第32期竜王ランキング戦4組、藤井聡太七段VS高見泰地叡王戦の対局模様をまとめています。

127手まで、藤井聡太七段の勝利となりました。
スポンサーリンク

藤井聡太七段VS高見泰地叡王、対局結果と棋譜

先手番:藤井聡太七段

後手番:高見泰地叡王

戦 型:角換わり腰掛け銀
珍しく、先手番となりました(*'▽')

1手~20手目棋譜

1.▲26歩
2.▽84歩
3.▲76歩
4.▽32金
5.▲25歩
6.▽85歩
7.▲77角
8.▽34歩
9.▲68銀
10.▽77角成
11.▲77同銀
12.▽22銀
13.▲48銀
14.▽62銀
15.▲78金
16.▽33銀
17.▲36歩
18.▽64歩
19.▲68玉
20.▽63銀

 
20手目棋譜
20手目、63銀
出典:連盟モバイル

21手~40手目棋譜

21.▲96歩
22.▽94歩
23.▲46歩
24.▽42玉
25.▲47銀
26.▽14歩
27.▲16歩
28.▽74歩
29.▲37桂
30.▽73桂
31.▲48金
32.▽81飛
33.▲29飛
34.▽62金
35.▲56銀
36.▽54銀
37.▲66歩
38.▽41飛
39.▲45桂
40.▽22銀

 
40手目棋譜
40手目、22銀
出典:連盟モバイル

41手~60手目棋譜

41.▲75歩
42.▽75同歩
43.▲24歩
44.▽24同歩
45.▲24同飛
46.▽63銀
47.▲55銀
48.▽33桂
49.▲33同桂成
50.▽33同銀
51.▲27飛
52.▽25歩
53.▲74歩
54.▽74同銀
55.▲25飛
56.▽24歩
57.▲29飛
58.▽86歩
59.▲86同歩
60.▽88歩

 
48手目形勢
出典:ニコ生

昼休へ。
51手目、27飛
出典:連盟モバイル

形勢はほぼ互角。

高見叡王がどう受けるのか?と心配するくらい藤井七段に勢いがありますけど、研究範囲内だと思うので高見叡王の対応に注目ですとのこと。

高見叡王、約70分の長考で56.▽24歩、受けが難しい局面で、最善が求められます・・

60手目棋譜
60手、88歩
出典:連盟モバイル

攻め合いです。

60手、形勢互角
出典:ニコ生

61手~80手目棋譜

61.▲97桂
62.▽89歩成
63.▲89同飛
64.▽95歩
65.▲64銀
66.▽96歩
67.▲85桂打
68.▽81桂
69.▲84角
70.▽76歩
71.▲76同銀
72.▽97歩成
73.▲73桂成
74.▽73同桂
75.▲73同銀成
76.▽72桂
77.▲62成銀
78.▽84桂
79.▲52金
80.▽31玉

 
夕休へ。
71手、76同銀
出典:連盟モバイル

評価値は若干後手よし、ほぼ互角。

夕休後の一手は本命視された△72歩ではなく、72.▽97歩成の決戦策。

これは両者怖い展開になりそうです。。

80手目、31玉
出典:連盟モバイル

81手~100手目棋譜

81.▲41金
82.▽22玉
83.▲67銀
84.▽88と
85.▲同金
86.▽55桂
87.▲77歩
88.▽26角
89.▲37桂
90.▽99香成
91.▲同飛
92.▽47香
93.▲38金
94.▽67桂成
95.▲同玉
96.▽65歩
97.▲45桂
98.▽66歩
99.▲58玉
100.▽44歩

 
83手、形勢
出典:ニコ生

当初、互角ながらも藤井七段ペースで進んでいましたが、41の飛車を見捨てる構想が功を奏して高見叡王ペースとなってきています。

評価値1000ほど優勢でしたが・・高見叡王45分の考慮で・・同角成ではなく90.▽99香成。。
90手、99香成
出典:連盟モバイル

※感想戦では同角成でも、後手の勝ち筋は示されなかったようです

ニコ生・Abemaともまったく触れておらず・・解説は新規巻き直し、そして評価値も大逆転となっています。。

何かを読み落としましたか・・・?

