第78期C級1組順位戦、藤井聡太七段VS宮本広志五段の対局模様をまとめています(*'ω'*)
 
スポンサーリンク

藤井聡太七段VS宮本広志五段、対局結果と棋譜

先手番:藤井聡太七段

後手番:宮本広志五段

戦 型:四間飛車

1手~20手目棋譜

1.▲26歩
2.▽34歩
3.▲76歩
4.▽44歩
5.▲48銀
6.▽94歩
7.▲96歩
8.▽42飛
9.▲68玉
10.▽72銀
11.▲56歩
12.▽32銀
13.▲78玉
14.▽52金左
15.▲58金右
16.▽62玉
17.▲57銀
18.▽71玉
19.▲77角
20.▽43銀

 
20手目棋譜
20手目

21手~40手目棋譜

21.▲88玉
22.▽74歩
23.▲98香
24.▽73桂
25.▲66歩
26.▽84歩
27.▲99玉
28.▽83銀
29.▲88銀
30.▽72金
31.▲67金
32.▽54銀
33.▲78金
34.▽82玉
35.▲25歩
36.▽33角
37.▲36歩
38.▽45歩
39.▲65歩
40.▽77角成

 
藤井七段は穴熊、宮本五段は美濃から銀冠へ、持久戦模様です。

40手目棋譜
40手目

41手~60手目棋譜

41.▲同桂
42.▽33角
43.▲89玉
44.▽22飛
45.▲66銀
46.▽42飛
47.▲57角
48.▽62金左
49.▲86歩
50.▽41飛
51.▲24歩
52.▽46歩
53.▲同歩
54.▽24歩
55.▲35歩
56.▽64歩
57.▲34歩
58.▽44角
59.▲45歩
60.▽65歩

 
昼休へ。。形勢は互角。
43手

朝日杯将棋一次予選、鈴木大介九段VS千葉幸生七段とほぼ同じ進行の様子。

前例は▲37角でしたが、藤井七段は43.▲89玉と手を変えました、ここで前例は離れたようです。

藤井七段用意の手?

60手目棋譜
60手

宮本五段、角取りを放置して60.▽65歩・・・井出四段&戸辺七段が驚いてました。

ペースは藤井七段、まだまだ互角の範囲。。夕休へ。

61手~80手目棋譜

61.▲44歩
62.▽66歩
63.▲同角
64.▽65歩
65.▲57角
66.▽66銀
67.▲35角
68.▽75歩
69.▲同歩
70.▽67銀成
71.▲同金
72.▽66金
73.▲同金
74.▽同歩
75.▲76銀
76.▽74歩
77.▲同歩
78.▽同銀
79.▲75歩
80.▽65銀右

 
75.▲76銀まで、宮本五段は指し手が難しい展開、藤井七段有利ですが、形勢判断は難しく先手もどうまとめていくか・・・という局面。

79.▲75歩まで、戸辺七段「藤井七段が指しやすい局面に間違いはありませんが、宮本五段が果敢に仕掛けて状況を変えようとしているところです。」

80手目棋譜
80手目
残:藤井七段⇒1:26 宮本五段⇒1:20

宮本五段の攻め、藤井七段の受け。

81手~100手目棋譜

81.▲同桂
82.▽同銀
83.▲同銀
84.▽同桂
85.▲76銀
86.▽81玉
87.▲32角
88.▽77歩
89.▲87銀打
90.▽78銀
91.▲同銀
92.▽同歩成
93.▲同玉
94.▽67銀
95.▲同銀
96.▽同歩成
97.▲同玉
98.▽31飛
99.▲65角成
100.▽34飛

 
85.▲76銀まで、藤井七段、駒台にある持ち駒の銀2つを自陣整備に利用。

後手の指し手が難しい展開。

解説の井出四段「形勢が悪いときには、▽81玉のような味わい深い手を指すしかないんですよ。」

宮本五段、86.▽81玉とされました・・形勢は藤井七段優勢。

100手目棋譜
100手目

藤井七段勝勢。

101手~120手目棋譜

101.▲93桂
102.▽
103.▲
104.▽
105.▲
106.▽
107.▲
108.▽
109.▲
110.▽
111.▲
112.▽
113.▲
114.▽
115.▲
116.▽
117.▲
118.▽
119.▲
120.▽

 
101手まで、宮本五段投了となりました。

投了図
投了図

技巧2による形勢判断
形勢
※ご参考程度にどうぞ

順位戦、次戦は青嶋未来五段です(*'ω'*)

藤井聡太七段と宮本広志五段の対局前後のコメント

 

コメント

  • 藤井聡太七段
  • 『こちらが受けに回る時間が長い将棋でしたが、途中からこちらの玉が薄くなってしまったので、そのあたりが自信がないかなと思って指していましたが、最後は馬ができて手厚くなったかなと感じました。』

    『前半はなんとかいい感じで折り返すことができたかなと思いますので、残り1局1局全力を尽くしていければなと思っています。』

  • 宮本広志五段
  • 『成算があったわけではなかったんですが、向こうの玉が薄かったので食いついて行ければなと思ったんですけれど・・・ちょっと玉頭から動いていったのが無理筋だったかなという感じですね。』

終盤は井出四段の解説通り、鮮やかな寄せで宮本五段投了。

本局、井出四段の解説が面白く、とても楽しかったです^^

藤井聡太七段の次の対局予定はいつ??

【10月18日】VS糸谷哲郎八段【第69期王将戦】

棋戦名
第69期王将戦
対局日
10月18日
対局相手
対局場所
関西将棋会館
持ち時間
各4時間
開始時間
10:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリ10:00~
  • AbemaTVなし
  • ニコ生なし
  • 将棋プレミアムにて9:00~独占放送
  • 実況解説⇒10時00分開始予定
    解説者:未定
    聞き手:未定
    ※【開場】9時 00分【開演】9時40分【対局開始】10時00分
    ※前売券⇒¥1,000 当日券⇒¥1,500・・・・

  • 将棋チャンネルで10:00~12:00、13:30~終

 
となっております.+:。(´ω`*)