第33期竜王戦、藤井聡太七段vs千田翔太七段の対局模様をまとめています^^

勝者は杉本昌隆八段と対局が決定しています。
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

藤井聡太七段VS千田翔太七段、対局結果

先手番:藤井聡太七段

後手番:千田翔太七段

戦 型:矢倉
先(5勝1敗-勝率:0.8333)
1敗は王将戦挑決Lの広瀬竜王(現八段)戦

藤井聡太七段の戦型データを確認する

~20手目

及川六段「杉本先生も藤井さんが活躍する様になってから再び活躍する様になったのかなと言う印象です。元々お強い方なんですが、師匠である杉本先生も活躍されてる、そこが凄いなと思います」

20手目棋譜
20手目棋譜
残:藤井七段⇒4:57 千田七段⇒5:00

~40手目

40手目棋譜
40手目
残:藤井七段⇒4:33 千田七段⇒4:30

~60手目

41.▲75歩
42.▽87歩
43.▲79角
44.▽75歩
45.▲74歩
46.▽85桂
47.▲87金
48.▽77桂不成
49.▲同桂
50.▽同角成
51.▲同金
52.▽89飛成
53.▲59金
54.▽85桂
55.▲88飛
56.▽77桂不成
57.▲同銀
58.▽99龍
59.▲73歩成
60.▽76香

 
お昼前棋譜 52手目
52手目
残:藤井七段⇒4:10 千田七段⇒4:29

昼前形勢は互角。
形勢

千田七段:注文なし、藤井七段:肉豆腐(キムチ)「鳩やぐら」

うーん、午後~どうなるんでしょう・・

※47.▲87金を軽視されていたとのこと

昼休明け、53.▲59金、54.▽85桂打で藤井七段の長考が続いています。。14:00時点。

※53.▲59金が好手、感想戦にてですがこの手で投了を考えたそうです・・・

14:25分ごろ局面が動き出し、55.▲88飛、56.▽77桂不成、57.▲77同銀、58.▽99龍で先手藤井七段有利(527)。

59.▲73歩成、60.▽76香。

60手目棋譜
60手目
残:藤井七段⇒2:07 千田七段⇒4:04

~80手目

61.▲62と
62.▽31玉
63.▲81飛成
64.▽22玉
65.▲76銀
66.▽同歩
67.▲78歩打
68.▽87歩打
69.▲24桂打
70.▽同歩
71.▲同歩
72.▽77桂打
73.▲58玉
74.▽79龍
75.▲68銀打
76.▽
77.▲
78.▽
79.▲
80.▽

 
71.▲同歩でAbemaAIは藤井七段72%、千田七段28%、千田七段長考中。

約50分の長考で、72.▽77桂打と王手。。。

75.▲68銀打まで、藤井七段優勢(1038)、千田七段苦しそう・・AbemaAIは藤井七段89%、千田七段11%になってます。

夕休へ、千田七段:親子丼(ご飯小)「ほそ島や」、 藤井七段:玉子とじうどん「ほそ島や」

夕休前、75手目棋譜
75手目
残:藤井七段⇒0:58 千田七段⇒2:47

序盤早々に千田七段が飛車を成ったんですが、 藤井七段が飛車の横効きを通す53.▲59金(金引き)が好手で、現状は藤井七段が優勢となってます。

が・・・対局場の雰囲気がおかしい・・・

千田七段が記録係の方へお声がけされたんですが、記者人のことを気にされているような発言。。投了予告・・・?

千田七段「記者室の方に声かけてください」・・・?

行方九段「記者室の方に声かけて・・・え?あれ?・・・これ・・要するに投げるってことなんじゃ・・そっか、ひょっとしたら・・皆さん画面から目を離さない方がいいですよ・・」

行方九段「6時になったら教えてくれってことは、それまでにわたしは何かしらの決断をするってことですよね?・・」

千田七段、気を配られて・・隣では竜王戦別対局も行われているので、夕休の時間を使ってインタビューと感想戦ということだったのか・・

17:59やはり投了、75手まで、千田七段投了となりました。

行方九段「千田さんが最初からここまで押されて負けるって見たことないですね」

藤井七段は2組昇級決定、次戦は杉本八段と3組決勝戦。

本日の形勢(こちら技巧2)
形勢
※ご参考程度にどうぞ
 
スポンサーリンク

藤井聡太七段と千田翔太七段の対局前後のインタビュー

 

コメント

  • 藤井聡太七段
  • 『結構激しい展開になってよく解からなかったですけど、最後はなんとか勝つことができました。』
       
    『際どいと思っていたので、はっきり勝になったと思ったところはなかったです。』

    『(師匠と戦うことについて)ランキング戦という大きな舞台で戦えるというのは楽しみです。』
     

  • 千田翔太七段
  • 『ちょっと、午前中で将棋が終わってしまいましたね、あとは形作りでしたね。。』

    『飛車を成ったあたりで誤算があって、あとは形勢を大きく損ねてしまって劣勢が続いたと思います。』

急戦矢倉。藤井七段の駒得も自陣に龍を作られ、難解な展開へ。

藤井七段優勢ながらも1手のミスも許されないような展開。

その後、正確な指し回しで夕休前にはかなりの形勢差となり、千葉七段は先を悲観されてか少し早めの投了となりました。

藤井聡太七段の次の対局予定※菅井八段戦(王位戦)

この対局の前に4/4は、Abemaトーナメントドラフトが開催されます☆

【4月10日】VS菅井竜也八段【第61期王位戦紅白L】

対局相手
B1級棋士との戦績
過去対局
王位戦戦績
通算13勝2敗(0.8666)
持ち時間
各4時間
4時間棋戦戦績
通算33勝8敗(0.8048)
対局場所
関西将棋会館
開始時間
10:00~

中継情報

携帯アプリ恐らく10:00~
AbemaTV恐らく9:30~現在未定
※解説者:
※聞き手:
 

過去対局

藤井聡太七段の3勝2敗中
※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 対局時クラス 手番 戦型 手数 棋戦名 棋譜
2020/3/31 B1 後(千) 四間飛車 146手 第91期棋聖戦挑決T 棋譜
2020/1/19 B1 ゴキゲン中飛車 168手 第13回朝日杯本戦 棋譜
2019/5/31 B1 後(千) ゴキゲン中飛車 94手 第32期竜王戦4組決勝 棋譜
2018/9/3 B1 ゴキゲン中飛車 133手 第44期棋王戦挑決T 棋譜
2017/8/4 B1 ゴキゲン中飛車 81手 第67期王将戦一次予選 棋譜

 
となっております.+:。(´ω`*)