11月2日(木)に行われるC級2組順位戦第6回戦。

藤井聡太四段の対局相手は脇謙二八段です。

対局は10時~持ち時間各6時間と長い対局となります。

藤井聡太四段とは初対局

先手番は脇謙二八段、後手番は藤井聡太四段です。

※9月27日のVS竹内雄悟戦は棋士室にて観戦されていた様子です

スポンサーリンク

 

脇謙二八段の略歴

 
脇謙二八段
出典:https://www.shogi.or.jp
 
生年月日:1960年8月10日(57歳)
日本将棋連盟常務理事
1979年7月16日(18歳)プロ入り
出身地:大阪府大阪市
師 匠:(故)高島一岐代九段
竜王戦:6組(1組6期)
順位戦:C級2組
得意戦法:昔は居飛車党(横歩取り△3三桂戦法や矢倉戦を得意)、2010年頃~振り飛車へ転向
※相居飛車の矢倉戦で用いられる戦法、脇システムの創始者

藤井聡太四段は現在竜王戦6組、C級2組在籍

1975年5級(14歳)奨励会入会

1977年11月(17歳)初段

1978年6月(17歳)二段

1979年4月(19歳)三段

※三段リーグ戦はありませんので、割愛します

1979年7月16日(18歳)四段プロ入り

1983年4月1日(22歳)五段(順位戦C級1組昇級)

1984年4月1日(24歳)六段(順位戦B級2組昇級)

1990年10月1日(30歳)七段(勝数規定)

2000年11月16日(40歳)八段(勝数規定)

2005年の第64期順位戦で降級点によりC級1組へ降級

2014年の第73期順位戦で降級点によりC級2組へ降級

藤井聡太四段と脇謙二八段のレーティングや成績は??

’17年10月30日現在のレーティング

藤井聡太四段(18位)1743
脇謙二八段(143位)1393

レーティングとは??
簡単に説明すると・・・

  • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
  • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

 
※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

レーティング一覧はこちら

最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

ちなみにレーティングトップは豊島将之八段の1899(10/30現在)。


’17年10月30日現在の成績

脇謙二八段

対局数 勝率
通算 1271 626 645 0.4925
本年 15 4 11 0.2666

 
藤井聡太四段

対局数 勝率
通算 54 48 6 0.8888
本年 44 38 6 0.8636

 

C級2組順位戦とは??

  • 50人参加のリーグ戦
  • 全10局対局。この対局後はあと残4局。
  • 10戦して上位3人に入れば、C級1組に昇級が決定
  • ※全勝もしくはそれに近い勝率が昇級には必要

  • 名人戦は例年4月から6月にかけて優勝者が七番勝負に挑戦

A級棋士のみが佐藤天彦名人に挑戦することになります。

デビューから4年連続で昇級しA級に昇ったのは、これまでに2人。

加藤藤一二三九段と中原誠・十六世名人。

※羽生三冠(現:羽生竜王)でも7年かかっています

※藤井聡太四段はC級2組

藤井聡太四段VS脇謙二八段の対局中継は??

AbemaTVにて9:30~

ニコ生にて9:50~

携帯アプリにて10:00~