今や日本の体操界で白井健三選手を知らない人はいないと思いますが、影に隠れる?ようにこんな選手もおられたんですね(‘ω’)


出典:https://twitter.com/1gymnastics

生年月日:1996/11/19日(20歳)
身長:162cm
順天堂大学所属

おしくもリオ五輪の代表選手の座を逃したそうです。同学年の白井健三選手は日体大。リオ五輪でも大活躍でしたよね。
体操の全日本選手権でも日体大に総合優勝を奪われ、とても悔しい思いをされたそうです。

全日本選手権では、順天堂大学の目標は日体大へのリベンジ。順天堂大学はリオ五輪で活躍した加藤凌平選手が2016年3月で卒業した為、エースが抜けた穴が大きかったようです。

先輩からも加藤凌平選手の穴を埋める選手になって欲しいと期待されていました。

和磨選手の得意技は?

ブスナリ(G難度)

あん馬で倒立後、移動しながら体をひねり足を開いて旋回する大技で、海外のトップ選手でも数人しかできないと言われている技が得意なんだそう。

五輪選考会での構成は、その大技ブスナリを2度入れていましたが、11月に開催された選手権では1度へ構成を変更しました。ミスを最小限に抑えて、100%の演技を全種目備えて団体(チーム)に貢献できるようにという思惑があるそうです。

和磨選手は、Eスコアを高める練習をしている様子です。

Eスコアとは?

体操はDスコアとEスコアの合計点で競われます。

Dスコア=技の何度(回転数・ひねり数・姿勢によって加点)

Eスコア=技の完成度(10点満点からの減点方式)
※落下しりもち-1.0、着地で1歩み出すと-0.1減点等、膝・つま先のわずかな曲がり-0.1減点等)

トップ争いはこの0.1ポイントが明暗を分けるそう。

和磨選手の五輪選考会でのブスナリは8.7。今回はそれ以上の点数を狙うための構成変更(ブスナリ1回)だそうです。

全日本団体選手権選手権出場チームは?

前回の覇者は日体大。勿論白井健三選手もメンバーです。そんな日体大の他は、リオ五輪メンバー3名所属するコナミスポーツクラブ、徳州会体操クラブ、鹿屋体育大学、セントラルスポーツ、筑波大学、朝日生命、仙台大学、相好体操クラブ、福岡大学、早稲田大学、市立船橋高等学校、清風高等学校、鯖江高等学校、ジュニア選抜に和磨選手の所属する順天皇大学。

萱和磨(かやかずま)選手の出場種目

あん馬、吊り輪、ゆか、跳馬、平行棒、鉄棒の6種目を各チーム3名ずつが演技。その合計点がチームの得点になるそうです。団体戦では1人でもミスすると致命傷になりますね(;’∀’)

和磨選手は昨年は2種目でしたが、チームのエースとなった今回は床を除く5種目を任されていました。日体大のライバル白井健三選手は、あん馬と鉄棒を除く4種目に出場。ゆかだけかと思いきや、やはり白井選手も日体大のエースなのでしょうね。五輪選抜選手なので当たりまえですが・・・

スポンサードリンク

果たして萱和磨(かやかずま)選手の演技は?

まずはあん馬。ブスナリ成功!!??と思われましたが、ふくらはぎがあん馬へ少し当たっていた様子です。原点となりEスコア8.7届かず8.6(´;ω;`)

吊り輪、白井選手14.250。和磨選手着地で体が大きく動き14.250。

跳馬、白井選手(リオ五輪では銅メダル獲得)着地で1歩下がってしまいましたが、メダリストの貫録を見せ、15.3。和磨選手は着地に失敗、14.2。

この時点では他の選手の活躍もあり、順天皇大学がリードわずかですがリードを保っておりました。133.700(順天堂) VS 130.750(日体大)

続いて平行棒(和磨選手あん馬に続いて2番目に得意だそうです)バブサー(E難度)という大技を決め結果15.4。この後和磨選手腕をつってしまいます。手をつってしまうほどに体力を消耗していたようすです。白井選手は15.3でした。

この時点で178.850(順天堂) VS 177.050(日体大)で昨年の覇者がジリジリと差をつめてきています。

続いては鉄棒。和磨選手、腕の疲労ピークです。手を滑らせてしまいましたが、なんとか最後まで演技をし結果13.850。

この時点で267.600(順天堂) VS 220.450(日体大)差はわずかです!

最後の種目はゆか。白井選手は日体大の3人目の選手でした。白井選手が16.8ポイントを取れば日体大の優勝が決まります。

順天堂VS日体大勝負の行方は?

白井選手、素晴らしい演技をしましたが僅かに届かず16.750!!!順天堂大学の優勝が決まりました。その差0.05!

努力が報われたようでした。

ですが、オリンピックでのくやしさはオリンピックでしか晴らせないそうです。代表に選ばれる日がくると良いですねぇ(‘ω’)

11月25日と26日に行われたメキシコ国際大会では見事個人総合優勝されたそうです。

すごいですねぇ(‘ω’)

でも最後のゆかの白井選手の16.750・・・半端ない点数だと思いました(;^ω^)・・・

少し遅いニュースでしたが、白井選手が注目される中で、影に隠れるように素晴らしい選手もいるんだな・・・という記事でした!