藤井聡太七段VS豊川孝弘七段【第77期順位戦】(2018/7/3)速報!結果

C級1組順位戦、前回の森下九段戦は延期となったため、本日が第1局となります。

初手合、対局時間各6時間。

111手まで、藤井七段勝利となりました。

スポンサードリンク

 

藤井聡太七段VS豊川孝弘七段、対局結果と棋譜

先手番:藤井聡太七段

後手番:豊川孝弘七段

戦 型:向かい飛車

1手~20手目棋譜

1.▲2六歩
11.▲5八金右
2.▽3四歩
12.▽2二飛
3.▲7六歩
13.▲9六歩
4.▽4四歩
14.▽6二玉
5.▲2五歩
15.▲9五歩
6.▽3三角
16.▽7二玉
7.▲4八銀
17.▲7八玉
8.▽3二銀
18.▽8二玉
9.▲6八玉
19.▲7七角
10.▽4三銀
20.▽7二銀

 
20手目棋譜
20手目棋譜
出典:連盟モバイル
後手、豊川七段の向かい飛車に、先手藤井七段の居飛車対抗形です。

豊川七段は生粋の居飛車党、振り飛車は珍しい戦法です。

解説によると、藤井七段の公式戦で対向かい飛車は一局もなかったので採用したのではないかとのことでした。

21手~40手目棋譜

21.▲3六歩
31.▲6六歩
22.▽3二金
32.▽7四銀
23.▲3七桂
33.▲8八玉
24.▽5四銀
34.▽5四歩
25.▲8六歩
35.▲8七銀
26.▽6五銀
36.▽4二角
27.▲8七玉
37.▲5六歩
28.▽8四歩
38.▽3五歩
29.▲7八銀
39.▲3五同歩
30.▽4三金
40.▽3二飛

 
昼休へ。
※駒組の段階です
28手目棋譜
出典:連盟モバイル
振り飛車が想定外だったか、藤井七段の方が時間を多く消費して考えられている状況。

38手目棋譜
出典:連盟モバイル

40手目棋譜
40手目棋譜
出典:連盟モバイル

41手~60手目棋譜

41.▲6八角
51.▲7五歩
42.▽5五歩
52.▽8三銀引
43.▲5五同歩
53.▲7六銀
44.▽4五歩
54.▽6五歩
45.▲7八金
55.▲6五同歩
46.▽4四金
56.▽4六歩
47.▲6七金右
57.▲5六歩
48.▽5五金
58.▽6六歩
49.▲2六飛
59.▲5七金
50.▽6四歩
60.▽4七歩成

 
38.▽3五歩から42.▽5五歩と歩の付き捨て、豊川七段としては、藤井陣が整う前に動いていきたい様子。
42手目棋譜
出典:連盟モバイル
※解説の田中五段はこの2枚の歩の付き捨ての狙いが(恐らく作戦でしょうが)まだ解らないとのこと

藤井七段は約40分の考慮で、同歩とされ2歩得となりました。

豊川七段は自ら動いていき、2歩の付き捨てで5五金を目指している間に先手の藤井七段は銀冠がほぼ完成。
48手目棋譜
出典:連盟モバイル
やや、藤井七段指しやすい状況。

53手目棋譜
出典:連盟モバイル
解説の佐藤慎一五段は藤井七段の4八銀が利いていないのが辛いので、形勢は別として豊川七段の側を持ってみたいとのこと。
※次の一手、6五歩予想
村山慈明七段は、2歩得で陣形が広く先手がやや指しやすいので、難しいところはありますが先手を持ってさしてみたいとのこと・・・でしたが色々検討してみると先手も難しいですね・・・

そして豊川七段、54.▽6五歩とされました(約70分考慮)、中盤の難所で夕休へ。

夕休後、解説でも一番自然と言われていた55.▲6五同歩(約60分考慮)とされました。
56手目棋譜
出典:連盟モバイル
※持ち時間差は約40分

60手目棋譜
60手目棋譜
出典:連盟モバイル

スポンサードリンク

61手~80手目棋譜

61.▲4七同銀
71.▲4六銀
62.▽5四金
72.▽3八飛成
63.▲6六金
73.▲3七同銀
64.▽3三角
74.▽4五桂
65.▲7七金
75.▲7九角
66.▽5七歩
76.▽3七桂成
67.▲2四歩
77.▲2九飛
68.▽4四角
78.▽5七歩
69.▲5七角
79.▲3一飛
70.▽3五飛
80.▽5八歩成

 
豊川七段、金を引きました(62.▽5四金)。
62手目棋譜
出典:連盟モバイル
金を引いてからの3三角に、読み筋から外れたのか藤井七段が長考中、まだ成り駒も大駒の交換もありませんが残り時間は互いに1時間半ほど。
※角を上がるのか?金でブロックするのか?

