UPQミニバイクの性能は?

◎排気ガスがなく環境にやさしい
◎電動ならではの良さで排気音もなく静か
◎4段階シフト機能を搭載しているので、上り坂での発進も快適
◎満充電での航続距離は約35km
25km/h定地テスト値、乗員55kg、バッテリー新品、気温25℃、乾燥路面、無風の条件下での数値(1回の充電あたりの電気代が約9円程度)
※東京電力等一般的な契約で、バッテリー残量ゼロから満充電した場合の目安
※充電方法は、me01に直接同梱のパワーアダプターを接続する他に、バッテリーを取り外して室内での充電も可能(100V電源を使用して、約3.5時間※バッテリー新品、バッテリー残量ゼロから満充電した場合)

購入後の実際の声は?

原付自動車の免許が必要なので、自責加入やナンバープレートなどの取得が必要になる

原チャリよりは遅い(^_^;)ので、抜かされるけれども近所に行くにはすごく便利

坂道では歩いた方が早いという意見も(^_^;)

モーター音が本当に小さい(*゚▽゚*)

折りたためるので便利(*゚▽゚*)

公道で走れる!(*゚▽゚*)

スポンサードリンク

売れ行きが好調な理由は?

『UPQ』の中澤優子CEOは、バイクにも興味のない人々の琴線に触れるような商品を心がけて制作されたそうです。

車体にUSBポートを備えていて、スマホなどを充電することも可能で、なんといっても折りたためるのでトランクにも収納が可能だということ。

カギを持った状態でバイクに近づくとロックが解除され、カギを持ったままバイクから離れると自動的にロックされるそうです。

価格もお手頃。1回の充電あたりの電気代が約9円というのも魅力ですよネ。

さっと取り出して、自転車感覚で手軽に乗れるところにも魅力があります(*゚▽゚*)

そして、デザインも斬新でスタイリッシュです!

走っていると思わず目に止まりそうです。

中澤CEOは、様々な市場合戦があるなか、自分も乗りたいか?を大切な基準として商品開発に挑まれているようです。

UPQ電動ミニバイクについての記事でした✩