7/25に生放送された、チーム永瀬二冠vsチーム天彦九段。

藤井聡太棋聖の対局模様をまとめておきます。
 
スポンサーリンク

目次

閉じる

藤井聡太棋聖VS斎藤慎太郎八段、対局結果

藤井斎藤アベマトーナメント

 
先手番:藤井聡太棋聖

後手番:斎藤慎太郎八段

戦 型:角換わりその他

~20手目

 
20手

~40手目

21.▲36歩
22.▽63銀
23.▲68玉
24.▽42玉
25.▲37銀
26.▽54銀
27.▲46銀
28.▽44歩
29.▲35歩
30.▽45歩
31.▲34歩
32.▽同銀
33.▲37銀
34.▽33桂
35.▲24歩
36.▽同歩
37.▲同飛
38.▽23金
39.▲28飛
40.▽24歩打

 
40手目棋譜
40手

~60手目

41.▲58金
42.▽52金
43.▲79玉
44.▽65歩
45.▲56歩
46.▽35歩打
47.▲38飛
48.▽43銀
49.▲88玉
50.▽93桂
51.▲57金
52.▽32玉
53.▲55歩
54.▽62飛
55.▲68銀
56.▽25歩
57.▲56金
58.▽44銀
59.▲77桂
60.▽46歩

 
60手目棋譜
60手

後手としては37の銀を抑え込みたいところ。

59.▲77桂に対して、同歩狙い?60.▽46歩。

~80手目

61.▲同銀
62.▽27角打
63.▲39飛
64.▽63角成
65.▲65桂
66.▽26歩
67.▲28歩打
68.▽27歩成
69.▲同歩
70.▽61飛
71.▲26歩
72.▽95歩
73.▲同歩
74.▽54歩
75.▲59飛
76.▽43銀
77.▲25歩
78.▽34金
79.▲17桂
80.▽85桂

 
藤井棋聖(当時)、61.▲同銀として、銀が活用できる展開へ。

佐々木勇気七段解説で、気が付いたら77桂で、93の桂をうまく抑え込んでいる、さっきまでは77の地点が銀だったので、85桂がすごい気になってたんですけど、93の桂がそんなに良い駒になっていない。

斎藤八段としては、今駒がない、入手すべく無理な動きが必要、無理したときにその反動で・・と藤井棋聖(当時)が狙っているのでは?とのこと。

この辺り~じわりじわり藤井棋聖(当時)ペースへ。

80手目棋譜
80手

~100手目

81.▲86歩
82.▽55歩
83.▲同銀
84.▽同銀
85.▲同金
86.▽58歩打
87.▲29飛
88.▽54銀
89.▲24歩
90.▽55銀
91.▲85歩
92.▽同歩
93.▲23歩成
94.▽43玉
95.▲32角打
96.▽44玉
97.▲24と
98.▽86歩
99.▲34と
100.▽同玉

 
100手目棋譜
100手

~120手目

101.▲23飛成
102.▽45玉
103.▲87歩打
104.▽同歩成
105.▲同金
106.▽86歩打
107.▲同金
108.▽64馬
109.▲34銀打
110.▽36玉
111.▲38金打
112.▽
113.▲
114.▽
115.▲
116.▽
117.▲
118.▽
119.▲
120.▽

 
111手まで、斎藤慎太郎八段投了。

投了図
投了図

※形勢図
形勢図
※ご参考程度にどうぞ

藤井聡太棋聖との対局前後のコメント

 

インタビュー
  • 藤井聡太棋聖
  • 『斎藤慎太郎八段は終盤の踏み込みが鋭いという印象があります。早指しなので持ち時間を有効に使えるように頑張りたいと思います。』

    『(対局後)緊張していましたが、何とか1勝できてホッとしています。』

  • 斎藤慎太郎八段
  • 『予選では動きが遅く観られていたと思うので、運動能力についての練習をしてきまして、もちろん対局についての練習もしてきたので、活かせればと思います。藤井棋聖(当時)と対局できるのは楽しみ、強いので怖いという思いもありますが、楽しみを力に変えて頑張りたいと思います。』

    『公式戦では長考派の印象もあるんですけども、公式戦の早指し棋戦やフィッシャールールの戦い方は分けているという印象で、どちらにも対応できているのがすごい、弱点はないですね・・自分の悪いところが出ないような戦い方をするしかなくて、長所をぶつければ十分戦えると思っています。』

    『(対局後)長い中盤でしたが、じわじわ良くされてしまって、うまくやられたな・・というところが大きいです。』

 
 
