第45期棋王戦予選、藤井聡太七段の対局相手が中村亮介六段に決定しました。

※西川慶二八段が病気療養で、2018年12月10日~2019年3月31日まで休場となったため、中村亮介六段との対局となりました

第44期棋王戦予選の部決勝以来の対局となります。

スポンサーリンク

 

中村亮介六段の略歴

中村亮介六段
出典:http://purius.cocolog-nifty.com/blog/
生年月日:1985年9月26日(32歳)
2004年4月1日(18歳)プロ入り
出身地:埼玉県入間市
師 匠:高橋道雄九段
順位戦:C級2組
竜王戦:5組
得意戦法:振り飛車党(特に四間飛車)
※中村桃子女流初段の実兄

1999年6月(13歳) 6級 奨励会入会

2001年2月(15歳) 初段

2002年4月(16歳) 三段

※三段リーグは3期目、13勝5敗で2位昇段

2004年4月1(18歳) 四段 プロ入り

2008年10月31日(23歳) 五段
※勝数昇段

2016年9月1日(30歳) 六段
※勝数昇段

藤井聡太七段と中村亮介六段のレーティングや成績

’19年1月28日現在

藤井聡太七段(4位)1869
中村亮介六段(97位)1516
※5/10~参考サイトを変更しています

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング参考サイトはこちら
※5/10~参考サイトを変更しています

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは広瀬章人竜王の1922(1/28現在)。


’19年1月28日現在

藤井聡太七段

対局数勝率
通算125107180.8560
本年423660.8571

※2017年度勝率は0.8356
※2017年度の成績で『勝率』『対局数』『勝数』『連勝』部門でトップとなり、4冠達成

中村亮介六段

対局数勝率
通算4722522200.5338
本年2615110.5769

※2017年度勝率は0.6875
出典:将棋連盟

中村亮介六段との対戦結果【過去対局】

藤井聡太七段の1勝0敗。

’18年6月1日第44期棋王戦棋譜

 
戦型は藤井七段の居飛車、穴熊VS中村六段得意の四間飛車、高美濃囲いという展開、先手番は藤井七段

序盤で藤井七段に見込み違いがあり、やや苦戦か?と思われるところもありましたが、上手に修正され快勝となった対局です。

棋王戦の概要、賞金額

 

タイトル保持者渡辺明棋王(現二冠)
賞金600万
現在状況1勝中
トーナメント表8組
番勝負2月~3月

※賞金額は今までの概算です

  1. 予選⇒今ここ
  2. 挑戦者決定トーナメント
  3. 敗者復活戦
  4. 挑戦者決定戦

 
となってます(*’ω’*)
棋王戦の概要
出典:AbemaTV
前期棋王戦は挑決トーナメントで菅井七段に敗戦しています。

藤井聡太七段VS中村亮介六段の対局中継情報

携帯アプリは恐らく10:00~
AbemaTV9:30~
ニコ生未定