東京・有楽町朝日ホールで準決勝、決勝戦が行われます。

  • 全棋士
  • アマチュア10人
  • 女流棋士3人

によるトーナメント。

  1. 一次予選
  2. 二次予選
  3. 本戦トーナメント⇒ココが開催されています

朝日杯トーナメント
出典:日本将棋連盟

決勝戦は一番勝負。

藤井聡太七段VS渡辺明棋王(現二冠)の中継情報

携帯アプリは14:30~
AbemaTV独占継続放送