最近商標問題が何かと騒がれていますね。

商標登録はみなさんご存知とは思いますが、トレードマークトロール(商標ブローカー)という存在をご存知でしたか?


ppapが他企業に商標出願?トレードマークトロールとは何?

ppapが他企業に商標出願?トレードマークトロールとは何?

最近商標問題が何かと騒がれていますね。商標登録はみなさんご存知とは思いますが、トレードマークトロール(商標ブローカー)という存在をご存知でしたか?トレードマーク...

投稿 2017/01/26

トレードマークトロール(商標ブローカー)とは?

トレードマークトロールとは、その商標を自分で使用しないのに、既に他人の未登録の商標や将来使用されそうと思われる商標を先に大量に出願し、その譲渡や使用許可の代償として金銭を要求する者の総称だそうです。

実際、このような商標を先に出願すること自体は違法ではないそうですね。

スポンサードリンク

商標登録のメリットとデメリットは?

  • 商標登録のメリットは?

権利者以外は登録された商標を権利者以外は使うことができない
もし使用された場合には使用差し止めや損害賠償を請求できる

  • 商標登録のデメリットは?

登録には費用と時間がかかる
早いもの勝ちである

商標登録の落とし穴と今後懸念されること

商標登録にはメリットとデメリットもありますが、トレードマークトロールは、この法律のデメリットである『早いもの勝ちである』という点と、本来はメリットである『もし使用された場合は使用差し止めや損害賠償を請求できる』という点を利用するといった小賢しい手段を取るようです。

こんな人が現れると、もうどこがメリットなんだかよく解りません。

弁護士は商標登録の代理申請もできますので法については熟知している訳ですよね。

もり仮にトレードマークトロールたるものに弁護士がなろうものならば、大変なことになりそうです。

しかも平成27年4月1日に新しいタイプの商標登録が可能となったようですので、今後新しいトレードマークトロールが現れる可能性もあります。

具体的な新しいタイプの商標登録とは?

  • 動き商標

文字や図形等が時間の経過に伴って変化する商標
(例えば、テレビやコンピューター画面等に映し出される変化する文字や図形など)

  • ホログラム商標

文字や図形等がホログラフィーその他の方法により変化する商標
(見る角度によって変化して見える文字や図形など)

  • 色彩のみからなる商標

単色又は複数の色彩の組合せのみからなる商標(これまでの図形等と色彩が結合したものではない商標)
(例えば、商品の包装紙や広告用の看板に使用される色彩など)

  • 音商標

音楽、音声、自然音等からなる商標であり、聴覚で認識される商標
(例えば、CMなどに使われるサウンドロゴやパソコンの起動音など)

  • 位置商標

文字や図形等の標章を商品等に付す位置が特定される商標
出典:https://www.jpo.go.jp/

日本の商標登録が実際に使用されたことによる商標権ならば良いのですが、登録することにより使用の権利が発生するという制度になっています。

申請人に将来的に使用する意思さえあれば、現時点で使用していなくても申請できてしまう制度です。

法律上はですね。

使用する意思と現在使用しているかどうかという不明確な部分を明確に説明さえできれば、取得可能ということです。

ですが、この問題はもう法律や制度の問題ではなく、倫理・道徳の問題なのでは??という感じもします。

そして、2016年5月17日に特許庁から注意喚起が行われました。

スポンサードリンク


出典:https://www.jpo.go.jp/

これでトレードマークトロールなるものが抹消されると良いですね。

表明しているとおり、諦めないで申請しましょう。

じぇじぇじぇは既に某老舗菓子店商標登録済

今回とくダネ!で扱われていた商標登録問題。

『じぇじぇじぇ』は2013年5月に某老舗菓子店によって商標出願され、2015年5月に既に商標登録されていました。

某老舗菓子店はお菓子屋さんで『じぇじぇじぇ』という商品を先に販売していて、その後、商標を出願されたそうです。

某老舗菓子店によると、他者が先に出願した場合に損害賠償を回避するためとのことでした。

実際お菓子屋さんで『じぇじぇじぇ』という言葉の入ったお菓子を販売されていたそうですし(今も販売されております)、業務と関係ないということはないですね。

当時も許可されるのか!?と話題にはなったようですが、これは許可されたようです。

そこで某弁護士が出した商標出願されたのが『じぇじぇ』(;’∀’)です。。

『じぇ』をひとつ減らした模様(;^ω^)

しかも出願日は2016年11月です。登録はまだされていないようでしたが今頃登録してどうするんでしょうね?

2013年の朝ドラの話ですが・・・

某老舗菓子店の意図といい、商標登録ってややこしいですね。。

あくまでもビジネスだそうですが、法や制度を盾にそう言い切ってしまえば某弁護士にとってはそうなのでしょう。

スポンサードリンク

エイベックスはppap商標登録できるのか?

恐らくできるのではないでしょうか。

特許庁があのように注意喚起するのは異例中の異例だそうです。

しかもあの注意喚起は某弁護士宛に記載されたといっても過言ではないと思われます。

某弁護士の商標出願で、商標登録を諦める人が実際におられるようで、特許庁としては、そんなことで諦めないで!審査は十分に行うから商標大量出願なんかを理由に諦めないで申請して!ということを言いたいのではないでしょうか?

『倍返し』も過去に商標出願申請あり!

現に某ドラマで有名な言葉『倍返し』も2013年に某有名食品企業1社と個人?2名によって出願がなされていたようです。

某弁護士が出願したのが2016年10月です。

2013年に出願した3社分は『却下』になったのではないでしょうか。

それか出願者が出願取消をしたかですが、これは憶測なので定かではありませんが、この『倍返し』が出願却下されたのであれば、PPAPに関してはエイベックスで商標登録できるのではないか?と推測します。

公正な判断がなされて欲しいですね。