第3回Abemaトーナメント、藤井聡太七段(現二冠)vs広瀬章人八段の対局模様をまとめています。

チーム広瀬八段は、チーム永瀬二冠の先鋒・中堅・大将を予想してこの順に決定されたようです^^
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

藤井聡太七段(現二冠)VS広瀬章人八段、対局結果(1局目)

アベマトーナメント結果

先手番:広瀬章人八段

後手番:藤井聡太七段(現二冠)

戦 型:矢倉

~20手目

 
20手目棋譜
20手目

~40手目

 
40手目

~60手目

41.▲65歩
42.▽73角
43.▲18飛
44.▽64歩
45.▲同歩
46.▽同角
47.▲65歩打
48.▽53角
49.▲26銀
50.▽45歩
51.▲35歩
52.▽同歩
53.▲15歩
54.▽同歩
55.▲同銀
56.▽同香
57.▲同飛
58.▽13歩打
59.▲37桂
60.▽34銀

 
60手目棋譜
60手目

~80手目

61.▲46歩
62.▽86歩
63.▲同銀
64.▽66歩打
65.▲同金
66.▽36歩
67.▲45桂
68.▽44角
69.▲55歩
70.▽37歩成
71.▲33歩打
72.▽42金
73.▲77角
74.▽75歩
75.▲54歩
76.▽45銀
77.▲同歩
78.▽33角
79.▲44香打
80.▽69銀打

 
80手目棋譜
80手目

66.▽36歩~広瀬八段有利、ソフトは46歩、26銀打などを推奨、さらに74.▽75歩⇒85歩の方が有力?

~100手目

81.▲43香成
82.▽同金
83.▲53歩成
84.▽同金
85.▲34歩打
86.▽15角
87.▲同香
88.▽78銀成
89.▲同玉
90.▽18飛打
91.▲58歩打
92.▽54香打
93.▲71角打
94.▽76歩
95.▲同金
96.▽66歩打
97.▲53角成
98.▽58飛成
99.▲68銀打
100.▽12玉

 
100手目棋譜
100手目

101手~120手目棋譜

101.▲88玉
102.▽78金打
103.▲同玉
104.▽67歩成
105.▲88玉
106.▽77と
107.▲同銀
108.▽86歩打
109.▲同金
110.▽55角打
111.▲59金打
112.▽77角成
113.▲同桂
114.▽79銀打
115.▲同玉
116.▽67桂打
117.▲89玉
118.▽59桂成
119.▲44角打
120.▽

 
投了図
投了図

形勢図
形勢
※ご参考程度にどうぞ
 
スポンサーリンク

藤井聡太七段(現二冠)VS広瀬章人八段、対局結果(2局目)

アベマトーナメント結果

先手番:藤井聡太七段(現二冠)

後手番:広瀬章人八段

戦 型:角換わり腰掛け銀

1手~20手目棋譜

 
20手目棋譜
20手

21手~40手目棋譜

 
40手目棋譜
40手目

41手~60手目棋譜

41.▲25歩
42.▽52玉
43.▲67銀
44.▽42玉
45.▲56歩
46.▽52玉
47.▲55歩
48.▽42玉
49.▲56銀
50.▽52玉
51.▲67金
52.▽42玉
53.▲78玉
54.▽52玉
55.▲57金寄
56.▽42玉
57.▲58金
58.▽52玉
59.▲67金
60.▽42玉

 
60手目棋譜
60手目

61手~80手目棋譜

61.▲45桂
62.▽44銀
63.▲24歩
64.▽同歩
65.▲同飛
66.▽23歩
67.▲29飛
68.▽22金
69.▲88玉
70.▽52金
71.▲68金
72.▽62金
73.▲78金
74.▽52銀
75.▲67銀
76.▽63銀
77.▲59飛
78.▽32金
79.▲56銀
80.▽52銀

 
80手目棋譜
80手目

81手~100手目棋譜

81.▲29飛
82.▽22金
83.▲35歩
84.▽同銀
85.▲15歩
86.▽同歩
87.▲54歩
88.▽同歩
89.▲55歩打
90.▽44歩
91.▲54歩
92.▽45歩
93.▲36歩打
94.▽44銀
95.▲15香
96.▽86歩
97.▲同銀
98.▽85桂打
99.▲11香成
100.▽76桂

 
100手目棋譜
100手目

広瀬八段、95.▲15香を手抜く。

101手~120手目

101.▲77玉
102.▽33桂
103.▲24歩打
104.▽11飛
105.▲12歩打
106.▽同飛
107.▲19香
108.▽18歩打
109.▲23歩成
110.▽17飛成
111.▲67銀
112.▽28歩打
113.▲59飛
114.▽23金
115.▲18香
116.▽27龍
117.▲38角打
118.▽18龍
119.▲76銀
120.▽85歩打

