藤井聡太六段【王座戦】VS畠山鎮七段(2018/2/23)速報!対局結果

2月23日、藤井聡太六段の対戦相手は畠山鎮七段。

持ち時間各5時間、初手合です。

本年度、B級1組への復帰確定された畠山七段との結果はいかに!?

96手まで

藤井六段勝利となりました。

スポンサーリンク

 

藤井聡太六段VS畠山鎮七段、対局結果と棋譜

先手番:畠山鎮七段

後手番:藤井聡太六段

戦 型:矢倉

1手~20手目棋譜

1.▲7六歩
11.▲4八銀
2.▽8四歩
12.▽5四歩
3.▲6八銀
13.▲5六歩
4.▽3四歩
14.▽3二金
5.▲7七銀
15.▲7八金
6.▽6二銀
16.▽4一玉
7.▲2六歩
17.▲6九玉
8.▽4二銀
18.▽7四歩
9.▲2五歩
19.▲3六歩
10.▽3三銀
20.▽7三桂

 
20手目棋譜
20手目棋譜
出典:連盟モバイル
対局は 相矢倉模様へ。

淡々と駒組みが続いております。

21手~40手目棋譜

21.▲4六歩
31.▲7九角
22.▽6四歩
32.▽3一角
23.▲5八金
33.▲6七金右
24.▽5二金
34.▽4三金左
25.▲3七桂
35.▲4五歩
26.▽6三銀
36.▽4五同歩
27.▲4七銀
37.▲3五歩
28.▽8五歩
38.▽3五同歩
29.▲6六歩
39.▲3五同角
30.▽4四歩
40.▽4四銀

 
藤井六段、34.▽4三金左。

34手目棋譜
34手目棋譜
出典:連盟モバイル

最近よく見られる金銀のバランス重視で幅広い受けに対応できる形。
※土居矢倉?

先手の畠山七段は硬さ重視の金矢倉です。

34.▽4三金左で、畠山七段大長考へ。
※ここで、受けるのか?それとも先手から仕掛けるのか?

決断して仕掛けました(35.▲4五歩)。
※約1時間の考慮

いよいよ戦いが始まります。

※消費時間は畠山七段約2時間半、藤井六段約1時間。

約30分の考慮で38.▽3五同歩。

40手目棋譜
40手目棋譜
出典:連盟モバイル

41手~60手目棋譜

41.▲4四同角
51.▲4五銀
42.▽4四同金
52.▽4三金上
43.▲2四歩
53.▲4四銀
44.▽1五角
54.▽4四同金
45.▲2七飛
55.▲3六銀
46.▽2四角
56.▽4三歩
47.▲2五銀
57.▲3三歩
48.▽5一角
58.▽3三同角
49.▲3六銀引
59.▲4五桂
50.▽2四歩
60.▽5一角

 
60手目棋譜
60手目棋譜
出典:連盟モバイル
41.▲4四同角と畠山七段角を切りました。

藤井六段、悩む局面。

中盤~終盤に向かっていく局面かと思われます。

千日手も予想される局面でしたが、50.▽2四歩で回避。

局面、ほぼ互角といったとろですが、攻めに徹している分畠山七段。

その畠山七段の攻めを藤井六段受け切ることができるか?という局面。

攻めたいところですが、厳しく受け将棋が続いています。

持ち時間差はほぼ同じ。

59.▲4五桂で畠山七段残り時間約30分、藤井六段1時間40分ほどです。

ちょっと、藤井六段にも楽しみが出てきたでしょうか。。

※この辺りで、畠山七段に誤算があったようです

解説の橋本八段と佐藤六段は依然、先手が指しやすいと解説

ただ、畠山七段の30分の長考が気になり色々検討していたところ、3二飛車の筋を発見

感想戦では触れられていませんでしたが、恐らくこの辺りは本局の分かれ目かと。

この3二飛車があるので、後手が指せますね・・という見解に変わりました。

61手~80手目棋譜

61.▲2三金
71.▲7九玉
62.▽2二銀
72.▽1五角
63.▲3二歩
73▲3八飛
64.▽2三銀
74.▽5九角成
65.▲3一歩成
75.▲6三成桂
66.▽3一同玉
76.▽4九馬
67.▲5三桂成
77.▲3七飛
68.▽3二飛
78.▽4六金
69.▲3七飛
79.▲7三成桂
70.▽2五歩
80.▽3七金