※感想戦では考えすぎて、慎重に行きすぎたとのことでした

形勢96手目
出典:ニコ生

100手目棋譜
100手、44歩
出典:連盟モバイル

101手~120手目棋譜

101.▲33桂成
102.▽33同玉
103.▲52飛
104.▽67歩成
105.▲67同玉
106.▽55桂
107.▲68玉
108.▽75角
109.▲35桂
110.▽67銀
111.▲79玉
112.▽35歩
113.▲34銀
114.▽34同玉
115.▲32飛成
116.▽33桂
117.▲23金
118.▽22銀
119.▲22同龍
120.▽57角成

 
120手目棋譜
120手、57角成
出典:連盟モバイル

121手~140手目棋譜

121.▲89玉
122.▽43玉
123.▲65銀
124.▽65同銀
125.▲52龍
126.▽34玉
127.▲32龍
128.▽
129.▲
130.▽
131.▲
132.▽
133.▲
134.▽
135.▲
136.▽
137.▲
138.▽
139.▲
140.▽

 
127手まで、高見叡王投了となりました。

投了図
投了図
出典:連盟モバイル

技巧2による形勢判断
形勢
※ご参考程度にどうぞ

竜王戦4組決勝進出となるので、3組昇級が確定です。

32期竜王ランキング戦4組トーナメント
出典:AbemaTV

藤井聡太七段と高見泰地叡王の対局前後のコメント

 

コメント

  • 藤井聡太七段
  • 『難しい将棋で中盤誤算があり、形勢を損ねてしまいました。』

    『65銀辺り~少し指せるかなと思いました。』

    『飛車を取った後の後手玉の形が寄せづらかったので形勢的には苦しく感じていました。』

  • 高見泰地叡王
  • 『途中良くなったと思ったんですけど、考えているうちに7筋が見えてきちゃって。角を渡すのも危ないかなと思って・・・』

    『終盤の踏み込みが足りなかったですね』

    『攻め込む手を考えたんですけど、考えすぎてダメで、慎重に行きすぎました。』

夕休前、高見叡王の9筋着手を軽視されたそうです。

その後、高見叡王に形勢が振れ、藤井七段にとって勝ち筋難しい解説がずっと続いていました。

そして高見叡王の90.▽99香成。

にしても・・一瞬の隙を逃さず、ほぼノータイムで一気に寄せ切りました。。お見事。。

藤井聡太七段の次の対局予定はいつ??

【4月30日】VS畠山鎮七段【第27期銀河戦】

※対局は2/19に終了、収録済

棋戦名
第27期銀河戦
対局放送日
4月30日
対局相手
畠山鎮七段
対局場所
関西将棋会館
持ち時間
各15分
放送開始時間
20:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリなし
  • AbemaTVなし
  • ニコ生銀河チャンネルで20:00~
  • ※銀河チャンネルへの契約が必要(¥1,620/月)

  • 囲碁将棋チャンネルにて午後8時~放送
  • ※解説:丸山忠久九段
    ※聞手:上田初美女流四段
    ※スカパーetcの契約が必要

  • 囲碁将棋プレミアムで4/2~配信予定
  • ※解説:丸山忠久九段
    ※聞手:上田初美女流四段
    ※ゴールド(¥2,000/月)への契約が必要

【5月9日】VS北浜健介八段【王将戦】

棋戦名
第69期王将戦
対局日
5月9日
対局相手
対局場所
持ち時間
各3時間
開始時間
10:00~

★中継情報★

対局者確定&日程が決定していない対局

三浦九段戦は8/11です
となっております.+:。(´ω`*)