第91期棋聖戦一次予選への欄、決勝。

8月22日午前中に、竹内雄悟五段VS平藤眞吾七段の対局があります。

午後~はその勝者と藤井七段が対局になりますが、平藤七段との対局が実現すれば、藤井聡太七段とは4戦目の対局となります⇒竹内五段勝利のため、対局は実現しませんでした。
スポンサーリンク


 

平藤眞吾七段の略歴

 
平藤眞吾七段
出典:https://twitter.com
 
生年月日:1963年10月15日(55歳)
1991年4月1日(27歳)プロ入り
出身地:大阪府豊中市
師 匠:賀集正三七段
竜王戦:6組
順位戦:C級1組
得意戦法:オールラウンドプレーヤー

1980年10月(16歳)5級で奨励会入会

1983年(20歳)で初段

1987年(24歳)で三段

三段リーグは6期、15勝3敗2位でプロ入り
※1位でプロ入りされたのは藤井猛九段

1991年4月(27歳)プロ入り

1996年3月(32歳)五段

2002年11月(39歳)六段

2004年第63期順位戦でC級1組へ昇級決定

2011年10月(48歳)七段

新進気鋭の若手棋士との対戦成績が抜群に良いことから『若手キラー』とも呼ばれております。
※佐藤天彦名人などに勝った実績もあり

平藤眞吾七段の成績やレーティング

’19年8月20日現在

平藤眞吾七段(123位)1462
藤井聡太七段(4位)1898
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明三冠の1978(8/20現在)。


’19年8月30日現在

平藤眞吾七段

対局数 勝率
通算 899 467 432 0.5194
本年 9 5 4 0.5555

※2017年度勝率は0.4516
 
藤井聡太七段

対局数 勝率
通算 158 133 25 0.8417
本年 22 17 5 0.7727

※2018年度勝率は0.8490
※2018年度の成績で『勝率』1位達成
出典:将棋連盟
 
スポンサーリンク

平藤眞吾七段との対戦結果【過去対局】

藤井聡太七段の3勝0敗
※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 手番 戦型 棋戦名 棋譜
2017/11/21 その他 第66期王座戦一次予選 棋譜
2017/7/27 四間飛車 第26期銀河戦予選 棋譜
2017/04/26 角換わり腰掛け銀 第43期棋王戦予選 棋譜

 
第66期王座戦一次予選

展開は序盤戦から平藤七段の作戦勝ちのような状況。

平藤七段の47.▲9六角から流れが藤井四段(当時)に傾きますが、終盤戦まで互いにリードを奪い合う互角状態。

終盤戦、藤井四段(当時)が104.▽3一歩の受け~きっちり寄せ切り126手まで、勝利。


第26期銀河戦予選

各25分の早指し戦で、序盤から藤井四段(当時)が積極的に指しまわり101手まで。

藤井四段(当時)の勝利となっています。


第43期棋王戦予選

序盤戦から平藤七段の作戦勝ちとも思えるような構想でしたが、藤井四段(当時)の読みも深く、終盤戦で大差になり140手まで、藤井四段(当時)の勝利に。

藤井四段(当時)の印象として。。。

プロの目から見ても、結果といい、内容といい、すごい人が出てきたな、という感じです

とコメントされていました。

棋聖戦の賞金額および概要

 

タイトル保持者 渡辺明棋聖
賞金 600万
トーナメント表 への欄
番勝負 6月~8月

※賞金額は今までの概算です
 

  1. 一次予選⇒ここが開始
  2. 二次予選
  3. 挑戦者決定リーグ

 
によって挑戦者を決定。
 
優勝者が例年6月から8月にかけて渡辺明棋聖と五番勝負で対局。

藤井聡太七段VS平藤眞吾七段の中継情報

追記します