Abemaトーナメント、藤井聡太七段VS木村一基九段の対局模様をまとめています(*'ω'*)

結果は2-1で藤井聡太七段、決勝進出です。
スポンサーリンク

藤井聡太七段VS木村一基九段、対局結果と棋譜(1局目)

先手番:藤井聡太七段

後手番:木村一基九段

戦 型:角換わり腰掛け銀

1手~20手目棋譜

1.▲26歩
2.▽84歩
3.▲76歩
4.▽32金
5.▲25歩
6.▽85歩
7.▲77角
8.▽34歩
9.▲68銀
10.▽77角成
11.▲77同銀
12.▽22銀
13.▲48銀
14.▽62銀
15.▲36歩
16.▽64歩
17.▲78金
18.▽33銀
19.▲46歩
20.▽63銀

 
20手目棋譜
20手

形勢互角。

21手~40手目棋譜

21.▲47銀
22.▽74歩
23.▲68玉
24.▽42玉
25.▲96歩
26.▽94歩
27.▲37桂
28.▽14歩
29.▲16歩
30.▽73桂
31.▲48金
32.▽81飛
33.▲29飛
34.▽62金
35.▲66歩
36.▽54銀
37.▲56銀
38.▽31玉
39.▲35歩
40.▽35同歩

 
40手目棋譜
40手

形勢、互角。

41手~60手目棋譜

41.▲45桂
42.▽42銀
43.▲15歩
44.▽15同歩
45.▲24歩
46.▽24同歩
47.▲24同飛
48.▽23歩
49.▲29飛
50.▽44歩
51.▲75歩
52.▽75同歩
53.▲74歩
54.▽45歩
55.▲73歩成
56.▽73同金
57.▲44桂
58.▽33金
59.▲45銀
60.▽43銀引

 
60手目棋譜
60手

形勢、互角。

61手~80手目棋譜

61.▲34歩
62.▽24金
63.▲55角
64.▽22桂
65.▲65歩
66.▽54歩
67.▲64角
68.▽64同金
69.▲64同歩
70.▽74角
71.▲56歩
72.▽47歩
73.▲58金
74.▽34桂
75.▲34同銀
76.▽48歩成
77.▲23銀成
78.▽58と
79.▲79玉
80.▽33金

 
66.▽54歩で、羽生九段が『あ・・・、これは取られると飛車走られちゃうんじゃないかな?』

※54同銀⇒同銀⇒24飛(32金までの詰めろ)・・・一瞬でした。。

その後、木村九段、74.▽34桂。。。ここで一気に形勢が藤井七段優勢へ。。本局の分岐です。
74、34桂

80手目棋譜
80手

81手~100手目棋譜

81.▲24飛
82.▽44銀
83.▲63金
84.▽43角
85.▲32歩
86.▽
87.▲
88.▽
89.▲
90.▽
91.▲
92.▽
93.▲
94.▽
95.▲
96.▽
97.▲
98.▽
99.▲
100.▽

 
85手まで、木村九段投了となりました。

投了図
投了図

技巧2による形勢判断
形勢
※ご参考程度にどうぞ

藤井聡太七段VS木村一基九段、対局結果と棋譜(2局目)

藤井七段VS木村九段

先手番:木村一基九段

後手番:藤井聡太七段

戦 型:相掛かり

1手~20手目棋譜

1.▲26歩
2.▽84歩
3.▲25歩
4.▽85歩
5.▲78金
6.▽32金
7.▲38銀
8.▽72銀
9.▲96歩
10.▽94歩
11.▲68玉
12.▽52玉
13.▲76歩
14.▽86歩
15.▲86同歩
16.▽86同飛
17.▲24歩
18.▽24同歩
19.▲24同飛
20.▽23歩

