9/18、AbemaTでチーム木村vsチーム藤井の対戦があります。
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

池永天志(いけながたかし)五段の略歴※'21年10月14日現在

生年月日:1993年4月20日(28歳)
プロ入り:2018年4月 1日(24歳)
出身地:大阪府大阪市
師 匠:小林健二九段
竜王戦:5組
順位戦:C級2組
得意戦法:矢倉

2006年 9月(13歳) 奨励会入会

2008年 5月(15歳) 初段

2010年 4月(16歳) 三段

三段リーグ戦は、16期目14勝4敗で2位昇段

2018年 4月 1日(24歳) 四段 プロ入り

詰め将棋選手権にも参加されていて、今度第16回が開催されますが、第14回では藤井聡太四段(当時)に次いで2位の成績を収められてます(^_^)

2021年 4月 3日(27歳) 五段
※竜王ランキング戦連続昇級

レーティング比較※'21年10月14日現在

藤井聡太三冠【レーティング(1位)2075】
対局数 勝率
通算 292 246 46 0.8424
2021年度 39 33 6 0.8461

※2020年度勝率は0.8461
※2020年度【最優秀棋士賞】【最多勝利賞】【勝率1位賞】【升田幸三賞特別賞】【名局賞】【名局賞特別賞】受賞

池永天志五段【レーティング(27位)1710】
対局数 勝率
本年 24 17 7 0.7083

※2020年度勝率は0.7000
未放送棋戦結果の反映などにより、勝敗数にズレが生じることがあります。正確な勝敗数は日本将棋連盟HPの公式ページにてご確認ください。

※※レーティングについて※※簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

★所属クラス(A級~C級2組)で、大体の強さは想像できますが、所属クラスは必ずしも現在の強さを反映したものではないのに対して、レーティングは現在の強さを、対局毎に変動する数値で表現したものです

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

藤井聡太三冠の勝率データ

C2級棋士との戦績

チーム藤井vsチーム木村※過去対局結果

↓チーム藤井から見た、過去対局結果(公式戦のみ)

藤井聡太二冠 高見泰地七段 伊藤匠四段
AbemaT
勝率・戦績
9/11まで
0.7750
(31-9)
0.5757
(19-14)
0.7500
(6-2)
VS
木村一基九段
0.7600
(19-6)
6-1 0-2
VS
佐々木勇気七段
0.5749
(23-17)
1-1 3-1
VS
池永天志五段
0.3750
(3-5)
1-0 1-0

池永天志五段との過去対戦結果【2勝0敗】非公式戦含む

※内3局は非公式戦

日付 勝敗 対局時クラス 手番 戦型 手数 棋戦名
2021/9/18 C2 矢倉 132手 第4回Abemaトーナメント2局目
2019/2/12 C2 角換わり腰掛け銀 153手 第69期王将戦一次予選

 

2021/9/18※第4回Abemaトーナメント2局目

本局形勢はこちら

2019/2/12※第69期王将戦一次予選

中盤、藤井七段(当時)やや指しやすい局面でしたが、緩手(91.▲13歩成)~池永四段優勢~勝勢へ。

終盤、寄せの局面で藤井七段(当時)も粘り攻め合いになりましたが、先手陣はほぼ寄り形の局面で玉も丸裸状態へ。。

さすがに逆転はないだろうくらいの形勢差、まさかの1手バッタリで大逆転(;'∀')

解説も大荒れ・・・153手まで、池永四段投了。

チーム藤井vsチーム木村の中継情報

AbemaTVで17:00~