第13回朝日杯本戦、ベスト4をかけて藤井聡太七段(現二冠)VS斎藤慎太郎七段が対局です^^

対局模様をまとめています。
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

藤井聡太七段(現二冠)VS斎藤慎太郎七段、対局結果と棋譜

先手番:藤井聡太七段(現二冠)

後手番:斎藤慎太郎七段

戦 型:角換わり腰掛け銀
角換わり(37勝7敗-勝率:0.8409)
先:18勝3敗(0.8571)
後:19勝4敗(0.8260)
今期:6勝1敗(1敗はVS豊島二冠※先手番)

1手~20手目棋譜

1.▲26歩
2.▽84歩
3.▲76歩
4.▽32金
5.▲25歩
6.▽85歩
7.▲77角
8.▽34歩
9.▲68銀
10.▽77角成
11.▲同銀
12.▽22銀
13.▲48銀
14.▽33銀
15.▲36歩
16.▽62銀
17.▲46歩
18.▽64歩
19.▲37桂
20.▽22玉

 
20手目棋譜
20手目
残:藤井七段(当時)⇒0:39 斎藤七段⇒0:39

21手~40手目棋譜

21.▲47銀
22.▽74歩
23.▲78金
24.▽73桂
25.▲68玉
26.▽63銀
27.▲96歩
28.▽14歩
29.▲16歩
30.▽81飛
31.▲29飛
32.▽62金
33.▲95歩
34.▽54銀
35.▲38金
36.▽44歩
37.▲56銀
38.▽31玉
39.▲48金
40.▽22玉

 
40手目棋譜
40手
残:藤井七段(当時)⇒0:37 斎藤七段⇒0:33

41手~60手目棋譜

41.▲45歩
42.▽41飛
43.▲44歩
44.▽同銀
45.▲79玉
46.▽33銀
47.▲47歩打
48.▽65歩
49.▲68金
50.▽64角打
51.▲88玉
52.▽44歩打
53.▲78玉
54.▽81飛
55.▲46角打
56.▽同角
57.▲同歩
58.▽64角打
59.▲45歩
60.▽41飛

 
藤井七段(当時)の49.▲68金で前例のない将棋へ。

斎藤七段が手を止めて考慮中⇒約11分の考慮で50.▽64角打。

斎藤七段の50.▽64角打を見て、藤井七段(当時)78玉ではなく、88玉とされました。

60手目棋譜
60手目
残:藤井七段(当時)⇒0:22 斎藤七段⇒0:14

互角。

61手~80手目棋譜

61.▲44歩
62.▽同飛
63.▲38金
64.▽41飛
65.▲47歩
66.▽81飛
67.▲46角打
68.▽同角
69.▲同歩
70.▽43銀
71.▲35歩
72.▽同歩
73.▲45桂
74.▽44銀
75.▲24歩
76.▽同歩
77.▲同飛
78.▽23歩打
79.▲29飛
80.▽54歩

 
互角。

三枚堂七段「78玉型が裏目にでている局面になっているかも。先手がやりたいことができていない印象ですね」

大盤演説会場へ・・

菅井七段「先手がうまくいっているんじゃいですかね」

コメントちょっと荒れましたね・・・笑

映ったと同時に、狙ったように大きい声でこのセリフが・・

三枚堂七段「あれ?逆のこと言ってますね・・」

先手に難しい指し手が多い様子で、見解に差があるようです。

80手目棋譜
80手
残:藤井七段(当時)⇒0:09 斎藤七段⇒0:02

81手~100手目棋譜

81.▲48金
82.▽36歩
83.▲15歩
84.▽同歩
85.▲47銀
86.▽86歩
87.▲同銀
88.▽88歩打
89.▲同玉
90.▽55角打
91.▲77角打
92.▽同角成
93.▲同金
94.▽75歩
95.▲36銀
96.▽55角打
97.▲56歩
98.▽46角
99.▲78金
100.▽76歩