 
20手目棋譜
20手目、23歩

形勢、互角。

21手~40手目棋譜

21.▲26飛
22.▽85飛
23.▲87歩
24.▽74歩
25.▲36歩
26.▽73桂
27.▲37桂
28.▽34歩
29.▲24歩
30.▽24同歩
31.▲24同飛
32.▽35歩
33.▲46歩
34.▽36歩
35.▲45桂
36.▽37歩成
37.▲37同銀
38.▽23歩
39.▲34飛
40.▽88角成

 
40手目棋譜
40手、88角成

形勢、互角。

41手~60手目棋譜

41.▲88同銀
42.▽33歩
43.▲74飛
44.▽47角
45.▲56角
46.▽56同角成
47.▲56同歩
48.▽62金
49.▲95歩
50.▽47角
51.▲38角
52.▽38同角成
53.▲38同金
54.▽42銀
55.▲22歩
56.▽22同金
57.▲94歩
58.▽65桂
59.▲77桂
60.▽73歩

 
60手目棋譜
60手、73歩

形勢、互角。

この73歩を見て、羽生九段『はぁ、なるほど、さすがって感じですね。。』。

※75飛だと57角でとれる、取ってから73歩を打つと75飛のときに57角が打てないので、一瞬の手順のあやとのこと。

この辺りは藤井七段がペースを掴んだかな??という局面。

61手~80手目棋譜

61.▲85桂
62.▽74歩
63.▲84角
64.▽44歩
65.▲71飛
66.▽61金
67.▲91飛成
68.▽83歩
69.▲93角成
70.▽45歩
71.▲73香
72.▽84桂
73.▲72香成
74.▽72同金
75.▲92龍
76.▽82香
77.▲81龍
78.▽71飛
79.▲82馬
80.▽81飛

 
80手目棋譜
80手、81飛

形勢、互角。

81手~100手目棋譜

81.▲81同馬
82.▽76桂
83.▲58玉
84.▽57飛
85.▲49玉
86.▽47角
87.▲48銀打
88.▽58飛成
89.▲39玉
90.▽38角成
91.▲38同玉
92.▽47金
93.▲27玉
94.▽37金
95.▲37同銀
96.▽78龍
97.▲72馬
98.▽
99.▲
100.▽

 
97手まで、藤井七段投了となりました。

投了図
投了図

※羽生九段、藤井七段の86.▽47角に対して⇒87.▲48銀打と打った手が流石という受けの1手で、これが決めてとなったと思いますとのこと。

技巧2による形勢判断
形勢
※ご参考程度にどうぞ

藤井聡太七段VS木村一基九段、対局結果と棋譜(3局目)

藤井七段VS木村九段

先手番:藤井聡太七段

後手番:木村一基九段

戦 型:角換わり腰掛け銀

1手~20手目棋譜

1.▲26歩
2.▽84歩
3.▲76歩
4.▽32金
5.▲25歩
6.▽85歩
7.▲77角
8.▽34歩
9.▲68銀
10.▽77角成
11.▲77同銀
12.▽22銀
13.▲48銀
14.▽62銀
15.▲36歩
16.▽33銀
17.▲78金
18.▽64歩
19.▲46歩
20.▽63銀

 
20手目棋譜
20手、63銀

形勢、互角。

21手~40手目棋譜

21.▲68玉
22.▽74歩
23.▲96歩
24.▽94歩
25.▲37桂
26.▽42玉
27.▲47銀
28.▽73桂
29.▲48金
30.▽14歩
31.▲16歩
32.▽81飛
33.▲29飛
34.▽62金
35.▲66歩
36.▽54銀
37.▲56銀
38.▽31玉
39.▲35歩
40.▽35同歩

 
40手目棋譜
40手、35同歩

形勢、互角。

41手~60手目棋譜

41.▲45桂
42.▽42銀
43.▲24歩
44.▽24同歩
45.▲24同飛
46.▽23歩
47.▲29飛
48.▽44歩
49.▲75歩
50.▽75同歩
51.▲74歩
52.▽45歩
53.▲73歩成
54.▽73同金
55.▲44桂
56.▽33金
57.▲45銀
58.▽43銀引
59.▲34歩
60.▽24金

