第79期B2順位戦、藤井聡太二冠vs中村修九段の対局模様をまとめています。

他の対戦結果次第で、2局を残してB級1組への昇級が本日決まります。⇒本日他力による昇級ならず、昇級は次局に持ち越しです^^

本局形勢を確認する
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

藤井聡太二冠VS中村修九段、対局結果と棋譜

先手番:中村修九段

後手番:藤井聡太二冠

戦 型:矢倉

藤井聡太二冠の戦型データを確認する

~20手目

 
20手目棋譜
20手目
残:中村九段⇒5:40 藤井二冠⇒5:24

~40手目

21.▲36歩
22.▽41玉
23.▲56歩
24.▽73桂
25.▲68銀
26.▽44歩
27.▲79玉
28.▽43銀
29.▲57銀右
30.▽42角
31.▲46銀
32.▽33金
33.▲55歩
34.▽32玉
35.▲56金
36.▽52金
37.▲67銀
38.▽14歩
39.▲16歩
40.▽54歩

 
昼休前棋譜※28手目
28手目
残:中村九段⇒5:15 藤井二冠⇒4:54

昼食は藤井二冠「海老フライ&クリームコロッケ盛り合わせ(イレブン)」、中村九段「うなぎ丼(ふな定)」

40手目棋譜
40手目
残:中村九段⇒4:09 藤井二冠⇒3:39

~60手目

41.▲35歩
42.▽同歩
43.▲同銀
44.▽55歩
45.▲同金
46.▽86歩
47.▲同歩
48.▽85歩打
49.▲24歩
50.▽同歩
51.▲22歩打
52.▽同玉
53.▲25歩打
54.▽86歩
55.▲88歩打
56.▽54歩打
57.▲56金
58.▽25歩
59.▲37桂
60.▽23金

 
※局後のインタビューで、41.▲35歩を後悔されていました(AI推奨手は37桂etc)

※屋敷九段「▲同歩、▽同銀右、▲55歩、▽63銀、恐らくこういう展開を嫌ったんでしょうかね・・これで▲96歩なのか▲68角なのか・・これはじっくりした展開なので、こういう展開の方が中村九段らしい気がしますけど・・中盤の難所という感じで何とも言えないですね」

46.▽86歩。

※屋敷九段「これが機敏な一着だったかもしれませんね。普通だったら34歩で、これはこれで後手も不満ないと思うんですけどね、▲46銀と引いてどうなるか?という展開ですけど。34歩の筋があるから何か受けてくれるだろうというのが普通ですけど、ちょっと逃さず機敏な動きだったですね。後手陣も非常に怖いですよね、▲34歩、▽同銀に▲44銀という筋が常に怖い、もちろんうっかりした訳ではないでしょうけど、軽視というんですかね、このタイミングで来られるのは、考えにくいですよね。細かいようですが、非常にうまい手だったと思います。」

49.▲24歩まで。

屋敷九段「形勢は後手持ち、8筋の継ぎ歩が気になる、確実に86歩取られると88歩と押し込まれちゃう形なので、ここを解消するのが非常に難しい、後は▲85歩と手を戻すと同飛車という感じで金銀を狙われてしまう感じですので、現状良い勝負だと思いますけど、ちょっと先手の負担が大きいかなという、ただ後手も嫌な形なので、▲24歩と突かれて金銀交換くらいにはなりそうなので、この辺りでどちらがポイントを上げるか?という感じなのでしょうが、現状は後手を持ちたいですかね・・」

