第78期C級1組順位戦、藤井聡太七段VS村田顕弘六段戦の対局模様をまとめています。

結果は、118手まで藤井七段勝利です。

藤井聡太七段VS村田顕弘六段、対局結果と棋譜

先手番:村田顕弘六段

後手番:藤井聡太七段

戦 型:相掛かり

1手~20手目棋譜

1.▲26歩
2.▽84歩
3.▲25歩
4.▽85歩
5.▲78金
6.▽32金
7.▲38銀
8.▽72銀
9.▲24歩
10.▽同歩
11.▲同飛
12.▽23歩
13.▲26飛
14.▽34歩
15.▲36飛
16.▽84飛
17.▲48玉
18.▽42玉
19.▲39玉
20.▽14歩

 
20手目棋譜
20手目、14歩
残:村田六段⇒5:38 藤井七段⇒5:41

駒組段階、互角。

21手~40手目棋譜

21.▲16歩
22.▽33角
23.▲76歩
24.▽22銀
25.▲75歩
26.▽24歩
27.▲77桂
28.▽23銀
29.▲86歩
30.▽86同歩
31.▲85歩
32.▽54飛
33.▲68銀
34.▽87歩成
35.▲87同金
36.▽25歩
37.▲86飛
38.▽35歩
39.▲84歩
40.▽82歩

 
31.▲85歩まで、昼休へ、形勢互角
31手、85歩
消費時間:村田六段⇒59分 藤井七段⇒60分

40手目棋譜
40手、82歩
残:村田六段⇒4:58 藤井七段⇒4:57

形勢は互角。

41手~60手目棋譜

41.▲56歩
42.▽26歩
43.▲57銀
44.▽64飛
45.▲58金
46.▽15歩
47.▲同歩
48.▽同香
49.▲17歩
50.▽24飛
51.▲28歩
52.▽77角成
53.▲同角
54.▽27桂
55.▲48玉
56.▽19桂成
57.▲46銀
58.▽33香
59.▲55歩
60.▽27歩成

 
藤井七段、50.▽24飛で約50分考慮、57.▲46銀まで、形勢600ほど藤井七段有利。

相掛かりから力戦勝負へ。。

52.▽77角成で角桂交換~54.▽27桂、56.▽19桂成で香車を入手。

角切りで一見、駒損に見えますが、井出四段の予想的中(*’ω’*)

解説の井出四段、入手した香を33香で後手良しなのでは、自分ならあまり考えずに33香を指しますとのこと・・・藤井七段、慎重に約30分考慮で33香とされました。

60手目棋譜
60手、27歩成
残:村田六段⇒4:19 藤井七段⇒2:36

※インタビューにて(52手目~構想について)・・ゆっくり指していると、どこかで▲16歩と香取りに突かれる手が常にあるので、どう、まとめるのか分からなくて。。本譜だと、端の交換で、1一の香車をあらかじめ逃がしているという意味があるので、それでやりたくなってしまったんですけど、こちらの玉型が思ったより良くなかったので、良い指し方ではなかったかな、という気がしますだそうでした。。

形勢は藤井七段、有利。

61手~80手目棋譜

61.▲27同歩
62.▽29成桂
63.▲同銀
64.▽27飛成
65.▲38銀
66.▽28龍
67.▲54歩
68.▽同歩
69.▲22歩
70.▽同金
71.▲45桂
72.▽26桂
73.▲35銀
74.▽38桂成
75.▲57玉
76.▽64銀
77.▲66飛
78.▽32玉
79.▲64飛
80.▽同歩

 
62.▽29成桂で、村田六段約66分考慮で63.▲同銀。

70.▽同金で夕休へ。
70手、22同金

75.▲57玉まで。。評価値は後手、藤井七段優勢判断です(800程)が、人間解説では先手持ち。。。え?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

80手目棋譜
80手、64同歩
残:村田六段⇒1:10 藤井七段⇒1:03

評価値は藤井七段優勢(1000程)。

81手~100手目棋譜

81.▲53桂成
82.▽37成桂
83.▲59歩
84.▽35香
85.▲41銀
86.▽同玉
87.▲22角成
88.▽52金
89.▲31角
90.▽47成桂
91.▲68玉
92.▽58成桂
93.▲同歩
94.▽57銀
95.▲77玉
96.▽79飛
97.▲78桂
98.▽同飛成
99.▲同玉
100.▽58龍

