藤井聡太五段【朝日杯本戦】VS羽生善治二冠(2018/2/17)速報!対局結果

ついに羽生善治二冠との公式戦、初手合です(*’ω’*)

持ち時間は各40分。

119手まで

藤井五段勝利です。

スポンサードリンク

 

藤井聡太五段VS羽生善治二冠、対局結果と棋譜

先手番:藤井聡太五段

後手番:羽生善治二冠

戦 型:その他

1手~20手目棋譜

1.▲2六歩
11.▲4八銀
2.▽8四歩
12.▽6二銀
3.▲7六歩
13.▲4六歩
4.▽3二金
14.▽6四歩
5.▲7八金
15.▲4七銀
6.▽8五歩
16.▽6三銀
7.▲7七角
17.▲5六銀
8.▽3四歩
18.▽5四銀
9.▲6八銀
19.6九玉▲
10.▽4四歩
20.▽4二銀

 
20手目棋譜
20手目棋譜
出典:連盟モバイル
藤井五段は角交換を目指しますが、羽生二冠の10.▽4四歩で角道は止められました。

対局は雁木模様です。

先手の藤井五段~攻める展開が予想されます。

21手~40手目棋譜

21.▲7九玉
31.▲1六歩
22.▽5二金
32.▽1四歩
23.▲2五歩
33.▲4八金
24.▽3三角
34.▽7四歩
25.▲3六歩
35.▲4五歩
26.▽4三銀
36.▽4五同歩
27.▲3七桂
37.▲3三角成
28.▽4二玉
38.▽3三同桂
29.▲9六歩
39.▲2四歩
30.▽9四歩
40.▽2四同歩

 
40手目棋譜
40手目棋譜
出典:連盟モバイル
35.▲4五歩と藤井五段から仕掛ける展開へ。

41手~60手目棋譜

41.▲2四同飛
51.▲4四同角
42.▽2三歩
52.▽4四同銀
43.▲2九飛
53.▲1五歩
44.▽4四角
54.▽1五同歩
45.▲7七角
55.▲2四歩
46.▽7七同角成
56.▽2四同歩
47.▲7七同銀
57.▲1五香
48.▽7三桂
58.▽1二歩
49.▲1七角
59.▲2四飛
50.▽4四角
60.▽2三歩

 
60手目棋譜
60手目棋譜
出典:連盟モバイル
藤井五段がペースを握って積極的に指している印象です。

形勢はほぼほぼ、互角、若干藤井五段ペース。

61手~80手目棋譜

61.▲2九飛
71.▲8七歩
62.▽7五歩
72.▽8一飛
63.▲6六銀
73.▲3五歩
64.▽9五歩
74.▽3五同銀
65.▲9五同歩
75.▲5五銀左
66.▽9七歩
76.▽8八歩
67.▲9七同香
77.▲8八同金
68.▽8六歩
78.▽5五銀
69.▲8六同歩
79.▲4三歩
70.▽8六同飛
80.▽4三同金左

 
羽生二冠も黙って応じているわけにもいかず、62.▽7五歩と7筋で反撃に。

そして局面は若干羽生二冠ペースへ。

※63.▲6六銀の時点で、75.▲5五銀左まで藤井五段の構想だったようです

73.▲3五歩の時点で、藤井五段は持ち時間を使い切り、羽生二冠は10分ほど余していましたが、80手目で秒将棋へ。

※藤井五段の79.▲4三歩の王手が好手だったようです(通常は同銀が予想)

羽生二冠の80.▽4三同金左で会場がザワザワとどよめきます。

▲2三飛成にはどうするのか?
80手目棋譜
80手目棋譜
出典:連盟モバイル

81手~100手目棋譜

81.▲5五銀
91.▲1一龍
82.▽9九銀
92.▽3六桂
83.▲9八金
93.▲3八金
84.▽8八歩
94.▽7六歩
85.▲2三飛成
95.▲2三歩
86.▽8九飛成
96.▽7七歩成
87.▲6八玉
97.▲5八玉
88.▽3二角
98.▽4四金
89.▲2二龍
99.▲4三歩
90.▽2一歩
100.▽4三同玉

 
羽生二冠の82.▽9九銀(妙手)は読み筋にないと思われます。

82手目棋譜
82手目棋譜
出典:連盟モバイル

藤井五段慌てた手つきで秒読みながらも83.▲9八金と上手に対応します。
※59秒での着手

ただ、この82.▽9九銀~流れが一気に藤井五段へ。。

※82.▽9九銀は角の方が、今後の展開では指せていたようです

どちらか1つでも間違えば負けの局面。

玉の堅さは後手陣ですが、持ち駒は先手が多い。

羽生二冠88.▽3二角と角を受けにして凌ぎ、92.▽3六桂~攻めへ。

ただ、持ち駒がありません。

そして、藤井五段はと金を取らずに97.▲5八玉。

100手目棋譜
100手目棋譜
出典:連盟モバイル

101手~120手目棋譜

101.▲4四銀
111.▲7四歩
102.▽4四同玉
112.▽4六銀
103.▲6六角
113.▲7三歩成
104.▽5五銀
114.▽7九角
105.▲5五同角
115.▲5五銀
106.▽5五玉
116.▽5五同銀
107.▲5六銀
117.▲5五同銀
108.▽5四玉
118.▽5五同玉
109.▲2二歩成
119.▲4七桂
110.▽4三角
120.▽

 
この局面~形勢はまた互角へ。

互いにミスは許されない1歩間違うと負けの局面です。

藤井五段はこのタイミングで109.▲2二歩成と歩を成ります。

114.▽7九角~は形作りと思われます。

119手まで。

羽生二冠投了となりました。

投了図
119手目棋譜
出典:連盟モバイル

技巧2による形勢
形勢グラフ
ご参考程度にどうぞ

藤井五段は※同日午後~決勝戦

藤井聡太五段と羽生善治二冠の対局前後のコメント

羽生二冠

藤井五段について・・

『安定感のある指し回しで、秒読みで時間のない中でも冷静に1手1手指されている印象でした。』

『終盤の入り口からはずっと苦しいと思っていました。』

『4三歩と王手されたところが、対応が難しく、そこでミスをしてしまったのかもしれないと思います。』

将棋について・・

『今日の将棋も過去に指したことがない形でしたので、新しい戦型が出てきているところを楽しみたいと思います。』

藤井五段

『羽生二冠と公式戦で対局するのは夢でしたが、その対局を勝利とう形でおさめることができて良かったです。』

『本局は力を出し切ることができました。』

本局は序盤戦~藤井五段ペースで進んでいきましたが、途中互角になる局面もあり、羽生マジックがとうとう・・・

と手に汗握る場面もありましたが、119手までで藤井五段勝利となりました。

羽生二冠、藤井五段お疲れ様でした。。

藤井聡太五段の次の対局予定はいつ??

※午後~の決勝戦後は以下の通りです

【2月23日】VS畠山鎮七段【第66期王座戦二次予選】

棋戦名
第66期王座戦二次予選
対局日
2月23日
対局相手
対局場所
持ち時間
各5時間
開始時間
午前10:00~

 
★中継情報

 
となっております.+:。(´ω`*)