• 投稿 2017/02/03
  • 健康

もうすぐ花粉の時期ですね。

今日は花粉対策や花粉の治療法についてまとめてみました!

花粉症

■ スギ
北日本では、10月は平年より気温が低く、11月は平年よりかなり低く、12月は平年並みでした。
この期間の寒さにより、スギの雄花は例年以上に覚醒が早く進んだため、飛散開始も例年より1~2週間程度早まる見込みです。

宮城県での2月上旬を皮切りに2月中旬から下旬にかけて飛散が開始するでしょう。
東日本・西日本では、10月及び12月は平年よりかなり高めの気温でした。
おおむね例年通りに休眠から覚醒し(休眠打破)、その後の生長も順調に進む予想のため、例年通り2月上旬から中旬頃にかけて飛散が開始する見込みです。

■ ヒノキ
北日本ではヒノキがあまり分布しておらず、ヒノキ花粉もほとんど飛散しません。
東日本・西日本では、10月及び12月は平年よりかなり高めの気温でした。
ヒノキの雄花は、おおむね例年通りに覚醒が進みましたが、九州地方では寒さが十分ではなく休眠打破も遅れている見込みです。
このため、飛散開始時期もおおむね例年並みで3月中旬から下旬になるでしょう。
一方、九州地方では例年よりやや遅く3月下旬から4月中旬にかけてとなる見込みです。
出典:http://s.n-kishou.co.jp

花粉症はどういう人が発症するの??治るの?

  • アレルギー体質の人
  • 花粉症からぜんそくが悪化することもある
  • 一度花粉症にかかると自然に改善するということは少ない

花粉症はどのようにして発症する?

人が花粉を吸いこむと、人間の体はそれを異物と認識。

花粉を排除しようとヒスタミンなどの化学伝達物質が作られます。この免疫物質がくしゃみ中枢を刺激するとくしゃみが、分泌腺を刺激すると鼻水が、血管を刺激すると鼻づまりという症状として現れます。
その他の症状としては、

  • 目のかゆみ
  • 全身の倦怠感
  • のどの不快感
  • 頭痛
  • 睡眠不足

などの症状がでてしまいます。

症状が強くあると治療が困難になり、症状が現れたときから治療を始めることが大切です。

花粉症の治療にはどんな治療法があるの?

スポンサードリンク

  • 薬物治療=対症療法

くしゃみ・鼻水⇒抗ヒスタミン薬、マスト細胞安定薬、鼻噴射用ステロイド薬

鼻づまり⇒抗ロイコトリエン薬、鼻噴射用ステロイド薬

目のかゆみがあるときには点眼薬を使用します。

※鼻噴射用ステロイド薬は体に吸収されにくいので、比較的安心に使用できます。

※眠気が強くなるものについては、運転などに注意が必要です。

花粉症予防対策は?

  • マスク着用をする。
  • 髪に花粉が付かないように防止を付けると良いです。
  • 花粉症用の眼鏡を着用すると良いです。
  • 花粉が付きにくい素材のツルツルした服を着用するのが望ましいです。
  • 家に入る前には花粉を払い、帰宅後はうがいや洗顔をすると効果的です。

身の回りに花粉が付かないように気を付けることが大切です☆

花粉症は薬の他に治療法はあるの?

薬でも効果がない場合は鼻の構造に問題がある場合もあるので、専門の医療機関で治療をうけてみるのも良いです。

  • レーザー治療

鼻の粘膜を焼いてアレルギー反応を起こしにくくする
※花粉飛散の1か月前までに行うのが理想的

ただ、鼻の粘膜は再生してくるので根本的な治療にはなりません。

一定の効果が期待できる治療法です。

費用は日帰り手術で1万数千円です。

根本的に花粉症を治す治療法はあるの?

  • 舌下免疫療法

花粉を体内に取り込んで体を慣らす治療法

一種の体質改善を図るのが目的である治療法です。

舌の裏にスギ花粉エキス液を滴下して2分間そのまま保持後、飲み込みます。

最低2年以上毎日続ける治療法で、3年かかる場合もあります。

自宅でできて痛みもないので期待されている治療法です。

花粉症対策の舌下免疫療法の効果はどれくらい?

スポンサードリンク

期待通りが30%強で、まぁ期待通りが半数の50%、期待通りほどではないと期待がはずれた方が全体の20%ほどおりました。

かなり効果が期待できる治療法ですネ。

副作用は、口のなかのかゆみ・腫れが2割ほど発症例がありますが、症状は軽く心配はないようです。

保険がききますので、月に1,000円程で治療可能です。

医療機関を訪ねる前に、治療可能かどうか病院にて確認してから行きましょう。

花粉症対策の舌下免疫治療法の注意点

花粉飛散の2か月以上前までに開始するのが効果的で、残念ながら12歳未満は適応外です。

近い将来12歳未満でも保険適用になる可能性が高いそうです。

まとめ

症状が重くなってから病院へ行ってもやはり治りづらいそうです。

あれ?花粉症かな?と思われたらすぐに病院を受診して診断をしてもらった方が良いようですネ!

そんなわたしも既に花粉症です・・・本当にある日突然なります。

不思議と妊娠中はなりませんでした。このまま治るんだ!と思ったのは1年だけ。

出産後また花粉症にしっかりなりました。

鼻噴射薬をいつも持ち歩いています( ノД`)

つらい時期がもうすぐやってきますね。皆さん、気をつけましょうネ。