スポンサーリンク

藤井聡太棋聖VS阿部光瑠六段、対局結果(1局目)

藤井阿部Abemaトーナメント

 
先手番:藤井聡太棋聖

後手番:阿部光瑠六段

戦 型:三間飛車

~20手目

 
20手目棋譜
20手目

~40手目

21.▲56歩
22.▽52金
23.▲78銀
24.▽82玉
25.▲86歩
26.▽64歩
27.▲87銀
28.▽35歩
29.▲78金
30.▽14歩
31.▲16歩
32.▽34銀
33.▲57銀
34.▽13桂
35.▲66銀
36.▽25桂
37.▲55銀
38.▽24歩
39.▲44銀
40.▽22角

 
40手目棋譜
40手

~60手目

41.▲55銀
42.▽43銀
43.▲26飛
44.▽36歩
45.▲同歩
46.▽45歩打
47.▲85歩
48.▽54歩
49.▲64銀
50.▽77角成
51.▲同桂
52.▽44角打
53.▲35角打
54.▽同角
55.▲同歩
56.▽同飛
57.▲36歩打
58.▽34飛
59.▲66角打
60.▽63歩打

 
佐々木勇気七段解説で、後手としては先手に68金とされると固すぎるので、この手が入る前に技を掛けたいはず。

34飛とすれば局面は収まるけれど、68金の方が価値が高そうなので、一目36歩⇒44.▽36歩。

難しい判断だったと思う、さっきの藤井棋聖(当時)の勝ち方を観ているので、全部丁寧に対応される、同歩、同歩で・・振り飛車にとっては結構嫌、やってごらん、やってごらんと言われているようで、何もできなかったときが・・とのこと。

佐々木勇気七段、46.▽45歩打にちょっと驚き。

46に銀を引かせたくない、54歩を突くと46に引かれる、64に銀を出られると嫌と言ってましたが(佐々木七段が)、銀を上に出させた方が技掛けやすいと観てますとのこと。。

でも、こういうところで良い手で返してくるんですよね・・・とのこと。。47.▲85歩。

終盤に効いてくる?84歩と突かれたり・・

60.▽63歩打⇒ソフト推奨が44銀、この辺り~じわりじわりと藤井棋聖(当時)ペース。

60手目棋譜
60手

~80手目

61.▲75銀
62.▽53角打
63.▲27飛
64.▽36飛
65.▲37歩打
66.▽56飛
67.▲57金
68.▽66飛
69.▲同金
70.▽46歩
71.▲同歩
72.▽74歩
73.▲86銀
74.▽47角打
75.▲28飛
76.▽36歩打
77.▲同歩
78.▽37歩打
79.▲68飛
80.▽29角成

 
80手目棋譜
80手

~100手目

81.▲21飛打
82.▽47馬
83.▲75歩
84.▽64歩
85.▲74歩
86.▽63金
87.▲11飛成
88.▽38歩成
89.▲73香成
90.▽48と
91.▲72香成
92.▽同金
93.▲84歩
94.▽31香打
95.▲13龍
96.▽52銀
97.▲83歩成
98.▽同金
99.▲84歩打
100.▽同金

 
100手目棋譜
100手

~120手目

101.▲75銀
102.▽同金
103.▲同金
104.▽86歩打
105.▲同銀
106.▽58と
107.▲53龍
108.▽同金
109.▲62銀打
110.▽87歩打
111.▲97玉
112.▽
113.▲
114.▽
115.▲
116.▽
117.▲
118.▽
119.▲
120.▽

 
111手まで、阿部六段投了。

投了図
投了図

※形勢図
形勢図
※ご参考程度にどうぞ

藤井聡太棋聖と阿部光瑠六段の対局前後のコメント

 

インタビュー
  • 藤井聡太棋聖
  • 『阿部六段はオールラウンダーで早指しを得意とされている印象です。2局目なので、1局目の感覚を活かして指せればなと思っています。』

    『(対局後)対抗系の将棋になって、序盤から難しかったんですけど、最後何とか玉頭の厚みを活かして寄せることができたかなと思います。』

  • 阿部光瑠六段
  • 『予選から緊張の度合いは変わりなく、いつも通り楽しくできたらなと思います。読んでない手が飛んでないときに考えすぎちゃうのかなと思いますね、きっちり咎められるときもあるんですけど、実際意味が合ったら・・そういう手が飛んできたときに時間を使っちゃうんじゃないかなと・・当たりたくないんですけど、強い人と対戦できるのは楽しいので、変わらずやりたいことを自分はぶつけていくだけかなと思います。』

