ニューヨーク時事で、米自動車大手フォード・モーターがメキシコに新工場を建設する計画を撤回と発表。


出典:http://news.infoseek.co.jp/article/03reutersJAPAN_KBN14N1YV/

2016年4月に16億ドル(約1,900億円)を投じて新工場を建設予定だったにも関わらず、今後4年間7億ドルをミシガン州の工場へ投じて、新型の電気自動車などの生産をする予定だそう。

撤回とミシガン州での新電気自動車生産が及ぼす影響は?

アメリカ国内で約700人分の雇用を確保できるそうです。

新工場で生産予定だった小型車(フォード)は、既存メキシコの工場を活用して生産するそうです。

以前記事にした日本の佐賀鉄工所(3年前にメキシコ進出)はどうなるのでしょうか。既存のメキシコの工場での生産が続けられるということは、撤退するという決断まではいかなそうです。

トランプのアメリカ 世界の希望と不安を考える

トランプのアメリカ 世界の希望と不安を考える

2017/1/1NHKスペシャルで次期米大統領『ドナルド・トランプ氏』について放映がありました。出典:http://news.yahoo.co.jp/featu...

投稿 2017/01/02

佐賀鉄工所のメキシコ工場社長は、メキシコに自動車工場がなくなるのでは・・・??と危惧されていました。

3年前に進出したばかりにも関わらず、トランプ政権により自動車メーカーがメキシコでの事業を縮小しました。

もし取引が流れると次年度赤字になるようです。

トランプ政権が着々と制作を稼働させてきています。

フォードのフィールズ最高経営責任者、マーク・フィールズ氏はなぜこの決断をしたのか?

メキシコ新工場で生産を予定していた小型車(フォード)の北アメリカでの需要が低下していたことが理由に挙げられるそう。

トランプ次期米大統領が決断していなくてもそうしていただろうと。

尚この決断は、トランプ政権による減税や規制緩和などの政策を支持する考えにも賛同している様子。

スポンサードリンク

管理人のひとりごと

メキシコ政府は、この撤回には良く思っていないそうです。

一見、日本にはあまり関係のない時事ニュースのように見受けられますが、メキシコに3年前に進出した佐賀鉄工所など、この撤回の発表が及ぼす影響は大きそうです。

そして、工場進出撤回という裏には移民問題しかり、アメリカの失業問題など、様々な問題が絡んできているわけですね。

このトランプ政権の及ぼす影響が、良い方向へ進むことを祈るばかりです。

トランプ次期米大統領メキシコ工場計画を撤回へ

トランプ次期米大統領メキシコ工場計画を撤回へ

ニューヨーク時事で、米自動車大手フォード・モーターがメキシコに新工場を建設する計画を撤回と発表。出典:http://news.infoseek.co.jp/ar...

投稿 2017/01/04