今は世界の北野武として知られているビートたけしさんですが、彼がバラエティでプロデューサーテリー伊藤氏の元手掛けていたハチャメチャな番組、『天才たけしの元気が出るテレビ』をご存知ですか?

寝起きドッキリもこの番組から根強く今でも残っていますが、当時の寝起きドッキリは今では放送できないようなものばかりです(^_^;)

そんな番組に人気おじいちゃんとして出演されていたのが、浪越徳治郎さん。
 

スポンサードリンク

 
ジェットコースターに乗ったときの怖がり方が尋常ではなかったため、『ジェット浪越』というニックネームを付けられました

そんな浪越徳治郎さんですが、実は指圧でとても有名な方で、息子さん、お孫さんと3代に続けて指圧の世界で活躍していらっしゃいます。

そんなご家族について調べてみました。

ジェット浪越(浪越徳治郎)はエンペラー吉田と共に活躍

浪越徳治郎
出典:https://plaza.rakuten.co.jp
浪越徳治郎(ジェット浪越)
1905/11/15- 2000/9/25

当時、ジェット浪越(浪越徳治郎)さんも人気だったのですが、同じくして名物になっていたのがエンペラー吉田(本名:吉田十三)さん

話をしている途中で入れ歯が必ず外れるという珍プレーで一躍有名になりました。

どちらかと言えば、エンペラー吉田さんの方が当時は目立っていましたが(^_^;)コンビで知名度を挙げられています。

ジェット浪越(浪越徳治郎)の名言は?

指圧の心は母心、押せば命の泉わく

という名言はとても有名な言葉として残っています。

ジェット浪越(浪越徳治郎)はテルマエにも出演?

菅登未男さんが、指圧で有名だった浪越徳治郎(ジェット浪越)の役で、浪越徳三郎として出演されていたようですネ。

ご本人は出られていません

ジェット浪越
出典:http://pbs.twimg.com

ジェット浪越(浪越徳治郎)の頸椎・首・頭をやさしく支える浪越指圧枕とは?

浪越指圧アソシエイツと日本の寝具メーカーのひとつ京都西川さん共同開発して作られた枕だそうですヨ✩

ジェット浪越(浪越徳治郎)はマリリン・モンローに指圧をした有名な指圧師

マリリン・モンローさんが日本を訪れたときに、日本の知人に案内を頼んだそうですが、胃痙攣で体調を崩してしまったそうです。

日本の知人がすぐに浪越氏を思い出し、治療をお願いしたのだとか。
 

スポンサードリンク

 
その指圧で体調をすぐに取り戻したモンローは、その後浪越徳治郎氏に信頼を寄せ、7回程指圧を頼まれたと言われているそうですヨ✩

マリリン・モンローの他にはモハメド・アリや総理の吉田茂といった有名人の指圧の経験もあるそうです。
モハメド・アリ
出典:http://ihcsacafe.ihcsa.or.jp
日本の指圧を世界に広めるきっかけになったでしょうネ!

ジェット浪越(浪越徳治郎)の死因は?

2000年9月25日に肺炎で死去されています。

享年95歳だったそうです。

ジェット浪越(浪越徳治郎)氏は学校も設立

浪越徳治郎氏が創設された学校法人浪越学園日本指圧専門学校を設立。

日本で唯一の指圧専門校として、2017年に創立77周年を迎えます。

ジェット浪越氏(浪越徳治郎)の息子、浪越徹氏も指圧師

浪越徹(なみこしとおる)
1931/2/27-1994/5/20

ジェット浪越氏(浪越徳治郎)の長男、浪越徹氏がおられますが、日本の指圧の第一人者が父の浪越徳治郎氏と言えるならば、指圧(SHIATSU)のグローバル化を進めたのが徹氏のようです。

父である浪越徳治郎氏は、モハメド・アリに指圧経験がありますが、息子である徹氏はジョージ・フォアマンへの指圧経験があるようです。

ザイールでの世界ヘビー級タイトル戦は指圧親子対決番外編としても語られているようですヨ✩

指圧の洋書も出版なされています。

その他にも指圧の本を沢山出版なされています。

指圧を世界に広め活躍しておられましたが、お父様よりも早く亡くなられています。

急逝だったようです。

享年63歳の若さでした。

ご自身よりも先に息子さんを亡くされたのですから、お父様の浪越徳治郎さんお辛かったでしょうね。

浪越孝氏はジェット浪越氏(浪越徳治郎)の孫

浪越孝(なみこしたかし)
1963/4/11(53)
株式会社浪越指圧アソシエイツ代表取締役
浪越孝指圧サロンも経営なされています。

浪越徹氏のご長男である、浪越孝氏は2001年に浪越指圧アソシエイツを開業なされます。

スポンサードリンク

祖父であられる浪越徳治郎氏や父である浪越徹氏の偉業をさらにブラッシュアップさせるべく、若き指圧師の育成や講演などにも力を言えられているご様子です。

お父様の浪越徹氏と同じく指圧の本を出版なされています。

面白かった本を2冊ご紹介します。

動脈の老化が進むと血管が硬くなってしまい、上手に血液を運ぶことができなくなってしまうようですが、指圧で改善することで健康を維持できる効果が期待できるそうですヨ✩

誰でも簡単にできる1日3分、3ヵ所のセルフ指圧術をわかりやすく明らかにする本です✩

また、『動脈指圧』は他に例がないマッサージだそうで、確かに慌てずにゆっくりやれば、効果テキメンなのだそうです。

長生きしたければふくらはぎを揉め!という言葉もありますが、ふくらはぎ指圧の本も出版なされていました。

まとめ

3世代に渡り指圧の道を極められ、代を継がれるごとに事業を展開されていくのは素晴らしいですね。

浪越徹氏がグローバル化へ向けて指圧の普及に務められ、またその偉業を息子である浪越孝さんがブラッシュアップされていくという素晴らしさ。

浪越孝さんのお母様である浪越満都子(なみこしまつこ)さんも指圧師で浪越指圧を継承されているようです。

家族で指圧一家です。

吉田茂総理から小泉純一郎総理まで、歴代の総理13人を指圧治療されているそうです。

家族で偉業を達成、現在も進化中です。