リオ五輪の閉会式で安倍首相扮する『安倍マリオ』の登場とともに注目を集めたのが、青森大学男子新体操部によるパフォーマンス!こちらをどうぞ★

非五輪種目にも関わらず、今後の活躍を期待されて日本発祥である男子新体操スポーツとして20人の参加が決まったそうですヨ↓★
トーキョーショー体操
出典:http://www.iza.ne.jp
実はこんなにも日本で(世界でも)注目されていた男子新体操をわたしはあまり知りませんでした。

今回、情熱大陸で中田吉光氏が取り上げられるので、青森大学男子新体操部について色々調べていくうちに、こんなにも心打たれるとは思ってもいませんでした。

これを機に是非是非、もっと男子新体操が世間で注目されるようになり国体の種目へも復活することができることを願うばかりです。
 

スポンサードリンク

 
この青森大学男子新体操部の部長兼監督である中田吉光(なかたよしみつ)氏が情熱大陸で取り上げられましたネ!

青森大学新体操部は、2001年に中田吉光監督と数人のメンバーで同好会として発足し、今や部員48名、全日本学生選手権では負け無しの15連覇中という超強豪校です。

そんな強豪校に育て挙げられた中田吉光氏について調べてみました!

中田吉光師の経歴は?

中田吉光
出典:https://aomori-u-mrg.jimdo.com
1966年1月生(51)
中学1年生で新体操を始める
国士館大学体育学部体育学科卒業
国士館大学在学中、全日本新体操選手権大会二連覇
大学卒業後、香川県の県立坂出工業高校で教職に就く
2002年より青森大学の監督に就任

2013年に三宅一生氏に青森大学新体操部の演技が目に留まり、特別講演が実施されます。
衣装はもちろん、イッセイミヤケ氏、 演出はダンス・パフォーマンス界で国際的に活躍するダニエル・エズラロウ氏、モーショングラフィックスはWEBデザインでも客を飽きさせないことで有名な中村勇吾氏、音楽はオープンリールアンサンブル、ドキュメンタリーフィルムディレクションは映像作家の中野裕之氏という豪華メンバーによって制作されました。

なぜ三宅一生氏が青森大学男子新体操部の演技に魅了されたのか?

三宅一生氏の目に留まった演技はこちら↓

出典:https://www.youtube.com
実は、この三宅一生氏の目に留まった演技が、中田吉光(なかたよしみつ)氏が青森大学男子新体操部を数人のメンバーで同好会として発足したときのメンバーである政幸への追悼の意味を込めて、彼が個人演技で使っていた曲を編集してなされた演技だったそうです。

そこには涙なくしては語れないほどのストーリーがありました。

大坪政幸さんは、大学卒業後、新体操を世界に広めることをしたいと企業への就職をせず、東京で演劇パフォーマンスをされていたそうです。

しかし、若くして脳腫瘍を発症

手術をしましたが、腫瘍が再発。完治することはなく東京での生活をあきらめ、青森に帰省したあと青森大学の新体操部で、病いを抱えたまま、後輩の指導にあたりました。

しかし、選手権を目前に、惜しくも亡くなられたそうです。

スポンサードリンク

その先輩である大坪政幸さんに捧げられた演技だったのです。

その素晴らしい演技で青森大学男子新体操部は日本一になり、日本は愚か世界でも絶賛されることになります。

その演技が三宅一生氏の目にも留まったという訳です。

選手が一体になっている感じが素晴らしいですし、何かを伝えたいんだろうなという雰囲気もひしひしと伝わるような演技です。

この大坪政幸さんストーリーを一部掲載しているブログがありましたのでご紹介させていただきます⇒こちら

大坪政幸さんストーリーが描かれている青森山田高等学校男子新体操部監督をされている荒川栄(あらかわさかえ)氏による著書↓

出典:https://www.youtube.com

披露された約1時間の演技は観客から絶賛され大成功だったそうです。

その練習から公演当日までの3ヶ月間を追ったドキュメンタリー映画がこちら↓

男子新体の見どころはどこ?

実は、男子新体操は、日本が発祥のスポーツで、競技人口は全国で約1500人

国体の競技種目の中で他のスポーツと比べると普及がされていないことや、国際大会が開催されていないなどを理由に2008年からは、国体の種目からも外されてしまったのだそうです。

それにもかかわらず男子新体操のすばらしさを伝えるべく活躍を続けた強豪である青森大学男子新体操部の活躍の場はますますグローバルになっていっています
 

スポンサードリンク

 
男子新体操は、宙返り等のアクロバティックな動きが禁止されていないため、迫力とスピード感がある演技で人々を魅了するところが女子とは違い目を奪われるようです。

そんな青森大学男子新体操部の活動ブログ⇒こちら

BLUE TOKYOとは?

青森大学男子新体操部を卒業すると、世界でも有名なシルクドソレイユや『BLUE TOKYO』で活躍する人がいるようです。

また、学校を卒業し社会人になると競技を継続することが困難などの理由から発足されたのが、OBを集めて世界初の新体操とストリートダンスを融合させたプロユニット『BLUE TOKYO』。

結成は2010年。

青森山田高等学校男子新体操部監督である荒川栄(あらかわさかえ)監督がプロデュースを行っています。

青森山田高校と青森大学のOBで編成されているようですヨ★


出典:http://www.bluetokyo.jp/

まとめ

青森大学男子新体操部を発足して、ここまで導かれた中田吉光氏。

練習では怒号も飛び交うこともあるようですが、今や男子新体操と言えば青森大学無くしては語れないものがあると思います。

そこには故・大坪政幸さんの思いや遺志を引き継ぐように後輩達がそれに応えて青森大学男子新体操部というものがあるのでしょうね。

大坪政幸さんは男子新体操は世界に通じると信じていたようです。

きっとそれを中田吉光監督を筆頭に後輩達が叶えていくのだと思います。