第3回Abemaトーナメント、チーム永瀬二冠vsチーム広瀬八段戦が6/14に放送。

先鋒・中堅・大将戦、誰と対局になるのか未定ですが、チーム広瀬八段メンバーについて更新します☆

ちなみに、黒沢五段と対局が実現すれば初手合です。
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

黒沢怜生五段の略歴

 
黒沢怜生
出典:http://nekomado.com
生年月日:1992年3月7日(28歳)
2014年10月1日(22歳)プロ入り
師 匠:高橋道雄九段
竜王戦:4組
順位戦:C級2組
得意戦法:振り飛車党(持久戦を得意とする)

2003年9月(11歳)6級 奨励会入会

2007年8月(15歳)初段

2010年10月(18歳)三段

三段リーグ戦は8期目、13勝5敗で2位昇段プロ入り
※増田康宏六段が1位昇段

2014年10月1日(22歳)四段 プロ入り

2016年5月13日(24歳)五段
※竜王ランキング戦連続2回昇級

藤井聡太棋聖と黒沢怜生五段のレーティング・成績比較

レーティング比較

’20年9月22日現在

藤井聡太二冠(1位)1977
黒沢怜生五段(49位)1640

※※レーティングについて※※

簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

戦績と勝率※通算・本年度分

’20年9月22日現在
 
藤井聡太棋聖

対局数 勝率
通算 230 193 37 0.8391
本年 29 24 5 0.8275

※2019年度勝率は0.8153
※2019年度の成績で『勝率』『勝数』1位達成
 
黒沢怜生五段

対局数 勝率
通算 242 149 93 0.6157
本年 8 5 3 0.6250

※2019年度勝率は0.5476
出典:将棋連盟
 

藤井聡太※クラス・Abemaトーナメント勝率

クラス別戦績
棋戦別戦績※藤井棋聖(当時)
Abemaトーナメント通算21勝6敗(0.7777
棋戦別戦績※黒沢五段
Abemaトーナメント通算6勝2敗(0.7500)

第1回、第2回(本戦シード)優勝

Abemaトーナメントの概要・結果など

チーム永瀬二冠vsチーム広瀬八段の対局中継情報

携帯アプリは三番勝負の最終局のみ放送終了後~
AbemaTVは19:00~