いよいよ、藤井聡太六段の師弟対決です!

持ち時間は各3時間、公式戦では初手合です。

111手まで

藤井六段勝利となりました。

将棋プレミアムで配信トラブル(恐らくアクセス集中により)があったためか、動画無料配信されています

スポンサーリンク

 

藤井聡太六段VS杉本昌隆七段、対局結果と棋譜

先手番:杉本昌隆七段

後手番:藤井聡太六段

戦 型:ゴキゲン中飛車

※千日手成立、先後手入れ替えとなります

1手~20手目棋譜

1.▲7六歩
11.▲7七角
2.▽8四歩
12.▽7四歩
3.▲5六歩
13.▲6八銀
4.▽6二銀
14.▽3二玉
5.▲5八飛
15.▲3八玉
6.▽4二玉
16.▽3四歩
7.▲4八玉
17.▲2八玉
8.▽1四歩
18.▽7七角成
9.▲1六歩
19.▲7七同銀
10.▽8五歩
20.▽2二銀

 
20手目棋譜
20手目棋譜
出典:連盟モバイル
藤井聡太六段が3四歩と角道を開けたのに対し、杉本昌隆七段が5五歩と止めなかったので角交換へ。

対局は杉本七段のゴキゲン中飛車VS藤井六段の居飛車対抗形。

互いに全力で・・!と対局前はコメントされていたようです(*゚▽゚*)

21手~40手目棋譜

21.▲4八銀
31.▲4七銀
22.▽7三銀
32.▽5四歩
23.▲3八金
33.▲3六歩
24.▽6四銀
34.▽2二玉
25.▲8八飛
35.▲3七桂
26.▽7三桂
36.▽3二金
27.▲6六銀
37.▲2六歩
28.▽2四歩
38.▽4四歩
29.▲4六歩
39.▲7七桂
30.▽2三銀
40.▽3三桂

 
40手目棋譜
40手目棋譜
出典:連盟モバイル

藤井六段は銀冠完成。

杉本師匠銀冠攻めの準備中。。

41手~60手目棋譜

41.▲8九飛
51.▲5七銀
42.▽8一飛
52.▽5三銀
43.▲6八金
53.▲6六銀
44.▽6二金
54.▽6四銀
45.▲5七銀
55.▲5七銀
46.▽9四歩
56.▽5三銀
47.▲9六歩
57.▲6六銀
48.▽5三銀
58.▽6四銀
49.▲6六銀
59.▲5七銀
50.▽6四銀
60.▽

 
59手目棋譜
59手目棋譜
出典:連盟モバイル
千日手が予想されていましたが、藤井六段もそれを受け入れ千日手成立となりました。

お互いの指し手をよく知っているのでやはり、指しにくいのでしょうか(*_*;

深浦九段によると、藤井六段も対局が増え、最近は相手の攻め味を消すような指し回しになってきているので千日手にはなりやすいかもしれませんね、とのことでした。

残り時間は杉本七段1時間58分、藤井六段1時間54分と差はあまりありません。

※藤井六段の無理攻めを悟り、杉本七段の策に乗ってこなかったのが理由とのことでした
出典:ミヤネ屋

※千日手にせず、あのまま対局したら自分が負けていたでしょう・・と
出典:ミヤネ屋

千日手成立後~

先手番:藤井聡太六段

後手番:杉本昌隆七段

戦 型:四間飛車

1手~20手目棋譜

1.▲2六歩
11.▲5八金右
2.▽3四歩
12.▽4二飛
3.▲7六歩
13.▲5六歩
4.▽4四歩
14.▽7二銀
5.▲4八銀
15.▲7八玉
6.▽3二銀
16.▽5二金左
7.▲2五歩
17.▲5七銀
8.▽3三角
18.▽6二玉
9.▲6八玉
19.▲7七角
10.▽9四歩
20.▽6四歩

 
20手目棋譜
20手目棋譜
出典:連盟モバイル
居飛車穴熊VS藤井システムの模様。

21手~40手目棋譜

21.▲8八玉
31.▲3六歩
22.▽7四歩
32.▽8二玉
23.▲9八香
33.▲6七金
24.▽7三桂
34.▽4三銀
25.▲6六歩
35.▲7八金
26.▽9五歩
36.▽8四歩
27.▲9九玉
37.▲6八銀
28.▽7一玉
38.▽8五桂
29.▲8八銀
39.▲8六角
30.▽6三金
40.▽4五歩

 
40手目棋譜
40手目棋譜
出典:連盟モバイル
杉本七段は高美濃囲いで、持久戦模様です。

41手~60手目棋譜

41.▲5七銀
51.▲4六同歩
42.▽5四銀
52.▽9六歩
43.▲5九角
53.▲9六同歩
44.▽6五歩
54.▽9七歩
45.▲3五歩
55.▲9七同桂
46.▽3五同歩
56.▽9六香
47.▲2四歩
57.▲3四歩
48.▽2四同歩
58.▽4四角
49.▲6五歩
59.▲8九玉
50.▽4六歩
60.▽9七香成

 
60手目棋譜
60手目棋譜
出典:連盟モバイル
藤井六段6八の銀を引くのか?上げるのか?