 
80手目棋譜
80手目棋譜
出典:連盟モバイル
畠山七段3二飛車の筋に気づいて?2三金打ちで筋消しへ。

※頭をパシパシ!と気合を入れられたのか、叩かれました

しかし藤井六段としてはどうしても3二に飛車は打ちたい様子。

その後パタパタと指し手が進み、68.▽3二飛。

粘りに粘って、藤井六段が1五角で攻勢へ、そして74.▽5九角成。

形勢は互角。

畠山七段、歩切れ&残り時間が少ないのが痛いところです。

81手~100手目棋譜

81.▲3五桂
91.▲2四金
82.▽3四銀
92.▽6七馬
83.▲5三角
93.▲6七同金
84.▽2二玉
94.▽3九飛
85.▲4四角成
95.▲8八玉
86.▽4四同歩
96.▽7九銀
87.▲4三銀
97.▲
88.▽1四角
98.▽
89.▲3二銀成
99.▲
90.▽3二同角
100.▽

 
藤井六段が着実に差を広げて、若干有利になってきていましたが・・・

畠山七段の厳しい攻めが・・

ところがここで、消費時間が仇に・・・

畠山七段、秒に追われての悪手?91.▲2四金

畠山七段は最後2四飛打できていれば・・・ 最後急転直下。
※2四飛打ならまだ続いていたはず
2四飛は気づいていたようですが、分将棋での解読は厳しかったようです

96手まで。

畠山七段投了となりました。

難解な終盤戦。

畠山七段も想像通りとても強く、終盤まで押し込まれる展開でさすがに今回は厳しいかとも思う局面もいくつかありました。

ところが、2四金~藤井六段が一気に寄せ切り勝利となりました。

受けに適さない角が玉の両隣にいるという形勢から、最後はその角2枚をうまく捌いて活用されました(◎_◎;)脱帽。

投了図
97手目棋譜
出典:連盟モバイル

技巧2による形勢判断
形勢判断
ご参考程度にどうぞ(88.▽1四角で畠山七段に触れますが、91.▲2四金で藤井六段へ)

王座戦挑決トーナメント
出典:AbemaTV
次戦は北浜八段VS糸谷八段の勝者との対局となります。
※2月28日に決定

藤井聡太六段と畠山鎮七段の対局前後のコメント

畠山七段

『藤井六段は最新型、自分は従来の戦型で戦ったけれども本局は予定変更する場面が多かった。』

※自分が用意していた順がどれも適さなかったようです

セオリーを無視した?藤井六段の指し回しに考えさせられる局面が多く、時間も消費したというところだったのでしょうか。

それでもあの玉形から上手に受け切り、本局は藤井六段の勝利となりました。

畠山七段、藤井六段、お疲れ様でした。


その後、B級1組順位戦の解説の登場(3/9)されていた畠山七段がこの対局を振り返られていました。

朝日杯優勝している実力者。

もちろん僭越ですが・・と言えど中学生棋士。

自分の28年の将棋歴を考えると、負けてしまうと自分の中の何かが壊れてしまうのでは・・・

と対局前から怖さも感じられていたようです。

皆さん藤井六段と対局が決まると嬉しいと聞くが、おかしいんじゃないかと言われていました(^^;

藤井六段の柔軟性(新しいものを取り入れる速さや研究熱心さ)がやはり凄いと。

普通中学生ならば、これだけ勝っているとどこかに隙ができそうなものの、そういう所が一切なく楽しそうに盤面をずっと見ていると・・

汗をかきながら改めて語られている畠山七段でした。。

藤井聡太六段の次の対局予定

【3月1日】VS阿部隆八段【第31期竜王戦ランキング戦】

棋戦名
第31期竜王戦ランキング戦
対局日
3月1日
対局相手
対局場所
持ち時間
各5時間
開始時間
午前10:00~

 
★中継情報

 
となっております.+:。(´ω`*)