 
120手目棋譜
120手目

広瀬八段、102.▽33桂。

藤井七段(当時)、103.▲24歩打⇒45歩、26角打の方がよかったかも・・ここ~広瀬八段ペース。

~140手目

121.▲97銀
122.▽15角打
123.▲37桂打
124.▽25桂
125.▲53歩成
126.▽同銀
127.▲26歩打
128.▽同角
129.▲57飛
130.▽56歩
131.▲47飛
132.▽19龍
133.▲79歩打
134.▽37桂成
135.▲同金
136.▽55桂
137.▲26金
138.▽47桂成
139.▲同角
140.▽57飛

 
投了図
投了図

形勢
形勢
※ご参考程度にどうぞ

藤井七段(当時)、次戦は大将戦vs羽生九段です。

藤井聡太七段(現二冠)と広瀬章人八段、対局前後のコメント

 

局後インタビュー
  • 藤井聡太七段(現二冠)
  • 『(対局前)広瀬八段はこのAbemaトーナメントに出場されるのは初めてですので、どんな感じで指されるのか様子を見ながらということにはなるかなと思います。』

    『(対局前)最後、永瀬二冠が非常に心強い存在ですので、自分が落ち着いてしっかり指したいと思います。』

    『(対局後)途中で迷ってしまって、次はなんとかそこを修正したいと思います。』

    『(対局後)中盤の駒がぶつかったあたりで、長考した結果、多分悪い手を指してしまったと思うので、そのあたりを直したいなと思います。』

    『(対局後)この持ち時間でも非常に落ち着いて指されていて、強敵だなと思いました。』

    『(2局目対局後)途中うっかりがあったので、少し残念な内容になってしまったかなと思います。』

    『(2局目対局後)こちらがどっかで具体的に動かなければいけない展開だったんですけれど、それがなかなか見つけることができなかったのが、少しそこで時間が減ってしまったのが結果的に響いてしまったのかなと思います。』

    『永瀬さんと増田さんには申し訳ない結果になってしまったんですけど、次の対局もありますので、なんとか自分自身も気を取り直して頑張りたいと思います。』

  • 広瀬章人八段
  • 『(対局前)先鋒、黒沢五段が2勝1敗で勝利で終えて来てくれたので、チームの士気としては非常に盛り上がっていますね。わたし個人としては対戦相手が藤井七段(当時)なので、このルール初めてですし、不安な要素も多くあるんですけれど、ここはですね、チャンピオンに教わるつもりで謙虚に頑張りたいと思います。』

    『(対局前)観ていて、本当に面白いルールだなという風には思っています。ただ実際やる側は、かなり大変だなというのは第1回Abemaトーナメントのときから感じていまして、実際その対局者になるので、大変だなと思いつつも面白い将棋になればなという風にも思ってはいますね。』

    『(対局後)とりあえず、最低限の仕事を果たしたというところですね。基本的にはこのルールだと互角かなという展開かな?ちょっと苦しいとは思ってたんですけど、中盤から終盤にかけて藤井さんの方に緩手というか、方針ミスが出て、少しリードを奪ったかな、そのリードをなんとか逃げきったというところかなと思います。』

    『(対局後)勝因は確かに持ち時間で少しプレッシャーをかけたというか、時間が無くなってきた帯で藤井さんに間違いが出たと思っているので、そこをうまく突けたのかなと思っていますね。』

    『(2局目対局後)正直意外でしたね、やっぱり藤井さんがこのルールで強いことは実証済ですし、わたし自信は初めてで、そんなに早指しが得意という感じではないので、そう言った意味でも自分が一番驚いていますね。』

    『(2局目対局後)形としては一番良い形で、団体戦ということでは勝利を決めることができたので、リーダーとしての威厳も保たれたかなというところですね。』

藤井聡太七段(現二冠)の次の対局予定※6/20vs杉本昌隆八段(竜王戦)

【6月20日】VS杉本昌隆八段【第33期竜王戦3組R戦】

対局相手
B2棋士との戦績
過去対局
持ち時間
各5時間
5時間棋戦戦績
通算33勝6敗(0.8461)
対局場所
関西将棋会館
開始時間
10:00~
トーナメント表

過去対局

※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 対局時クラス 手番 戦型 手数 棋戦名 棋譜
2018/3/8 C1 先(千) 四間飛車 111手 第68期王将戦一次予選 棋譜

 

中継情報

携帯アプリは恐らく10:00~
AbemaTV9:30~
※解説者&聞き手はまだ未定
 
となっております.+:。(´ω`*)