 
90.▽47成桂まで、形勢藤井七段勝勢

100手目棋譜
100手、58龍

※対局振り返り後・・

田村七段:また藤井さんの凄いところを見てしまったと言うかね。△35香と銀を取ったところで、最後まで全部読み切ってたんでしょうね。。

井出四段:藤井さんは詰ますとばかり思っていたんですが、こういう冷たい勝ち方もできるんだなと思いました。

94手目に57金と打てば詰みもあったようですが、無理に詰ます必要もなく、本譜の手順を選択された様子・・一瞬悪手かとざわつきましたが、全く心配無用でした。。

101手~120手目棋譜

101.▲77玉
102.▽65桂
103.▲86玉
104.▽95銀
105.▲同玉
106.▽94歩
107.▲86玉
108.▽95金
109.▲76玉
110.▽78龍
111.▲77飛
112.▽同桂成
113.▲同馬
114.▽26飛
115.▲66桂
116.▽77龍
117.▲同玉
118.▽31玉
119.▲
120.▽

 
投了図
投了図

118手まで、村田六段投了となりました。

藤井七段、本局快勝(*’ω’*)

技巧2による形勢判断
形勢判断
※ご参考程度にどうぞ


藤井聡太七段と村田顕弘六段の対局前後のコメント

 

コメント

  • 藤井聡太七段
  • 『序盤から選択肢の広い将棋で、本譜は比較的激しい順を選んだ(52.▽77角成)んですけど、こちらの玉の安全度を過大評価してしまったというか、思ったより、こちらの玉が薄い形になったので、自信の無い展開になってしまったかな、と思っていたんですけど。最後は際どい形でしたけど、なんとか、しのぐことが出来たかな、という気がします。』

    『90.▽47成桂と寄って、おそらく勝ち筋に入っているかな、と思いました。』

    『今期は気負いすぎても良くないかなと思うので、自分自身の対局に集中して昇級を目指して戦っていけたらなと思います。』

  • 村田顕弘六段
  • 『やってみたい将棋ではあったんですけど、途中行けそうなところもあったと思うんですけど。。違いましたね。』

    『(藤井聡太七段とは何度か対局していますが)一局一局楽しみにしているので、機会があれば挑戦したいと思っています。』

早めの段階でリードを奪うも、村田六段の勝負術で1手ミスすれば危ない??展開もありましたが、藤井七段の指し手は正確。

差はどんどん広がり、最後は自陣の必死状態から攻めまくり、最後は相手の角を二枚抜いての快勝。

途中、藤井七段の読みの精度に驚かされました(;^_^A・・・解説では形勢不明、評価値は藤井七段優勢・・一体・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)ハ!?

詰ませて勝つのではなく、自玉を安泰にして勝つという・・順位戦初戦、まずは1勝です(*’ω’*)☆

藤井聡太七段の次の対局予定はいつ??

【6月22日】VS千田翔太七段【王将戦】

棋戦名
王将戦
対局日
6月22日
対局相手
対局場所
東京将棋会館
持ち時間
各3時間
開始時間
10:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリ10:00~
  • AbemaTVなし
  • ニコ生なし
  • 将棋プレミアム独占放送9:30~
  • ※将棋プレミアムは1DAY会員/¥500がオススメ
    【前売券】6月21日(金)18:30までにご購入のお客様は500円で視聴可能。
    ※解説者:中村太地七段、聞手:貞升 南女流初段
    【当日券】6月21日(金)18:30以降にご購入のお客様は視聴料金が800円( ;∀;)ネアゲデース

  • 将棋チャンネルで9:35~12:00、14:00~18:00

【6月25日】VS阿久津主税八段【第27期銀河戦】

棋戦名
第27期銀河戦
対局放送日
6月25日
対局相手
対局場所
スタジオ
持ち時間
各15分
放送開始時間
20:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリなし
  • AbemaTVなし
  • ニコ生20:00~
  • ※銀河チャンネルへの契約が必要(¥1,620/月)
         

  • 囲碁将棋チャンネルにて午後8時~放送
  • ※スカパーetcの契約が必要
    ※解説:大石直嗣七段、聞き手:伊藤沙恵女流二段(現女流三段)
        

  • 将棋プレミアムで6月25日~配信予定
  • ※ゴールド(¥2,000/月)への契約が必要
    ※解説:大石直嗣七段、聞き手:伊藤沙恵女流二段(現女流三段)

【7月2日】VS堀口一史座七段【第78期順位戦】

棋戦名
第78期順位戦
対局日
7月2日
対局相手
対局場所
持ち時間
各6時間
開始時間
10:00~

★中継情報★

対局者確定&日程が決定していない対局

三浦九段戦は8/11です
となっております.+:。(´ω`*)