第78期C級1組順位戦第2局、藤井聡太七段の対局相手は、堀口一史座七段です。

 

堀口一史座(ほりぐちかずしざ)七段の略歴

堀口七段
出典:日本将棋連盟
生年月日:1975年2月28日(44歳)
プロ入り:1996年4月 1日(21歳)
出身地:東京都
師 匠:伊藤果八段
竜王戦:5組
順位戦:C級1組
得意戦法:居飛車党

※追い詰められたような状況では、指し手に内面性が出ると言い切り、哲学書などで内面性を鍛えることも怠らないことから『将棋界の哲人』とも呼ばれていたそうです

棋戦優勝歴
朝日オープン将棋選手権(第20回-2001年度)


1988年 6月(13)6級 奨励会入会

1991年 7月(16)初段

1993年 1月(17)三段

※三段リーグ戦は、6期目14勝4敗で1位昇段プロ入り

1996年4月1日(21)四段 

1999年10月14日(24)五段

1999年度、第58期順位戦でC級1組昇級決定

2002年10月1日(27)六段

※朝日オープン選手権優勝

2002年度、第61期順位戦でB級2組昇級決定

2003年度、第62期順位戦でB級1組昇級決定

2004年4月1日(29)七段
※順位戦B級1組昇級

2009年度、第68期順位戦でB級2組降級決定

2013年度、第72期順位戦でC級1組降級決定

※2013年頃より体調を崩しがちになり、2013年は2戦を戦ったのみですべての公式戦を休場。

当時順位戦ではB級2組に在籍、既に降級点が一つ付いていたため、この休場によりC級1組への降級、2014年6月から公式戦復帰。

2005年9月の順位戦B級1組▲青野照市九段―△堀口一史座七段の角換わりの最新形で、1手に使った時間、5時間24分の最長記録を持たれています(;’∀’)
※あくまで1日制の対局における記録

堀口一史座七段の成績やレーティング

’19年6月30日現在

堀口一史座七段(157位)1333
藤井聡太七段(3位)1902
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明二冠(現三冠)の1970(6/30現在)。


’19年6月30日現在

堀口一史座七段

対局数勝率
通算7794033760.5173
本年5050.0000

※2018年度勝率は0.1666
 
藤井聡太七段

対局数勝率
通算150128220.8533
本年141220.8571

※2018年度勝率は0.8490
※2018年度の成績で『勝率』部門でトップ達成
出典:将棋連盟

順位戦の概要

賞金2,500万※
対局表こちら

※賞金額は今までの概算です
※賞金は名人戦番勝負での賞金額、A級棋士のみ対象(C2~B1は対象外)

  • 36人参加のリーグ戦
  • 同星ながら今期順位(前期成績順位)差で昇級できないという頭ハネも起きやすく、1期で抜けるのは困難
※10戦して上位2人に入れば、B級2組に昇級が決定
※同勝数のときは今期順位(前期成績順位)の良い人が昇級
※リーグ戦成績の全勝者が3名以上いる場合は、全勝者全員が昇級
※全勝もしくはそれに近い勝率が昇級には必要
藤井七段は今期順位3位/36名
名人戦は例年4月から6月にかけて優勝者が七番勝負に挑戦。
A級棋士のみが豊島将之名人に挑戦することになります。

順位戦の仕組みはこちら

デビューから4年連続で昇級しA級に昇った棋士

これまでに2名のみ!

加藤藤一二三九段と中原誠・十六世名人。

※羽生三冠(現九段)でも7年かかっています

※藤井聡太七段は現在C級1組

藤井聡太七段VS堀口一史座七段の中継情報

携帯アプリ10:00~
AbemaTV未定
名人戦棋譜速報10:00~
ニコ生恐らく無し