解説の深浦九段曰く、師匠が試しているのでは・・・??
※ここでは上がる方が良い

藤井六段、きっちり銀を上がりました(41.▲5七銀)。

解説の深浦九段が杉本七段の心の声を解説しておりました。
※『知ってたのかよ~?』

深浦九段もここで9分で41.▲5七銀にたどり着くんですね・・びっくりしましたと。。
※いい手見れたな・・だそうでした

杉本七段は動揺しているのでは??だそうです。

※知っていたというより、この方が良いと大局観で判断されたのでは?深浦九段は非常に柔軟でしたとコメントされていました

61手~80手目棋譜

61.▲9七同香
71.▲9四歩
62.▽9七同桂成
72.▽6六歩
63.▲9七同銀
73.▲6六同金
64.▽3六歩
74.▽4五飛
65.▲4五香
75.▲6八角
66.▽4五同銀
76.▽9四香
67.▲4五同歩
77.▲9五歩
68.▽3五角
78.▽9五同香
69.▲4六銀打
79.▲9六歩
70.▽9一香
80.▽4一飛

 
80手目棋譜
80手目棋譜
出典:連盟モバイル
徐々に藤井六段がペースを掴んできたような局面。

藤井六段は香が銀になり(67.▲4五同歩)、取った銀で角取へ(69.▲4六銀打)。

対する杉本七段はスルーして、銀取へ(70.▽9一香)。

杉本七段も局面を察してか74.▽4五飛と勝負へ。

藤井六段優勢と思われます。

81手~100手目棋譜

81.▲9五歩
91.▲6四歩
82.▽8五桂
92.▽6四同金
83.▲8六銀
93.▲5五銀
84.▽9六歩
94.▽5五同金
85.▲4五香
95.▲5五同金
86.▽4六角
96.▽7三銀打
87.▲4六同銀
97.▲4六角
88.▽4四歩
98.▽6二香
89.▲4四同香
99.▲6三歩
90.▽4三歩
100.▽6三同銀

 
100手目棋譜
100手目棋譜
出典:連盟モバイル
杉本七段が追い込んでいる局面。

形勢は藤井六段優勢です。

藤井六段3五の角は取らずに香を取りました(81.▲9五歩)(◎_◎;)。

101手~120手目棋譜

101.▲6五桂
111.▲8四角
102.▽7二金
112.▽
103.▲8五銀
113.▲
104.▽8五同歩
114.▽
105.▲7三桂成
115.▲
106.▽7三同金
116.▽
107.▲6五桂
117.▲
108.▽9七歩成
118.▽
109.▲7三桂成
119.▲
110.▽7三同玉
120.▽

 
藤井六段勝勢へ。。

111手まで。

杉本七段投了となりました。

投了図
投了図
出典:連盟モバイル

技巧2による形勢判断
形勢判断
ご参考程度にどうぞ

次戦は井上九段との対戦となっております!

スポンサーリンク

藤井聡太六段と杉本昌隆七段の対局前後のコメント

対局前は互いに全力で・・!!とコメントされており、対局は千日手。

杉本七段も藤井六段も打開が難しいという見解だったようですが、杉本七段としては本局はじっくり長く指したかったという思いもあり、千日手を選ばれたようです(*’ω’*)

杉本七段は前々日から大阪に入り丸一日かけて念入りに準備をされていたとのことでした。

そして、杉本先生が午前中だけ使った師匠の故板谷進先生の扇子

本日は2つ扇子を持参されておられたようです。

故板谷進先生の扇子での対局は思い入れが強すぎて対局に影響しそうだったので、午後~は違う扇子を使用されたとのことでした。

杉本七段の師匠板谷進九段は杉本七段がプロ入りする前の三段時代に他界


杉本昌隆七段

『自分はプロではなかったので、師匠との公式戦はかないませんでした形を変えて藤井六段と公式戦で対局できてうれしい』と涙ぐみながら語られている姿がとても印象的でした。。

『彼の強さは証明されていて、改めてかける言葉はないです。この対局は私まで注目してもらい、記念になりました。勝負としては非常に残念ですが、今日の一日は非常に素晴らしいですし、藤井六段にお礼を言いたい。彼もさらに成長していると思いますが、できることならまたもう一回対局したい』

藤井聡太六段

『公式戦で対局できるというのはとても楽しみにしていました。対局中はいつも通りの気持ちで、と思っていました。とてもいい経験になりました。奨励会時代からたくさん教えていただきました。これからもさらに活躍していかねばと思います』

師匠の杉本七段が投了の意思を示したところで、盤につきそうなほど頭を下げている姿がとても印象的でした(´;ω;`)
杉本七段VS藤井六段終局
出典:将棋プレミアム
杉本七段、藤井六段お疲れ様でした。

感動的な対局をありがとうございました。


対局後は関係者と6名ほどで食事をし、一緒に新幹線で帰られたそうです(*’ω’*)

社内の電光掲示板での対局速報に互いに苦笑いをされたようで(^^;

恩返しはもうちょっと後で良かったかも・・とミヤネ屋さんでジョークを言われておりました。

ただ、杉本七段の恩返しとは『師匠に勝つこと』ではなくて、これまで師匠が負かされてきた相手に弟子が勝つことである。

という考えなのだそうです。

杉本七段としては、直近で言うならば竜王戦の阿部八段戦、王座戦の畠山七段戦での勝利がそれに当るので嬉しかったそうです。
※同世代であり、切磋琢磨された関係なのだそうです

そしてなにより、朝日杯(当時は朝日オープン将棋選手権)で自分は悔しくも準優勝で、今でも夢にでるほど悔しい思い出だそうです。

そこで優勝をしてくれたことで、十分に恩返しはされておりますと順位戦のVS三枚堂戦の解説のときに言われておりました(*’ω’*)

藤井聡太六段の次の対局予定はいつ??

【3月15日】VS三枚堂達也六段【順位戦】

棋戦名
順位戦
対局日
3月15日
対局相手
対局場所
持ち時間
各6時間
開始時間
午前10:00~

 
★中継情報

  • 携帯アプリ10:00~
  • ニコ生未定
  • AbemaTV9:30~

となっております.+:。(´ω`*)