第69期大坂王将杯王将戦一次予選1回戦で池永天志四段が南芳一九段に勝利。

藤井聡太七段との対局が決定しました。

三段リーグで重なっており、第59期三段リーグ戦(藤井七段がプロ入りした年)6戦目の対局相手です。
※藤井三段(当時)の勝利

スポンサーリンク  

池永天志(いけながたかし)四段の略歴

池永天志四段
出典:https://twitter.com/shogi_osaka/status/987118521803919360
生年月日:1993年4月20日(25歳)
プロ入り:2018年4月 1日(24歳)
出身地:大阪府大阪市
師 匠:小林健二九段
竜王戦:6組
順位戦:C級2組
得意戦法:矢倉

2006年 9月(13歳) 奨励会入会

2008年 5月(15歳) 初段

2010年 4月(16歳) 三段

三段リーグ戦は、16期目14勝4敗で2位昇段

2018年 4月 1日(24歳) 四段 プロ入り

詰め将棋選手権にも参加されていて、今度第16回が開催されますが、第14回では藤井聡太四段(当時)に次いで2位の成績を収められてます(^_^)

池永天志四段の成績やレーティング

’19年2月10日現在

藤井聡太七段(4位)1860
池永天志四段(95位)1518
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明棋王(現三冠)の1915(2/10現在)。


’19年2月10日現在

藤井聡太七段

対局数 勝率
通算 127 108 19 0.8503
本年 44 37 7 0.8409

 
※2017年度の成績で『勝率』『対局数』『勝数』『連勝』部門でトップとなり、4冠達成
 
池永天志四段

対局数 勝率
通算 30 17 13 0.5666
本年 30 17 13 0.5666

 
出典:将棋連盟

王将戦の賞金額、概要

タイトル保持者 久保利明王将(現九段)
賞金 300万
トーナメント表 4組
番勝負 1月~3月

※賞金額は今までの概算です

  1. 一次予選⇒ココが始まりました
  2. 二次予選
  3. 挑戦者決定リーグ

 
によって挑戦者を決定。

藤井聡太七段VS池永天志四段の対局中継情報

携帯アプリは恐らく10:00~
AbemaTV恐らくなし
ニコ生恐らくなし
将棋チャンネルで13:00~終局
※スカパーなどの契約が必要
将棋プレミアムで9:30~終局
※¥500/1DAYがおすすめ