第68期王座戦二次予選、村山慈明七段VS阿部隆八段戦で、阿部八段が勝利。

藤井聡太七段(現二冠)との対局が決定しました。
スポンサーリンク  

目次

閉じる

阿部隆八段の略歴

阿部隆八段
出典:王位戦中継
生年月日:1967年8月25日(52歳)
1985年6月10日(17歳)プロ入り
出身地:大阪府
師 匠:田中魁秀九段
竜王戦:5組(1組10期)
順位戦:B級2組(A級1期)
得意戦法:居飛車党(何でも得意)

1981年12月(14歳) 6級 奨励会入会

1983年10月(16歳) 初段

1984年10月(17歳) 三段

※三段リーグ戦はなし

1985年6月10日(17歳)四段プロ入り

1989年8月11日(21歳)五段

1990年度、第49期順位戦でC級1組へ昇級決定

1992年11月16日(25歳)六段

1996年度、第55期順位戦でB級2組へ昇級決定

1997年6月6日(29歳)七段

2000年度、第59期順位戦でB級1組へ昇級決定

2005年度、第64期順位戦でA級へ昇級決定

2005年2月16日(37歳)八段

2006年度、第60期順位戦でB級1組へ降級決定

2009年度、第68期順位戦でB級2組へ降級決定
※以降継続

藤井聡太七段(現二冠)と阿部隆八段のレーティング・成績比較

レーティング比較

’20年3月14日現在

阿部隆八段(84位)1566
藤井聡太七段(現二冠)(3位)1923

※※レーティングについて※※

簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは渡辺明三冠の1951(3/14現在)。

戦績と勝率※通算・本年度分

’20年3月14日現在

阿部隆八段

対局数 勝率
通算 1371 802 569 0.5849
本年 28 14 14 0.5000

※2018年度勝率は0.4571
 
藤井聡太七段(現二冠)

対局数 勝率
通算 194 162 32 0.8350
本年 58 46 12 0.7931

※2018年度勝率は0.8490
※2018年度の成績で『勝率』1位達成
出典:将棋連盟
 

藤井聡太※クラス・棋戦・時間別戦績と勝率

’20年3月14日現在

B2棋士との戦績
王座戦戦績
通算9勝3敗(0.7500)
5時間棋戦戦績
通算33勝6敗(0.8461)

阿部隆八段との過去対戦結果【2勝0敗】

※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 対局時クラス 手番 戦型 手数 棋戦名 棋譜
2019/11/8 B2 角換わり腰掛け銀 117手 第91回棋聖戦二次予選 棋譜
2018/2/17 B2 相居飛車力戦形 127手 第31回竜王戦5組R戦 棋譜

 

第91期棋聖戦二次予選

藤井七段(当時)、中盤~ゆっくり金を寄せて金矢倉が完成、それを全く触らせることなく117手まで、完勝でした。

第31回竜王戦5組R戦

本局は、阿部八段の指し手をみて雁木模様へ変更したり、端攻めと思いきや7筋に手をつけてみたり・・

阿部八段が107.▲22歩成としてからの攻めなど・・ギリギリの攻防もありましたが127手まで。

藤井六段(当時)の勝利。

王座戦の賞金額および概要

タイトル保持者 永瀬拓矢王座
賞金 800万
現在状況 開始前
トーナメント表 こちら
次戦対局者 阿部隆八段
番勝負 9月~10月

※賞金額は今までの概算です

  1. 一次予選
  2. 二次予選ココ~参戦
  3. 二次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の16名によって、挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます

藤井聡太七段(現二冠)VS阿部隆八段の対局放送日程

●携帯アプリ恐らく10:00~
※本局~連盟アプリにて動画実験開始

●AbemaTV9:30~

●Paraviで10:00~
解説は16:00~
※登録後2週間は無料体験あり