• 投稿 2017/01/21
  • 人物

本日は芥川賞の選考委員でもある『宮本輝』氏についてお届けします。

ピース又吉さんの『火花』の選考員も勤められたんですヨ!(*’ω’*)

『世界の中心で、愛をさけぶ』などのヒット映画を手がける行定勲とNHKスイッチで対談されるそうです。


出典:http://www.geocities.jp/yuwa_club/T.M.M.htm

本名:宮本 正仁(みやもと まさひと)
1967/3/6(69)
追手門学院大学文学部
2005年5月に大学の図書館を改修した際に、『宮本輝ミュージアム』設立。
宮本輝氏の愛用品や直筆原稿などが展示されているようです。
フアンにはたまらないでしょうネ。

主な受賞歴

『泥の河』で第13回太宰治賞(1977年)
『螢川』で第78回芥川龍之介賞(1978年)
『優駿』で第21回吉川英治文学賞(1987年)
『約束の冬』で第54回芸術選奨(2004年)
『骸骨ビルの庭』で第13回司馬遼太郎賞(2009年)
秋の紫綬褒章(2010年)
デビュー作 『泥の河』(1977年)

沢山の小説を執筆されていて、映画化もかなりされておりますが、最も最近映画化された作品は2013年の『草原の椅子 [DVD]
』です。
主演は佐藤浩市さん、西村雅彦さん、吉瀬美智子さんです。

宮本輝氏ですが小説好きな方にはコアなフアンもおられるようです。

そんなフアンが愛する作品を紹介します。

スポンサードリンク

宮本輝氏の書く小説で一番好きな小説は?

  • 川三部作

ラストは非常に印象的な描写、まるで映画の様で、今でも目に焼き付いているほど
『蛍川』
『泥の川』
『道頓堀川』

  • 錦繍

切なくて心に突き刺さる
何度読んでも涙が出て止まらない
あざとい演出や構成が目立って「作為的」と感じる人もいるようで、そんな方には『流転の海』の方がオススメだそうです。
そしてこの本はピース又吉さんもオススメとアメトーークで言われていましたネ!

  • 流転の海シリーズ

『地の星(流転の海 第二部)』
『血脈の火(流転の海 第三部)』
『天の夜曲(流転の海 第四部)』
『花の回廊(流転の海 第五部)』




  • 青が散る

青春の瑞々しさと若さ故の苦悩が心地よい筆致で綴られている。
物語りを作り上げて行く勢いが感じられる作品。


  • 草原の椅子

何回読み返したか覚えてないほど
苦しい時に心に浮かぶ本
出会って良かった

  • 本をつんだ小舟

小説ではなくエッセイだが、何度も読み返してしまう作品

宮本輝氏新刊

流転の海シリーズ第8部の長流の畔

宮本輝さんの作品以外でおすすめな小説家は?

また、宮本輝さん作品がお好きな方は辻仁成氏もおススメです。

もう宮本氏の小説を読みつくした!!といった方はどうぞ☆