約50分の考慮で65.▲7七金を選択されました。
※加藤一二三九段は、7七角が自然なのでは?とのことでした
※ここ~読み筋だったのかは不明です
65手目棋譜
出典:連盟モバイル
豊川七段は66.▽5七歩で上がった金を咎めに、そして歩切れへ・・

豊川七段の5七歩を軽視されていたのか・・検討の範囲内だったのか・・・⇒2四歩、そして豊川七段はそれを手抜いて4四角とされました。
68手目棋譜
出典:連盟モバイル
ちょっと後手に楽しみが出てきたのでは・・・?

※豊川七段もここが勝負所と判断されていたようです

71手目棋譜
出典:連盟モバイル
藤井七段も上手に切り返します。

豊川七段、決断の1手。
72手目棋譜
出典:連盟モバイル
切りマンジャロからの両取りヘップバーンでしたが・・
※6五飛の方が有力だったかも・・・

形勢は駒が捌けて藤井七段持ちの局面です。
※豊川七段、銀は取れたものの、手番を渡し飛車を逃げられる展開へ
80手目棋譜
80手目棋譜
出典:連盟モバイル

81手~100手目棋譜

81.▲3七飛成
91.▲8五歩
82.▽6八銀
92.▽5五金
83.▲6八同角
93.▲5五同歩
84.▽6八同と
94.▽9二桂
85.▲5五桂
95.▲4九飛
86.▽3三桂
96.▽4七角
87.▲2三歩成
97.▲6四歩
88.▽4五桂
98.▽8六歩
89.▲3二龍
99.▲6三歩成
90.▽5七桂成
100.▽4八歩

 
100手目棋譜
100手目棋譜
出典:連盟モバイル
終盤、読み切られてからはほぼ、ノータイム指しとなりました。

101手~120手目棋譜

101.▲6二歩
111.▲6四歩
102.▽7一金
112.▽
103.▲3九飛
113.▲
104.▽6三銀
114.▽
105.▲6一歩成
115.▲
106.▽7二金
116.▽
107.▲7一銀
117.▲
108.▽7一同角
118.▽
109.▲7一同と
119.▲
110.▽7一同玉
120.▽

 
111手まで、豊川七段投了となりました。
投了図
111手目棋譜
出典:連盟モバイル
次戦、豊川七段は塚田泰明九段と藤井七段は、西尾明六段と対戦となります。

技巧2による形勢判断
形勢判断
※ご参考程度にどうぞ

藤井聡太七段と豊川孝弘七段の対局前後のコメント

藤井聡太七段

『序盤は手の組み合わせを間違えて自信のない戦いでしたが、最後は斬り合いを制することができて良かったです』

豊川孝弘七段

藤井七段の将棋に影響を受けて、谷川九段の言葉もあり最近将棋がまた、楽しくなったそうです。

『藤井くんの棋譜並べたりして、ここ数年ひどい成績だったけど藤井くんの将棋に刺激をうけておっちゃんだけど将棋が楽しくなった』

気合を入れて挑みましたが、本日完敗とのこと。

ファンサービスも忘れられず・・

終わってしまったら、完敗(乾杯)長渕剛

気合入れてきましたけど、イカンガーでしたね

と言われていました(´;ω;`)


向かい飛車から先手が玉頭位取り、後手は金繰りという戦いへ。

豊川七段は3七飛成~銀は取れましたが、手番を渡して飛車を逃げられ結果藤井七段優勢へ。

対局中は気合いも感じられるほど、パチン!と駒音が鳴り響くシーンも何度も見られました。

飛車を逃げられてからは終始藤井七段ペースで勝勢になり、終盤は豊川七段も粘りに粘られましたが、藤井七段の容赦ない手の連続で111手まで、藤井七段勝利となりました。

一見、豊川陣の陣形が固く、藤井陣は駒もバラバラに見えたときもありましたが、最後は全ての駒が躍動するという・・・

気合を入れた対局に敗戦した直後に、なかなか言えないコメントなのでは(T T)・・豊川七段も素晴らしかったです。

豊川七段、藤井七段お疲れ様でした!

藤井七段は6日に王座戦挑決Tも控えています!体調万全で臨めますように(;人;)!!

藤井聡太七段の次の対局予定はいつ??

【7月6日】VS斎藤慎太郎七段【第66期王座戦挑決T】

棋戦名
第66期王座戦挑決T
対局日
7月6日
対局相手
対局場所
関西将棋会館
持ち時間
各5時間
開始時間
午前10:00~

★中継情報★

となっております.+:。(´ω`*)