朝日杯ベスト4入りを果たした藤井聡太七段。

次戦は行方尚史八段との対局となります(*’ω’*)

スポンサーリンク

 

行方尚史(なめかたひさし)八段の略歴

 
行方尚史八段
出典:http://blog.livedoor.jp
 
生年月日:1973年12月30日(43歳)
1993年10月1日(19歳)プロ入り
出身地:青森県弘前市
師 匠:故大山康晴九段
※次々と自陣に駒が投入され、いつの間にか鉄壁になる受けが最強と有名
竜王戦:3組(1組7期)
順位戦:B級1組(A級7期)

棋戦優勝歴

朝日杯将棋オープン戦(第1回・2007年度)

両親の反対を押し切り小学校卒業と同時に、青森から単身上京

幼い頃の下宿先での生活がかなり過酷だったようです。。

1986年6級(12歳)

1990年(16歳)初段

奨励会退会=『死』しか無いと思い奮闘。

三段リーグ戦2期目に入る目前に大山康晴十五世名人(九段)が死去。。
※1992年7月26日

これが四段昇段へ滑車をかけるきっかけに

この時期に同じ門下生である中田功七段もC級1組へ昇級をされていました。

三段リーグ1期目は6勝12敗で終えるも2期目には13勝5敗となります。

3期目となる1993年に最終戦を待たずに15勝3敗の成績で昇段(プロ入り)

1993年10月1日(19歳)四段

1995年10月1日(21歳)五段

1998年第57期順位戦でC級1組へ昇級決定

1999年6月21日(25歳)六段

2000年第59期順位戦でB級2組へ昇級決定

2003年第62回順位戦でB級1組へ昇級決定

2004年4月1日(30歳)七段

2006年第65期順位戦でA級へ昇級決定

2007年4月1日(33歳)八段

2007年第66期順位戦でB級1組へ降級決定

2012年第71期順位戦でA級へ昇級決定

2014年第73期順位戦で名人挑戦なるも、奪取ならず
※羽生四冠(当時)が防衛

2017年第76期順位戦でB級1組へ降級決定

行方尚史八段も詰将棋に強いこだわりがあるようです。

将棋を知っているんだったら、詰将棋というすばらしい別世界があることを知らないのは損です。詰将棋の奥深さを体験すれば、きっと世界が広がります。

とインタビューに応えられているほどです。

詰将棋選手権は前日大好きな深酒を控えさせる大会なのだそうです(o^^o)

行方尚史八段の成績やレーティング

’19年2月13日現在

行方尚史八段(31位)1720
藤井聡太七段(5位)1862
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明棋王(現二冠)の1915(2/13現在)。


’19年2月13日現在

行方尚史八段

対局数勝率
通算10206223980.6098
本年3318150.5454

※2017年度勝率は0.4516
 
藤井聡太七段

対局数勝率
通算128109190.8515
本年453870.8444

出典:将棋連盟
※2017年度勝率は0.8356
※2017年度の成績で『勝率』『対局数』『勝数』『連勝』部門でトップとなり、4冠達成

行方尚史八段との対戦結果【過去対局】

藤井聡太七段の1勝0敗

’17年10月14日放送魂の七番勝負棋譜

 
先手番は行方八段。

戦型は矢倉戦となりました。

互角の形勢が保たれる中、飛車2枚切り~流れが藤井四段(当時)へ。

132手まで、藤井四段(当時)の勝利となっています。

朝日杯の賞金額及び概要

 

賞金750万
現在状況本戦開始前
トーナメント表こちら

※本戦は1月19日~スタート、年明け2月16日(土)に東京・有楽町朝日ホールで準決勝、決勝戦が行われます。

  • 全棋士
  • アマチュア10人
  • 女流棋士3人

によるトーナメント。

  1. 一次予選
  2. 二次予選
  3. 本戦トーナメント⇒ココが開催されています

朝日杯トーナメント
出典:日本将棋連盟

決勝戦は一番勝負。

朝日杯のチケットについて

2/16(土):東京・有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11階受付)
※準決勝は午前10時30分、決勝は午後2時30分開始予定

観戦チケット(570席)

SS席:9,800円

S席:8,300円

A席:6,600円

B席:4,000円

※準決勝・決勝を通しで観戦可能

大盤解説会の観覧チケット(200席)

3,000円

※準決勝・決勝を通しで観戦可能

※いずれも未就学児入場不可

申込みや詳細は公式サイトへ。

2/4(月)10:00発売、先着順。

問い合わせ朝日杯事務局:asahihai-shogiopen@asahi.com

藤井聡太七段VS行方尚史八段の中継情報

携帯アプリは恐らく10:00~
AbemaTV独占配信放送