第33期竜王戦3組ランキング戦トーナメントが発表されました!

藤井聡太七段の初戦対局相手は、畠山鎮八段です(*'ω'*)

過去対局結果は、藤井七段の2勝0敗となっています。
 
スポンサーリンク

畠山鎮(はたけやままもる)八段の略歴

畠山 鎮(はたけやま まもる)
出典:weblio
生年月日:1969年6月3日(50歳)
1989年10月1日(20歳)プロ入り
出身地:神奈川県
師 匠:森安正幸七段
竜王戦:3組(1組:5期)
順位戦:B級1組
得意戦法:居飛車党
畠山成幸(なるゆき)八段の双子の弟で、斎藤慎太郎七段の師匠でもあります。

1984年12月(15) 6級 奨励会入会

1986年11月(17) 初段

1988年 3月(18) 三段

※三段リーグ戦は3期目、12勝6敗で1位昇段プロ入り

1989年10月 1日(20) 四段 プロ入り

1993年12月24日(24) 五段

1993年度、第55期順位戦にてC級1組へ昇級決定

1999年 4月27日(29) 六段

2001年度、第60期順位戦にてB級2組へ昇級決定

2005年度、第64期順位戦にてB級1組へ昇級決定

2006年 4月 1日(36) 七段
※竜王ランキング戦1組、順位戦B級1組昇級

2016年度、第75期順位戦にてB級2組へ降級決定

2017年度、第76期順位戦にてB級1組へ昇級決定

2019年9月12日(50) 八段

畠山鎮八段の成績やレーティング

’19年12月10日現在

畠山鎮八段(73位)1582
藤井聡太七段(4位)1901

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明三冠の2013(12/11現在)。


’19年12月10日現在

畠山鎮八段

対局数 勝率
通算 1034 560 474 0.5415
本年 17 4 13 0.2352

※2018年度勝率は0.4000
 
藤井聡太七段

対局数 勝率
通算 178 148 30 0.8314
本年 42 32 10 0.7619

※2018年度勝率は0.8490
※2018年度の成績で『勝率』部門でトップ達成
出典:将棋連盟
 

畠山鎮八段との対戦結果【過去対局】

藤井聡太七段の2勝0敗
※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 手番 戦型 棋戦名 棋譜
2019/2/19 その他 第27期銀河戦本戦 棋譜
2018/2/23 矢倉 第66期王座戦二次予選 棋譜

 
第27期銀河戦本戦

93手まで、藤井聡太七段の完勝となっています。


第66期王座戦二次予選

難解な終盤戦に突入。

押し込まれる展開でさすがに今回は厳しいかとも思う局面がいくつかありましたが、終盤2四金~藤井六段(当時)が一気に寄せ切り、96手まで藤井聡太六段(当時)の勝利となりました。

竜王戦の概要及び賞金額

タイトル保持者 豊島将之竜王
賞金 4,320万
トーナメント表 こちら
番勝負 10月~12月

※賞金額は今までの概算です

全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名

  1. 1組から6組に分けてトーナメント戦を行う⇒ココが始まります
  2. 各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます

※1組5名、2組2名、3組~6組各1名

ランキング戦は大体年明け~?からスタートです。

藤井聡太七段VS畠山鎮八段の対局中継情報

追記します!