 
94.▽75歩まで。

三枚堂七段「藤井七段(当時)もそろそろ反撃に移るんじゃないですかね」

100手目棋譜
100手
残:藤井七段(当時)⇒0:00 斎藤七段⇒0:00

藤井七段(当時)ペース。

101手~120手目棋譜

101.▲47金
102.▽24角
103.▲33歩打
104.▽同桂
105.▲25歩打
106.▽35角
107.▲33桂成
108.▽同金
109.▲35銀
110.▽同銀
111.▲39飛
112.▽36歩打
113.▲45桂打
114.▽34金
115.▲74歩打
116.▽85歩打
117.▲97銀
118.▽45金
119.▲73歩成
120.▽同金

 
斎藤七段、102.▽24角?(64角が有利だった??⇒そうでもないみたい)・・・藤井七段(当時)優勢へ。

※ちなみに64角は、▲12歩⇒▽同香⇒▲13歩⇒▽同香⇒▲14歩⇒▽同香⇒▲24歩⇒▽同歩⇒▲同飛⇒▽23金⇒▲13角という攻めがあり先手よしだったそうです

103.▲33歩打、後手激痛です・・

120手目棋譜
120手

藤井七段(当時)優勢。

121手~140手目棋譜

121.▲53角打
122.▽33銀打
123.▲27桂打
124.▽44銀引
125.▲62角成
126.▽46歩
127.▲36金
128.▽同金
129.▲同飛
130.▽86桂打
131.▲同歩
132.▽同歩
133.▲85歩
134.▽同飛
135.▲87歩打
136.▽同歩成
137.▲同金
138.▽66歩
139.▲35桂打
140.▽77歩成

 
140手目棋譜
140手

藤井七段(当時)勝勢。

141手~160手目棋譜

141.▲同桂
142.▽89金打
143.▲78玉
144.▽67歩成/div>
145.▲同玉
146.▽87飛成
147.▲44馬
148.▽
149.▲
150.▽
151.▲
152.▽
153.▲
154.▽
155.▲
156.▽
157.▲
158.▽
159.▲
160.▽

 
147手まで、斎藤七段投了。

投了図
投了図

技巧2による形勢判断
形勢
※ご参考程度にどうぞ

勝者は朝日杯本戦ベスト4進出決定。

千田七段と対局になります。

藤井聡太七段(現二冠)と斎藤慎太郎七段の対局前後のインタビュー

 

コメント

  • 藤井聡太七段(現二冠)
  • 『序盤はなんとか間合いを図るような展開になって、それからは難しい将棋になったかなと思います。』

    『少し攻め込まれてしまうような形で中盤になってしまったので、そのあたりは自信がなかったんですが、こちらが攻める展開になって指しやすくなったかなと思いました。』

    『菅井七段と斎藤七段ということで、強敵との対局が続いたんですけれど全力で対局することができたので結果につながったのかなと思います。』

  • 斎藤慎太郎七段
  • 『大分、しんどい将棋なんですけれど、中盤で手順を間違えてしまったかなというところがあるので、そこの選択を間違えたから終始難しい将棋で、早い段階でこちらが勝負所を逃してしまったかなと思います。』

    『1歩中盤で差をつけられてしまいましたので、ここを課題として来期もがんばりたいと思います。』

感想戦後、後手が良くなる順がなかなか発見されず「本譜は作戦負けの可能性がありますね。。」と斎藤七段が言われていました。。

藤井聡太七段(現二冠)の次の対局予定はいつ??

【1月24日】VS畠山鎮八段【第33期竜王戦】

対局相手
B1棋士との戦績
過去対局
竜王戦戦績
通算20勝3敗(0.8695)
持ち時間
各5時間
5時間棋戦戦績
通算28勝5敗(0.8484)
対局場所
関西将棋会館
開始時間
10:00~

中継情報

  • 携帯アプリ10:00~
  • AbemaTV9:30~
  • 解説者:佐藤天彦九段、八代弥七段、渡辺和史四段
    聞き手:渡部愛女流三段、塚田恵梨花女流初段

  • ニコ生なし

過去対局

藤井聡太七段(現二冠)の2勝0敗中
※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 対局時クラス 手番 戦型 手数 棋戦名 棋譜
2019/2/19 B1 その他 93手 第27期銀河戦本戦 棋譜
2018/2/23 B2 矢倉 96手 第66期王座戦二次予選 棋譜

 
となっております.+:。(´ω`*)