第41回JT杯、藤井聡太二冠vs豊島将之竜王の対局模様をまとめています。

勝者は「高見泰地七段vs渡辺明三冠」の勝者と対局が決定しています。

二転三転の心臓に悪い将棋でした(;'∀')
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

藤井聡太二冠VS豊島将之竜王、対局結果と棋譜

先手番:藤井聡太二冠

後手番:豊島将之竜王

戦 型:横歩取り
先(4勝5敗-勝率:0.4444)

藤井聡太二冠の戦型データを確認する

~20手目

 
20手目棋譜
20手目

~40手目

21.▲37桂
22.▽22歩打
23.▲38銀
24.▽72銀
25.▲96歩
26.▽82飛
27.▲84歩打
28.▽88角成
29.▲同銀
30.▽28角打
31.▲32飛成
32.▽同玉
33.▲29金打
34.▽37角成
35.▲同銀
36.▽64歩
37.▲77桂
38.▽65歩
39.▲23歩打
40.▽同歩

 
恐ろしいペースで進み、36.▽64歩で封じ手、消費時間は豊島竜王が2分、藤井二冠7分。

1.28金、2.16歩、3.35歩、4.その他

松尾八段は個人的に、1か2かな・・とのことで、視聴者は4番のその他多数^^;

そして封じ手は37.▲77桂(水匠2の5番手くらい)、悪手ではありません。

松尾八段、豊島竜王の研究も外れてここからは手将棋では・・とのこと。

40手目棋譜
40手目

~60手目

41.▲24歩打
42.▽同歩
43.▲56角打
44.▽33桂
45.▲46銀
46.▽84飛
47.▲65桂
48.▽64歩打
49.▲75角打
50.▽85飛
51.▲64角
52.▽62金
53.▲35銀
54.▽63銀
55.▲24銀
56.▽64銀
57.▲23角成
58.▽31玉
59.▲33銀不成
60.▽同銀

 
60手目棋譜
60手目

53.▲35銀⇒ソフト推奨は86歩で、それ以外はペースが豊島竜王ペース。

AbemaAIは先手56%、後手46%でしたが、ここで先手45%、後手55%。

~80手目

61.▲同馬
62.▽41玉
63.▲86歩打
64.▽84飛
65.▲55桂打
66.▽42銀打
67.▲11馬
68.▽37桂打
69.▲48金
70.▽29桂成
71.▲63銀打
72.▽61歩打
73.▲85香打
74.▽39飛打
75.▲62銀成
76.▽69角打
77.▲68玉
78.▽62歩
79.▲84香
80.▽65銀

 
80手目棋譜
80手目

※感想戦にて、豊島竜王、66.▽42銀打として67.▲11馬だったら何とか勝ちに持っていきたいところだったんですけど、結局勝てる順が解からないまま進んでいって、何かもっといい手がありましたよね・・多分・・

藤井二冠の73.▲85香打まで、先手30%、後手70%。

74.▽39飛打でほぼ互角へ、ソフト推奨は28飛打(AbemaAIは相変わらず豊島竜王優勢でしたが・・水匠2は互角)

76.▽69角打で松尾八段「そうですね・・今の感じだと勘で打ったかもしれないですね・・・49金と打たれると先手陣がかなり堅くなってしまうと、まぁそう判断されたんでしょうねぇ・・」⇒ソフト推奨は59角打。

AbemaAIは先手67%、後手37%、水匠2(642)。

~100手目

81.▲61飛打
82.▽52玉
83.▲63桂成
84.▽同玉
85.▲79金
86.▽75桂打
87.▲49金打
88.▽67桂成
89.▲同玉
90.▽36飛成
91.▲69金
92.▽76銀
93.▲68玉
94.▽67金打
95.▲59玉
96.▽77桂打
97.▲79金
98.▽39成桂
99.▲37歩打
100.▽49成桂