 
羽生九段、57.▲45銀辺りで『あぁ~・・なるほど~なんか・・趣旨が解かりました。。これなんか、43銀引⇒34歩⇒24金となったときに、突き捨てが入ってないと、25歩で金が取れるということなんですねぇ・・よく短い時間で修正しますね・・ハハハ・・なんかね(しばらく笑いが止まりません)』

『ここで55角なのかどうかは解からないですけど、でも確かに(1筋の)突き捨てを入れていないことがプラスになる変化はあります。短い時間に色々なこと考えてるんですねぇ。』

60手目棋譜
60手、24金

形勢、互角。

61手~80手目棋譜

61.▲97桂
62.▽74角
63.▲56角
64.▽56同角
65.▲56同歩
66.▽25桂
67.▲85桂
68.▽85同飛
69.▲26歩
70.▽47歩
71.▲25歩
72.▽48歩成
73.▲24歩
74.▽47角
75.▲32金
76.▽
77.▲
78.▽
79.▲
80.▽

 
※67.▲85桂と跳んだ手が勝利の1手とのこと

羽生九段、木村九段の70.▽47歩をみて『あぁ、また際どい利かしを。。』
70手、47歩

その次の藤井七段の71.▲25歩を見て『あぁ、そうですね、あぁもう流石ですね。これ、金取った手が詰めろなんですよ。』とのこと。

75手まで、木村九段投了となりました。

羽生九段『う~ん・・恐ろしい。。』

投了図
投了図

技巧2による形勢判断
形勢
※ご参考程度にどうぞ

次は決勝戦、糸谷哲郎八段との対局になります(*'ω'*)

スポンサーリンク

藤井聡太七段と木村一基九段の対局前後のコメント

 

コメント

  • 藤井聡太七段
  • 『木村九段は非常に受けが強い相手で、ここでの将棋を見ているとかなり早指しも得意にされているようなので、思いっきりぶつかっていけたらなと思います。(対局前)』

    『勢いよく攻め込んでいったんですけど、力強く受け止められて、ちょっとこっちの攻めが細い形になってしまった気がしたんですが、その中でもなんとか攻めが切れないように指したのが良かった気がします。(1局目)』

    『途中、放心が定まらなかったというか。。そんな中で時間、形勢ともに少し苦しくなってしまったのかなと思います。短い時間の中で正確に判断するのは難しかったですけど、特に最終盤ではっきり負けという変化を選んでしまったので、そこが課題かなという気がします。(2局目)』

    『全体的に力強く指されて、こちらが押される展開が多かった気がするので、大変な強敵という風に感じました。(3局目)』

  • 木村一基九段
  • 『藤井七段はどこから見ても弱点がないような感じのする方です。むしろ比べてしまうと私の方が欠点だらけみたいに思えてしまうくらいです。どう見ても彼の方が年下なんですけれど、思いっきりぶつかっていきたいなと思います。(対局前)』

    『ちょっと勝負所でぬるい手が出たような気がします。そこが良くなかったですかね。良い勝負かと思っていたんですが、急所で良くない手をうまく咎められたような気がします。(1局目)』

    『勝てて良かったです。最後まで分かりませんでした。仕掛けも無理だったように思いますので、勝因というのは解からないままです。。(2局目)』

    『やっぱり悔しいですね。。。負けると。でも、うまく指されました。1局目と同じもの(戦法)にしたんですけど、うまく対策を練られて。あんまり勝負どころがないままになってしまったのが、ちょっと悔やまれるところですね。』

藤井聡太七段の次の対局予定はいつ??