順位戦の連勝記録話題・・

三枚堂七段「森内九段26連勝、次点で羽生さんの21連勝、渡辺さんの19連勝で藤井さんの18連勝」

屋敷九段「じゃあ藤井さんがどこまで伸びて行くかと言うのが興味深い、18の次にまた18ですか」

三枚堂七段「二回やってるって言うのが恐ろしい所ですね」

夕休前棋譜※52手目
52手目
残:中村九段⇒2:54 藤井二冠⇒1:58

藤井聡太二冠「親子丼+冷そば」、中村修九段「天なんうどん+おにぎり」共にやまがそば。

60手目棋譜
60手目
残:中村九段⇒2:34 藤井二冠⇒1:07

~80手目

61.▲65歩
62.▽36歩打
63.▲44銀
64.▽85桂
65.▲66角
66.▽44銀
67.▲同角
68.▽33銀打
69.▲71角成
70.▽33歩成
71.▲25飛
72.▽34銀
73.▲64歩
74.▽25銀
75.▲63歩成
76.▽66歩打
77.▲66金
78.▽68歩打
79.▲同玉
80.▽47と

 
64.▽85桂(AI推奨手)まで。

屋敷九段「指されましたね、いやぁこういう手はなかなか見えませんね。ちょっと飛車先が重くなっちゃうんで・・中村九段も頭抱えちゃいますよね(実際抱えてます・・・)」

※屋敷九段「本譜はこの64.▽85桂をうまく生かした指し方をしましたね。」

中村九段「そうですかー・・・※ぼやき」

屋敷九段「恐らく読んでないのでは・・驚いた感じの1手だと思いますよねぇ、視野に入っていたけどやってきたか・・という感じか全く読んでいないか、ですよね、纏まって読みを入れると思います。」

「効果が見えにくい、損には見えるけど、その後数手進んだときに効果が表れるという手ですので・・▽65歩、▲同金、▽44銀、▲同角・・▽33銀みたいな・・こういうときに桂馬を先逃げしているのが大きい、というのが藤井二冠の読みですね」

AI推奨は24歩打でしたが、藤井二冠72.▽34銀。

※インタビューにて中村九段、この銀が辛かったとのこと

屋敷九段「これは危ないですけど、決めに行った手ですね、強い手。」

中村九段飛車取りを放置して、73.▲64歩、形勢が大きく藤井二冠へ振れました。

78.▽68歩打が決めて。

※屋敷九段「本譜は同玉でしたが、▲同金だと▽87桂みたいな感じなんでしょうか?▲同歩、▽同歩成、これがなかなか厳しい。受けはもう効かない感じなので、▲82馬くらいなんでしょうが、▽88歩くらいでいんでしょうか?もう詰めろという感じ。」

80手目棋譜
80手目
残:中村九段⇒1:50 藤井二冠⇒0:16

~100手目

81.▲58歩打
82.▽24角
83.▲35歩打
84.▽65歩打
85.▲同金
86.▽81飛
87.▲同馬
88.▽35角
89.▲46歩打
90.▽同角
91.▲57銀打
92.▽同と
93.▲同歩
94.▽49飛
95.▲
96.▽
97.▲
98.▽
99.▲
100.▽

 
94手まで、中村九段投了。

投了図
投了図


藤井 中村修 形勢 順位戦
※AIによる評価値は、とても人間には見えない着手も含む数字であることをご理解の上、ご参考程度にどうぞ

本局タラレバ検討会は「飯島七段と増田六段」^^♪ビデオにアップされているようです♪



 

藤井聡太二冠と中村修九段の対局前後のコメント

 

局後インタビュー
  • 藤井聡太二冠
  • 『序盤は先手の方が手厚い形になって、少し自信がないのかなと思って指していました。それからこちらの玉が薄い状態が続いたので解からなかったです。』

    『8筋を詰めたところは悪くないと思っていたのですが、その後どういう方針で指すのか難しくて、本譜は攻め合いに行ったんですが、呼び込みすぎたかもしれないので、その辺りは解からなかったです。』

    『78.▽68歩打と打つ手が見えて、勝を意識したわけではありませんが、少し行けそうなのかな・・?と思いました。』

    『(飛車のタダ捨て)部分的に角を出た手が厳しいので、行けそうかなという風に思っていました。』

    『一度負けたときには、ここまで積み重ねられるとは思っていなかったので、ただ、なんとういか、順位戦残り2局が大事だと思っているので、結果を出せるように頑張りたいと思います。』

