’19年8月29日に、叡王戦段位別予選、豊川孝弘七段VS村山慈明七段戦があります。

結果は、村山七段の勝利となりましたので、この対局は実現なりませんでした(><)
 
スポンサーリンク

 

豊川孝弘七段の略歴

豊川孝弘
出典:将棋連盟
生年月日:1967年2月20日(52歳)
1991年10月1日(24歳)プロ入り年月日
出身地:東京都杉並区
師 匠:(故)関屋喜代作八段
竜王戦:6組
順位戦:C級1組
※前期は5勝5敗
得意戦法:矢倉や角換わり(生粋の居飛車党)
※横歩取りは苦手らしい・・

1982年12月(15歳) 6級 奨励会入会

1985年 1月(17歳) 初段

1989年 6月(22歳) 三段

※三段リーグ戦は4期、13勝5敗で1位昇段プロ入り
※深浦康市九段と同日プロ入り

1991年10月1日(24歳)四段 プロ入り

1996年2月27日(29歳)五段

2001年第60回順位戦でC級1組へ昇級決定

2002年5月22日(35歳)六段

2007年第66回順位戦でB級2組へ昇級決定

2008年第67回順位戦でB級1組へ昇級決定

2009年3月19日(42歳)七段
※順位戦B級1組昇級による昇段

2010年第69回順位戦でB級2組へ降級決定

2015年第74期順位戦でC級1組へ降級決定、以降継続

解説ではオヤジギャグが有名

テレビ朝日の『マツコ・有吉の怒り新党』で取り上げられた過去もあります。
新三大○○で放送



両取りヘップバーン、それはイカンガーetc・・・

フジテレビのとくダネでも披露していますので、知らない人はいないと思いますが・・

とにかくオヤジギャグで有名です(#^^#)
スポンサーリンク

豊川孝弘七段の成績やレーティング

’19年8月26日現在

豊川孝弘七段(122位)1465
藤井聡太七段(4位)1880

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング一覧はこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明三冠の1978(8/26現在)。


’19年8月26日現在

豊川孝弘七段

対局数 勝率
通算 895 468 427 0.5229
本年 10 3 7 0.3000

※2018年度勝率は0.4137
 
藤井聡太七段

対局数 勝率
通算 162 135 27 0.8334
本年 26 19 7 0.7308

出典:将棋連盟
※2018年度勝率は0.8490
※2018年度の成績で『勝率』1位達成
 

叡王戦の賞金額および概要

タイトル保持者 永瀬拓矢叡王
賞金 2,000万
トーナメント表 7段戦
番勝負 3月~5月

※賞金額は今までの概算です

  1. 段位別予選⇒ココが始まります
  2. 本戦

※本戦を勝ち抜いた決勝進出者2名が三番勝負を行い叡王への挑戦者となります

叡王戦段位別予選7段戦トーナメント
出典:ニコ生

七番勝負では、先に4勝した棋士が『叡王戦』の称号を獲得
A:持ち時間1時間
B:持ち時間3時間
C:持ち自家5時間
D:持ち時間6時間
※全てチェスクロック方式/消費後は秒読み60秒
※持ち時間は振り駒を受けて対局者が決定する(第7局は、持ち時間6時間)

本戦対決枠は、段位別予選を勝ち抜いた16名と、予選免除棋士8名の24名によるトーナメント戦。
※前期は本戦Tは16名、決勝進出者2名による七番勝負

本戦対決枠は16枠

  1. 四段1名
  2. 五段2名
  3. 六段3名
  4. 七段3名
  5. 八段3名
  6. 九段4名
予選免除条件
①前期叡王戦ベスト4以上/②タイトル保持者序列順/④全棋士参加棋戦優勝者/⑤叡王戦成績上位順

※6月頃~段位別予選

※4月1日時点の肩書になると、シード8名は前期ベスト4以上の渡辺二冠(現三冠)、郷田九段、高見七段、菅井七段、タイトルホルダーの豊島三冠(現名人)、広瀬竜王、斎藤七段、佐藤天彦九段

豊川孝弘七段との対戦結果【過去対局】

藤井聡太七段の3勝0敗
※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 手番 戦型 棋戦名 棋譜
2018/7/3 向かい飛車 第77期順位戦C級1組 棋譜
2017/12/28 雁木模様力戦 第66期王座戦一次予選 棋譜
2017/1/6 角換わりその他 第43期棋王戦予選 棋譜

 
第77期順位戦C級1組

向かい飛車から先手が玉頭位取り、後手は金繰りという戦いへ。

豊川七段は3七飛成~銀は取れましたが、手番を渡して飛車を逃げられ結果藤井七段優勢へ。

飛車を逃げられてからは終始藤井七段ペースで勝勢になり、終盤は豊川七段も粘りに粘られましたが、藤井七段の容赦ない手の連続で111手まで、藤井七段勝利となりました。


第66期王座戦一次予選

『4七金を軽視して、時間を使い過ぎてしまった』
※夕休前の端を攻めたのがおしるこみたいに甘かった(42.▽1四歩)

『上手に攻めて来るのでやられちゃったよね。うまくやられちゃったな』
※上手に攻めてクルーニーと感想戦でオヤジギャグが炸裂していました

序盤戦~藤井四段(当時)が着実にリードをし、109手まで、藤井四段(当時)の勝利。

解説の遠山雄亮五段も、第一感で指したくなる手をあえて我慢して、見逃されそうな手を指す。

これを実感できた対局で、快勝と言っても良いのではとコメントされていた対局です。


第43期棋王戦予選

局後、『藤井そうたったのか・・・』と言われた対局(;^ω^)

現場は『笑ってはいけない棋士室』状態だったそうです(^-^;

中学生にこのギャグの返しは難しいと思います・・・

角換わり4五桂急戦で85手まで。

藤井四段(当時)の快勝となっています。

藤井聡太七段VS豊川孝弘七段、生中継情報

携帯アプリは19:00~
Abematvは19:00~
ニコ生は19:00~