第32期竜王ランキング戦4組、高見泰地叡王VS藤井聡太七段との対局が決定しました。

公式戦では第76期順位戦(C2)以来、非公式戦ではAbemaトーナメント以来の対局となります。

 

髙見泰地叡王の略歴

 
高見泰地叡王
出典:http://kifulog.shogi.or.jp
 
生年月日:1993年7月12日(25歳)
2011年10月1日(18歳)プロ入り
出身地:神奈川県横浜市
師 匠:石田和雄九段
竜王戦:4組
順位戦:C級2組
得意戦法:矢倉囲い及び居飛車穴熊

タイトル歴
叡王(2017年)

2005年4月(11歳) 奨励会入会

2010年1月(16歳) 三段

※三段リーグ戦は、3期目、13勝5敗で1位昇段、プロ入り
※同期プロ入りは藤森哲也五段

2011年10月1日(18歳) 四段プロへ

2014年5月23日(20歳) 五段
※竜王戦2期連続昇級(2013年5組、2014年4組)

2018年1月29日(24歳) 六段
※第3期叡王戦決勝七番勝負出場

2018年5月26日(24歳) 七段
※第3期叡王獲得

大学は立教大学文学部卒で、プロ入り後に入学、卒業。


一直線穴熊のみを詳しく解説した本も出版✩

奨励会で一直線穴熊を使ったときは負けた記憶がないそうです。
※居飛車党で、対中飛車に困っている人におススメ


高見泰地叡王の成績やレーティング

’19年4月17日現在

高見泰地叡王(24位)1727
藤井聡太七段(4位)1881
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明二冠(現三冠)の1944(4/17現在)。


’19年4月17日現在

高見泰地叡王

対局数 勝率
通算 291 180 111 0.6185
本年 2 0 2 0

※2018年度勝率は0.6857

藤井聡太七段

対局数 勝率
通算 137 117 20 0.8540
本年 1 1 0 1.000

※2018年度勝率は0.8490
※2018年度の成績で『勝率』部門でトップ達成
出典:将棋連盟
 
スポンサーリンク

藤井聡太七段VS高見泰地叡王、過去対局結果

藤井聡太七段の3勝1敗(内3局は非公式戦)。

’17年 8月10日 第76期順位戦 棋譜
’17年 8月26日 AbemaT1回戦
’17年 8月26日 AbemaT2回戦
’17年 8月26日 AbemaT3回戦

順位戦先手は高見泰地五段(当時)、戦型は相矢倉

序盤から藤井四段(当時)がペースを掴み、109手まで、そのまま完勝となった対局です。

藤井四段(当時)の早い桂跳ねを封じる展開にしたかったそうです。

序盤から藤井四段(当時)も積極的に攻め、終始藤井四段がペースを握る展開へ。

それでも、ほぼ互角の形成を保ちながら終盤戦となりましたが、藤井四段(当時)の80手目、1五角(詰めろ)。

これに対し、▲6六銀の方がまだ有力だったようですが、高見五段(当時)は、▲3七角とされたため、藤井四段(当時)優勢へ。

この対局に対しては・・

常に指しずらかった。自分とは全然読みが違う
そっちの方がいい手だったか・・・と驚くばかり

とコメントされています。
※序盤から、読み筋にない手を藤井四段(当時)が指していたようです

1局目(一手損角換わり):108手まで、後手、高見叡王勝利
※序中盤、藤井七段優勢を築いていましたが、終盤高見叡王逆転勝利

2局目(矢倉):106手まで、後手、藤井七段勝利
※序中盤、互角ながらも高見叡王持ちの局面が続いていましたが、終盤藤井七段逆転勝利

3局目(横歩取り):87手まで、先手、藤井七段勝利
※互角の攻防が終盤まで続き、最後は藤井七段勝利となりました、藤井七段、決勝進出

竜王戦の賞金額と概要

 

タイトル保持者 広瀬章人竜王
賞金 4,320万
トーナメント表 こちら
番勝負 10月~12月

※賞金額は今までの概算です(タイトル保持者)

ちなみに竜王戦4組の賞金額は優勝205万円、準優勝52万円となってます。

全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名

  1. 1組から6組に分けてトーナメント戦を行う⇒ココが始まり、現在3勝中
  2. 各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメント

※1組5名、2組2名、3組~6組各1名

藤井聡太七段VS高見泰地叡王、生中継情報

携帯アプリは10:00~
AbemaTV9:30~
ニコ生9:50~