    『どの対局も同じ気持ちで臨んでいるつもりではありますが、順位戦の6時間は自分に合っているのかな・・?と思います。』

    『今年は年開けてから、割とすぐに対局があったんですけど、普段通り指せたのかなと思います。』

    『多少のんびりした気分で、ネットで対局をしたりして、年末年始過ごしていました。』

    『(朝日杯)比較的持ち時間が短い対局になるので、集中して良い将棋を指せるようにしたいと思います。』

  • 中村修九段
  • 『今日はとにかく、粘ろうと思って指していたんですが、攻める将棋かな?という風に思って結果的に攻めてしまったんですけど、うまいタイミングで反撃されて、ちょっと自分の思ってたイメージと違う展開になってしまったのが残念です。』

    『こんなに丁寧に受けられるとは思わなかったので、途中から全然攻めが続かないような感じになってしまって、随分、序盤の41.▲35歩後悔していました。』

    『鋭い手がいくつもあって、そういうのをすごく気にして、本譜も64.▽85桂とか86.▽81飛とか、そういう手も気にしていたんですけど、実際指してみると、長い時間、じっくり読んで、しっかりと指して、こちらの手を読み切るという感じが強く感じましたね。こちらは昭和の感覚でなんとかなるかな?という感覚で攻めて行ったんですけど、どうもしっかりと読み切られていますと、どの変化もなんか、息切れする変化が多くて、結果的にしっかりと受けられて反撃という形で、完敗という感じがしました。』

    『(73.▲64歩)あれまずかったですかね?底歩打たないと粘れないかと思って、飛車切って取るてもあるかもしれないけど、ちょっとしかし、底歩が打てないとダメかと思ってとりあえず、まぁどっちか取ってくれたらいいなと思って 笑 まぁでもなんか、ちょっとあそこでちょっと足りないかな?と思いました。飛車走ったときに、歩とか弱気に打ってくれれば(24歩打)勝負になると思ってましたけど、強く銀垂らされて(72.▽34銀)辛いなと思ってました。』

    『(和装)藤井さんとなかなか指す機会もないですから、自分自身に気合を入れようと、そういった意味で指してたんですけどね、途中までは良かったんですが、肝心なところで集中できず、それが悔やまれます。』

    『楽しみにしてましたので、楽しかったんですけど、まだまだしかし、なんかダメですね 笑 もう少し良い将棋をしたかったなと・・』

 

藤井聡太二冠の次の対局予定※一応、1/17vs大石七段戦(朝日杯)

17日までに、竜王戦2組R戦などが入る可能性がありますが、解かり次第追記します。

現時点では、1/17大石七段戦(朝日杯)が最新です。

1/9 朝8時~
藤井聡太二冠vs里美香奈女流王位
王位戦記念対局
持ち時間藤井二冠10分、里美女流60分

AbemaTVにて放送予定とのこと

【1月17日】vs大石直嗣七段【第14回朝日杯本戦】

対局相手
クラス別戦績
過去対局
持ち時間
各40分
時間別戦績
1時間未満棋戦通算48勝11敗(0.8135)
対局場所
名古屋国際会議場
開始時間
10:00~※1
リーグ表

過去対局

※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 対局時クラス 手番 戦型 手数 棋戦名 棋譜
2018/12/25 B2 角換わり 120手 第90期棋聖戦二次予選 棋譜
2018/4/24 B2 角換わり 133手 第44期棋王戦予選 棋譜
2017/8/22 B2 相掛かり 166手 第11回朝日杯一次予選 棋譜

 

中継情報

携帯アプリ10:00~
恐らくAbemaTVで中継あり
※解説者:未定
※聞き手:未定
※1 勝者は午後~「豊島二冠vs飯島七段の勝者」と14:00~
 
となっております.+:。(´ω`*)