 
81.▲61飛打⇒ソフト推奨は79金、飛車を打つなら71飛。

※ここは感想戦で、藤井二冠61飛ではなく、71飛で合駒を使わせて49金打と手を戻す方が良かったかもしれませんとのことでした

※藤井二冠は、違う筋を読まれていたようで、82.▽52玉を見て負けにしてしまったかなと思われたようです

AbemaAIは先手28%、後手72%、水匠2(-695)。

86.▽75桂打⇒ソフト推奨は66桂打。

85.▲79金までは後手勝勢(AbemaAIは先手3%、後手97%、水匠2(-4877))でしたが、86.▽75桂打で後手有利程度(AbemaAIは先手28%、後手72%、水匠2(-528))へ

※感想戦で豊島竜王、66桂打の方が明解だったかもしれませんとのこと

88.▽67桂成⇒ソフト推奨は47角成、AbemaAIはここで互角程度へ先手59%、後手41%、水匠2(395)。

※感想戦にて、豊島竜王、この辺りはおかしくしてしまったと思ってやっていた・・多分最善は指せていない、手が広すぎて・・

94.▽67金打(この手で先手優勢へ)⇒ソフト推奨87歩打で互角、それ以外は先手ペース。

96.▽77桂打まで、AbemaAI先手93%、後手7%、水匠2(1884)。

詰みそうで詰まない展開が続き、ここで97.▲79金、ソフト推奨は同銀・・・藤井二冠にとっては、ここが最後のチャンス。

※感想戦で、同銀の方が自然でした・・とのこと

~120手目

101.▲同玉
102.▽58金打
103.▲同金
104.▽同金
105.▲同玉
106.▽49銀打
107.▲48玉
108.▽58金打
109.▲
110.▽
111.▲
112.▽
113.▲
114.▽
115.▲
116.▽
117.▲
118.▽
119.▲
120.▽

 
投了図
投了図

形勢図
形勢図
※AIによる評価値は、とても人間には見えない着手も含む数字であることをご理解の上、ご参考程度にどうぞ


 
スポンサーリンク

藤井聡太二冠と豊島将之竜王の対局前後のコメント

 

局後インタビュー
  • 藤井聡太二冠
  • 『相手が豊島竜王ということで、勢いよく指して良い将棋をお見せできればと思っています。』

    『積極的にやろうという風に思っていたんですけど、途中で見落としがあって、内容的にはまずかったのかなという気がします。』

  • 豊島将之竜王
  • 『地方での公開対局がなくなってしまったのは残念なんですけれども、AbemaTV様の方で多くの方に観て頂けるということなので、良い対局・熱戦になれるように頑張りたいです。』

    『序盤は予定していた作戦で、終盤くらいまでは、それなりに上手く指せていた気がするんですけど、最後の方は乱れてしまって、よく解からないまま指していました。』

 

藤井聡太棋聖の次の対局予定※9/18vs永瀬二冠(銀河戦)

【9月18日】vs永瀬拓矢二冠【第28期銀河戦】

対局相手
クラス別戦績
過去対局
持ち時間
各15分
時間別戦績
1時間未満棋戦通算43勝9敗(0.8269)
対局場所
スタジオ
開始時間
18:00~
トーナメント表

過去対局

※非公式戦含
※※横にスクロールできます※※

日付 勝敗 対局時クラス 手番 戦型 手数 棋戦名 棋譜
2020/6/23 B1 角代わりその他 127手 第61期王位戦挑決 棋譜
2020/6/4 B1 相掛かり 100手 第91期棋聖戦挑決T 棋譜
2017/3/19 C1 ゴキゲン中飛車 114手 炎の七番勝負 棋譜

 

中継情報

携帯アプリはなし
AbemaTVなし
将棋プレミアムで18:00~先行配信
※解説者:未定
※聞き手:未定
※ゴールド会員限定・・
 
となっております.+:。(´ω`*)