【7月18日】VS佐藤康光九段【第69期王将戦】

棋戦名
第69期王将戦
対局放送日
7月18日
対局相手
対局場所
東京将棋会館
持ち時間
各3時間
開始時間
10:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリ10:00~
  • AbemaTVなし
  • ニコ生なし
  • 将棋プレミアムで9:40~独占配信
  • ※¥500/1DAYがおすすめ(当日券は¥800)
    ※解説者:及川拓馬六段
    ※聞き手:中村桃子女流初段

  • 将棋チャンネルでも放送有(13:00-終局)
  • ※スカパーなどの環境必須

【7月23日】VS豊島将之三冠(現名人)【第32期竜王戦本戦】

棋戦名
第32期竜王戦本戦
対局日
7月23日
対局相手
対局場所
関西将棋会館
持ち時間
各5時間
開始時間
10:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリ10:00~
  • AbemaTV9:30~
  • ※解説者:未定
    ※聞き手:未定

  • ニコ生9:50~
  • ※解説者:未定
    ※聞き手:未定

  • 将棋プレミアム9:40~
  • ※第1部解説者:10時開始予定⇒佐々木大地五段
    ※第1部聞き手:10時開始予定⇒井道千尋女流二段
    ※第2部解説者:10時開始予定⇒八代弥七段
    ※第2部聞き手:10時開始予定⇒安食総子女流初段

  • 将棋チャンネル10:00-12:00、14:36-終局
  • 竜王戦中継ブログ10:00~
大盤演説会もあります☆
詳しくはこちら
解説者:谷川浩司九段、聞き手: 長谷川優貴女流二段

【7月23日】VS豊島将之三冠(現名人)【第27期銀河戦】

棋戦名
第27期銀河戦
対局放送日
7月23日
対局相手
対局場所
スタジオ
持ち時間
各15分
開始時間
20:00~&13:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリなし
  • ニコ生銀河チャンネルで20:00~
  • ※銀河チャンネル購入必須

  • 将棋プレミアムで7/23~配信開始
  • ※解説者:飯塚祐紀七段
    ※聞き手:鈴木環那女流二段
    ※ゴールド会員登録が必須

  • 将棋チャンネルで13:00-14:36
  • ※スカパーetcの契約必須

【8月6日】VS金井恒太六段【第78期順位戦】

棋戦名
第78期順位戦
対局日
8月6日
対局相手
対局場所
持ち時間
各6時間
開始時間
10:00~

★中継情報★

  • 携帯アプリ10:00~
  • Abema未定
  • ニコ生恐らくなし
  • 名人戦棋譜速報10:00~

【8月11日】VS三浦弘行九段【JT杯】

棋戦名
JT杯
対局日
8月11日
対局相手
対局場所
福岡国際センター
持ち時間
各10分
開始時間
15:35開演予定

★中継情報★

  • 携帯アプリ未定
  • Abema、ニコ生未定
  • JT公式サイト棋譜中継恐らくあり
現地観戦あり:15:35開演(13:40開場)
一般観戦エリアは事前申込不要で入場可能、満員の際は入場をお断りする場合がありますとのこと
優先観戦エリア申込:2019年7月5日(金)0:00~7月18日(木)24:00
※多数の場合は抽選⇒詳しくはこちら
大盤解説:山崎隆之八段、聞き手:竹部さゆり女流四段

【8月11日】VS阪口悟六段【第69回NHK杯】

※対局は6/24に終了、収録済

棋戦名
第69回NHK杯
対局放送日
8月11日
対局相手
対局場所
スタジオ
持ち時間
各10分
放送開始時間
10:30~

★中継情報★

  • 携帯アプリなし
  • Abema、ニコ生なし
  • ※銀河チャンネル購入必須

  • NHKで10:30~

対局者確定&日程が決定していない対局

  • とりあえず、今のところありません

◆◆対局者未確定◆◆
※第5期叡王戦(豊川孝弘七段or村山慈明七段)
※第91期棋聖戦(平藤眞吾七段or竹内雄悟五段)
となっております.+:。(´ω`*)