第27期銀河戦、藤井聡太七段の初戦は佐藤慎一五段です。

対局は12月12日に終了、収録済、放送は2月5日に囲碁将棋チャンネルにて放送されます。

順位戦以来の対局でしたが、結果は藤井聡太七段の勝利となっています。

 

佐藤慎一五段の略歴

 
佐藤慎一五段
出典:http://blog.livedoor.jp
生年月日:1982年8月16日(36歳)
2008年10月1日(26歳)プロ入り
出身地:東京都練馬区
師 匠:(故)剱持松二九段
竜王戦:6組
順位戦:C級2組

1994年9月(12歳)6級 奨励会入会

2000年11月(18歳)三段

三段リーグ戦は15勝3敗で15期目、1位昇段。

2008年10月1日(26歳)四段プロ入り

2015年1月16日(32歳)五段

佐藤慎一五段の成績やレーティング

’19年2月3日現在

藤井聡太七段(4位)1871
佐藤慎一五段(93位)1518
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは広瀬章人竜王の1902(2/3現在)。


’19年2月3日現在

藤井聡太七段

対局数勝率
通算126108180.8571
本年433760.8604

 
※2017年度勝率は0.8356
※2017年度の成績で『勝率』『対局数』『勝数』『連勝』部門でトップとなり、4冠達成
 
佐藤慎一五段

対局数勝率
通算3261621640.4969
本年3416180.4705

※2017年度勝率は0.4516
出典:将棋連盟
 

佐藤慎一五段との対戦結果【過去対局】

藤井聡太七段の1勝0敗

’17年9月14日第76期順位戦棋譜

 
先手番は藤井四段(当時)、戦型は角換わり。

対局は119手まで。

藤井四段(当時)の勝利となっています。

対局前には、半月以上前から考えて寝れないのは三段リーグ最終日と電王戦以来かもしれないとツイート。

対局後には、悔やみとして44手目で▽73桂としたかった・・とツイートされていた佐藤五段でした。

ここで11分ほど考慮後▽65同銀を選択。

一気に攻めず歩交換後、自陣の体制をもっと整えるという選択をされました。

終盤では角と馬の差で藤井四段(当時)がペースを握り勝利となっています。

第27期銀河戦の概要

囲碁将棋チャンネル主催の将棋のテレビ棋戦。

双方の持ち時間が少ない早指し戦。

※未放送ですが対局は勝進中、次戦は近藤誠也五段との対局が決まっています

賞金500~800万?
現在状況勝進中
トーナメント表Eブロック

 

  1. 予選
  2. ブロック戦(本戦)⇒ココへ進出!
  3. 決勝トーナメント

で争われる対局

予選を免除される資格

  • タイトル保持者
  • 前年度決勝トーナメント進出者
  • 順位戦上位者

 
勝ち進むとブロック戦(本戦)進出

ブロック戦(本戦)

  • 全棋士と女流棋士2名
  • アマ(アマ王将と凖アマ王将)

を8つのブロックに分け、各ブロックでのパラマス式トーナメント戦を行います。

 
さらに勝ち進むと決勝トーナメント進出

決勝トーナメント

  • ブロックの最終勝ち残り者
  • 最多勝ち抜き者各2名

の計16名で決勝トーナメントになります。

 

銀河戦トーナメントEブロック

出典:囲碁・将棋チャンネル
毎年8月から9月にかけて、決勝トーナメントが行われています。

ブロック戦以降の対局の模様が『700 囲碁・将棋チャンネル』で放送される予定。

最多優勝者は羽生善治三冠(現九段)。

第26期は佐藤天彦名人優勝。

藤井聡太七段VS佐藤慎一五段の対局中継情報

携帯アプリは恐らくなし
AbemaTVなし
ニコ生銀河チャンネルで20:00~
※銀河チャンネルへの契約が必要(¥1,620/月)
囲碁将棋チャンネルにて午後8時~放送
※スカパーetcの契約が必要
囲碁将棋プレミアムで2/5~配信予定
※ゴールド(¥2,000/月)への契約が必要