第49期新人王トーナメントが始まります。

第48期は惜しくも佐々木大地四段に敗戦し、その後増田康宏四段(現五段)の二連覇となりました。
※ちなみに49期も増田四段(現五段)は参戦されてます

藤井聡太五段の第1局目対戦相手は古森悠太四段。

スポンサードリンク

 

古森悠太四段の略歴

 
古森悠太四段
出典:http://www.kobe-u.ac.jp
生年月日:1995年8月20日(22歳)
2017年10月1日(22歳)プロ入り
出身地:大阪府高槻市
師 匠:小林健二九段
竜王戦:6組(第31期より参戦)
順位戦:C級2組(第77期より参戦)
得意戦法:角交換振り飛車

※藤井聡太五段は第31期竜王戦は5組、順位戦は現在(76期)はC級2組、来期はC級1組

2008年9月(13歳)6級

2012年6月(16歳)初段

2015年12月(20歳)二段

2016年4月(20歳)三段
※三段リーグは後期の10月~参戦、2期(60・61期)、12勝6敗で2位昇段

※藤井聡太五段は59期でプロ入りされているので、三段リーグでの対局はありません
※奨励会の頃には対局経験あると思われます

2017年10月1日(22歳)四段プロ入り

プロ棋士への道は茨の道で将棋を辞めようと思った時期もあったそうですが、無事プロ入りされたようです。
出典:神戸大学

神戸大学の経済学部へ進学されているので、途中将棋と学業両立の時期があったと思われます。

もし進学されていなければ、十代のうちのプロ入りされていたかもしれませんね・・・^^)

小林健二九段と藤井聡太五段の師匠である杉本昌隆七段の師匠は(故)板谷進九段。

弟子対決となりますので、互いの師匠にとっても注目の対局となりそうです(*”ω”*)

古森悠太四段の成績やレーティング

’18年2月12日現在

古森四段はまだプロ入りされたばかりなので不透明な部分も多いです。

大体の参考程度にどうぞ・・・

藤井聡太五段(14位)1763
古森悠太四段(80位)1544

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング一覧はこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは豊島将之八段の1868(2/15現在)。


’18年2月12日現在
※古森四段はプロ入りされたばかりなので、戦積データはありません

藤井聡太五段

対局数 勝率
通算 74 63 11 0.8513
本年 64 53 11 0.8281

出典:将棋連盟
 
※2月12日時点で本年度勝率1位は藤井五段

新人王戦について

 

賞金 200万
現在状況 開始前
決勝戦 10月

 

出典:将棋連盟

  • 26歳以下(10月1日現在)
  • 六段以下(タイトル戦経験者は除く)
  • 成績選抜の女流枠(ただし26歳以下)4名
  • 赤旗名人戦優勝者(赤旗名人)
  • 前期三段リーグ成績上位者

でのトーナメント戦。

第48期は惜しくも佐々木大地四段により敗戦。

 
※その後増田康宏四段(現五段)VS佐々木大地四段の決勝戦になり、増田康宏四段(現五段)の連覇となっています

第48期新人王トーナメントはこのような感じでした。
第48期新人王戦トーナメント
出典:将棋連盟
 

藤井聡太五段VS古森悠太四段の対局中継は??

携帯アプリ10:00~
AbemaTV9:30~
ニコ生9:50~
将棋プレミアム9:45~