藤井聡太七段VS小林裕士七段【叡王戦七段戦】(2018/9/17)速報!結果

8月11日の叡王戦段位別予選で、木下浩一七段に勝利して、本局第2局目。

藤井聡太七段の次戦対局相手は、小林裕士七段です。

持ち時間、各1時間。

勝者は、千葉幸生七段との対戦が19時~決定しています。

111手まで、藤井七段の大逆転勝利となりました。

藤井聡太七段VS小林裕士七段、対局結果と棋譜

先手番:藤井聡太七段

後手番:小林裕士七段

戦 型:矢倉

1手~20手目棋譜

1.▲2六歩
11.▲4八銀
2.▽8四歩
12.▽6二銀
3.▲7六歩
13.▲4六歩
4.▽8五歩
14.▽5二金
5.▲7七角
15.▲4七銀
6.▽3四歩
16.▽5四歩
7.▲6八銀
17.▲2五歩
8.▽3二金
18.▽3三角
9.▲7八金
19.▲6九玉
10.▽4四歩
20.▽5三銀

 
20手目棋譜
20手目棋譜
出典:連盟モバイル

21手~40手目棋譜

21.▲3六歩
31.▲5八金
22.▽4二銀上
32.▽4三金右
23.▲3七桂
33.▲5六銀右
24.▽6四銀
34.▽3一玉
25.▲6六歩
35.▲7九玉
26.▽4一玉
36.▽1四歩
27.▲6七銀
37.▲1六歩
28.▽7四歩
38.▽9四歩
29.▲6五歩
39.▲9六歩
30.▽5三銀引
40.▽7三桂

 
40手目棋譜
7三桂
出典:連盟モバイル
先手角換わり風の出だしから、小林七段の雁木となりました。

41手~60手目棋譜

41.▲6八金右
51.▲7七同桂
42.▽2二玉
52.▽3八角
43.▲4五歩
53.▲2八飛
44.▽4五同歩
54.▽4九角成
45.▲2四歩
55.▲1五歩
46.▽2四同歩
56.▽1五同歩
47.▲2四同飛
57.▲1四歩
48.▽2三歩
58.▽3九馬
49.▲2九飛
59.▲2五飛
50.▽7七角成
60.▽4六歩

 
4六歩
出典:連盟モバイル

61手~80手目棋譜

61.▲7五歩
71.▲5六同歩
62.▽8六歩
72.▽6六馬
63.▲8六同歩
73.▲6六同銀
64.▽4七歩成
74.▽8六飛
65.▲6六角
75.▲7五角
66.▽4四銀
76.▽7六飛
67.▲7四歩
77.▲1五飛
68.▽4六と
78.▽1二歩
69.▲7三歩成
79.▲2四歩
70.▽5六と
80.▽4六角

 
↓ニコ生での現形勢判断(64手目)
形勢判断
出典:ニコ生
藤井七段の攻めを小林七段が上手に交わしてペースを握りつつある展開・・

73手目で藤井七段、秒将棋へ。。
※小林七段は残り時間19分

80手目棋譜
4六角
出典:連盟モバイル

81手~100手目棋譜

81.▲2三歩成
91.▲5七銀
82.▽2三同金
92.▽8七桂
83.▲4五歩
93.▲8七同金
84.▽3三銀引
94.▽8七同銀成
85.▲2五桂
95.▲4六銀
86.▽8六銀
96.▽7七成銀
87.▲3三桂成
97.▲4一角
88.▽3三同金左
98.▽3二桂
89.▲2三歩
99.▲1三歩成
90.▽2三同玉
100.▽1三同桂

 
100手目棋譜
1三同桂
出典:連盟モバイル
小林七段優勢。

※解説では千田六段が、100.▽1三同桂に対して、同歩の方が危うくはなるかもしれませんが、まだ良かったのかも・・・とのことでした

101手~120手目棋譜

101.▲7八歩
111.▲1五桂
102.▽8八金
112.▽
103.▲6九玉
113.▲
104.▽6八成銀
114.▽
105.▲6八同玉
115.▲
106.▽7五飛
116.▽
107.▲5七玉
117.▲
108.▽7八飛成
118.▽
109.▲1三飛成
119.▲
110.▽1三同歩
120.▽

 
※104.▽6八成銀を千田六段が、7八成銀の方が良かったかも・・・とのこと
6八成銀
出典:連盟モバイル
※7八成銀ならば藤井七段が投了することになっていたかも・・・7八成銀ならば成銀を取れないので、銀が足りずに後手玉は詰まない

107.▲5七玉が、ただの玉の早逃げかと思いきや、詰めろ逃れの詰めろ。
5七玉
出典:連盟モバイル

104.▽6八成銀王手で、飛車で角も取って(106.▽7五飛)、龍に成って万全のはずだったのですが・・・この1手で後手玉に詰みが・・・
108手目、7八飛成
出典:連盟モバイル
自然な手にも思えて、▲5七玉が詰めろ逃れの詰めろだと気付かなければ指してしまうような手。

111手まで。

小林七段投了となりました。。

藤井四段(当時)が一気に寄せ切った、まるで去年の叡王戦準決勝(佐々木四段戦)のよう・・

藤井七段、評価値-3000点からの大逆転勝利でした・・

投了図
投了図
出典:連盟モバイル

技巧2による形勢判断
形勢判断
※御参考程度にどうぞ

次戦は19時~千葉幸生七段と対戦となります。

順位戦でも対局決定しているので、記事は順位戦の記事になっていますが、千葉七段の略歴です。

藤井聡太七段と小林裕士七段の対局前後のコメント

 

コメント

  • 藤井聡太七段
  • 『勝てて『僥倖』。中盤あたりから苦しかったですが、最後に何とか勝負になりました』

終盤、誰もが投げてしまいそうな局面での逆転劇は素晴らしかったです。。

解説の千田六段も97.▲4一角の局面から逆転できる人ってどれくらいいるんでしょうね・・・と言われるほど・・

小林七段、藤井七段お疲れ様でした。。

藤井聡太六段の次の対局予定はいつ??

【9月25日】VS青嶋未来五段【第49期新人王戦】

棋戦名
第49期新人王戦
対局日
9月25日
対局相手
対局場所
持ち時間
各3時間
開始時間
午後10:00~

★中継情報★