    『(対局後)序盤から難しい将棋だったと思うんですけど、もうちょっと難しくできそうなところもあったと思うんですけど、そのあたりで間違えてしまったかなというところです。』

 
 
スポンサーリンク  

藤井聡太棋聖VS阿部光瑠六段、対局結果(2局目)

藤井阿部Abemaトーナメント

 
先手番:阿部光瑠六段

後手番:藤井聡太棋聖

戦 型:角交換向い飛車

~20手目

 
20手目棋譜
20手

~40手目

21.▲89飛
22.▽64歩
23.▲68金
24.▽63銀
25.▲66歩
26.▽33銀
27.▲48金
28.▽44歩
29.▲28銀
30.▽73桂
31.▲26歩
32.▽35歩
33.▲27銀
34.▽34銀
35.▲36歩
36.▽同歩
37.▲同銀
38.▽75歩
39.▲35歩
40.▽43銀

 
40手目棋譜
40手目

~60手目

41.▲75歩
42.▽76歩
43.▲46歩
44.▽42金上
45.▲37桂
46.▽81飛
47.▲25歩
48.▽77歩成
49.▲同金
50.▽65歩
51.▲29飛
52.▽86歩
53.▲同歩
54.▽66歩
55.▲24歩
56.▽同歩
57.▲22歩
58.▽33桂
59.▲66金
60.▽25歩

 
60手目棋譜
60手目

59.▲66金⇒ソフト推奨66銀。

~80手目

61.▲45歩
62.▽24桂
63.▲44歩
64.▽36桂
65.▲21角
66.▽41玉
67.▲43歩成
68.▽同金右
69.▲64歩
70.▽54銀
71.▲44歩
72.▽同金
73.▲34歩
74.▽48桂成
75.▲同銀
76.▽47歩
77.▲33歩成
78.▽48歩成
79.▲同玉
80.▽47歩

 
80手目棋譜
80手

61.▲45歩⇒(ソフト推奨74歩)そこも指したい手でしたが、24桂の反撃に耐えきれるか・・・と佐々木勇気七段。⇒62.▽24桂

ここ辺り~藤井棋聖(当時)ペース。

~100手目

81.▲58玉
82.▽48歩成
83.▲同玉
84.▽46銀
85.▲42と
86.▽同玉
87.▲43歩
88.▽同銀
89.▲33銀
90.▽同玉
91.▲25桂
92.▽42玉
93.▲33桂成
94.▽51玉
95.▲63桂
96.▽62玉
97.▲74桂
98.▽72玉
99.▲
100.▽

 
投了図
投了図

※形勢図
形勢図
※ご参考程度にどうぞ

藤井聡太棋聖と阿部光瑠六段の対局前後のコメント

 

局後インタビュー
  • 藤井聡太棋聖
  • 『(対局後)飛車を2筋に転換されて、攻め込まれるような展開になってしまったので、ちょっと、自信のない展開になってしまったかなと思ったんですけど、そこから開き直って反撃したのが良かったのかなと思います。』

  • 阿部光瑠六段
  • 『勝つための布陣だったらそうかな・・と思いますけど、ここ自分でいいのかな?と内心思いながらも・・選ばれたので頑張ろうと思います。(勝つ自信は?)ありません。笑』

    『フィッシャールールは5秒ごとに増えていくので、もう少し上手くできたら相当増えて行って、終盤とか中盤にうまく時間残せて、戦えるんじゃないかと思ったんですけど、そこまで経験がないので、次に指すときは色々考えながら戦いたいなと思っています。』

    『(対局後)桂損してたんですけど、思ったより難しいのかなと思って、実践では確かに難しかったんですけど、途中うっかりあったので酷かったです。』

    『(対局後)(2筋に飛車を回ったあたり)互角くらいかと思っていましたが、その後にうっかりがあったので、ちょっと反省です・・』

 

藤井聡太棋聖の次の対局予定※7/29vs鈴木九段戦(順位戦)

【7月29日】VS鈴木大介九段【第79期B2順位戦】

対局相手
クラス別戦績
過去対局
初手合
持ち時間
各6時間
時間別戦績
6時間棋戦通算35勝1敗(0.9722)
対局場所
東京将棋会館
開始時間
10:00~
リーグ表

中継情報

携帯アプリは10:00~
AbemaTV9:30~
※解説者:未定
※聞き手:未定
 
 
となっております.+:。(´ω`*)