すっかりこのコーナーのフアンです(*’ω’*)

今回は保育園!もう、素人の仕事ではありません(;^ω^)今度は幼稚園内にちっちゃな家を建てちゃいました☆

まずはテーブル制作編

ヒロミ手作りのコンパスで円を描いてからジグソーという工具でカット。

角はトリマーで仕上げ。

真ん中もカットしているので、その円を1/4にカットしてS字に並べたり円に戻してみたりと自由自在に変形できます☆

スポンサードリンク

そして壁面をマグネットシートで変化編

壁面に絵を飾れるスペースを確保するため、なんとマグネットシートを取り付け!
マグネットシートの下面には発砲スチロール製のクッション性レンガを使用☆

以前、ノッチ宅で使用していたものと同じものですネ!

園児がぶつかったときに痛くないし、おしゃれだし便利!という理由から☆

次は手洗い場をかわいくアレンジ!蛇口が動物に!?編

手洗い場は園児が良く利用するところですよネ!

かわいくアレンジしたいものですが、そこにすっごくかわいいタイルを施工していました!カラフルな大きさの違うタイルを敷き詰め、なんと蛇口は動物に変身!

園児たちも大喜びですよね!

部屋の雰囲気を明るくするために、オーダーメイドの壁紙を利用編

窓が少ないために雨の日は部屋が暗くなるので、部屋を明るくしたいと先生から要望あり!

そのためにとったヒロミの案が、なんと、オーダーメイドの壁紙(景色)を壁面に張り付けるという斬新なアイデア☆

ただ、オーダーメイドできるようですが、ホルムアルデビドを気にされる方は素材にも気をつけたほうがよさそうですネ。

楽天ショップ※ここのショップでもホルムアルデビドの但し書きがありました↓
壁紙屋本舗・カベガミヤホンポ

スポンサードリンク

なんと、園内に秘密基地を完成させちゃいました!編

もう大工です・・・(;’∀’)

さすがに設計は知人の一級建築士の方に依頼をされたそうです。デスヨネ・・・|д゚)
自由錐という道具を使って階段脇に取りつけた壁面に穴をあけ、階段の手すり変わりに☆

ただ単に手すりを作るのではなく、園児がその穴につかまって階段を上ったり、上りながら穴を除いたりできるという発想から☆素敵すぎます(*’ω’*)!
塗装は、Hip Paint mini 水性塗料を使用。

抗菌作用があり学校や医療施設でも使用されているものだそうですヨ!

すごい心配りです☆

この建物は2階なんですが、1階部分の奥壁には、ペンライトを使用して絵の描ける蓄光シートを壁面に張り付け、園児が自由に絵を描くことができるようにしていました☆
これには園の先生も大興奮!(*’ω’*)

しかもこの秘密基地に滑り台を購入して取り付けていました!もう至れり尽くせりの秘密基地です!

タイヤを利用して椅子?を制作編

古いタイヤの上に丸い板を置き、毛糸で丸いポンポンを制作しそれをグルーガンで沢山張り付けていきました。

園児も遊べるし、椅子にもなるし可愛いからとの理由から☆

今、毛糸ポンポン流行しているようです。しおりにしてみたり、花のようにして花瓶に飾ったり・・・
もちろんポンポンメーカーを利用して制作していました!☆

女の子がおままごとできるように、木製キッチン制作編

設計図込みで12万で売ろうかと発言していました(;^ω^)
それくらいの価値、あると思います。木製ですし・・・

もうそれは細部までこだわったキッチンが完成しました。

蛇口やコンロまでありますし、下には収納戸棚までついています!

これをmizucolorという天然塗料で塗装していました!ヒロミは板目ごとに色を変え、ポップな仕上がりにしていました!天然水で作った塗料だけあって、サラサラしていて塗りやすいようでした。

園で使う塗料はやはり天然のものが良いかもしれませんネ!

黒板も塗料を使って変化!編

黒板といったら、緑に銀縁が主流ですが、ヒロミはこの銀縁を取り外して新たにかわいい淵を取り付け、緑色の黒板は、塗るだけで黒板になる黒板塗料を使用して温かみのある黄土色の黒板へと変身していました。

管理人のひとりごと

ただ単にリフォームするだけでなく、園児は小さいから目線が引くい。秘密基地の1階に目がいきやすいからと、1階の壁面を園児に好まれそうな可愛いぞうさんがらの壁紙にしたりしていました!

思いやりたっぷりのリフォームです☆

最後に園児が入ってきていましたが、大興奮!!!

蛇口にも滑り台にもおままごとキッチンにも目をキラキラ輝かせていました!

ヒロミが帰るというときも、あ~バイバイというくらいリフォームに夢中で、ヒロミには全く興味なさそーでした(´▽`)可愛いですネぇ。

見ているだけでほっこりしてしまう場面でしたが、いいですねぇこの保育園(*’ω’*)☆

人気爆発しそうです!八王子の保育園だそうですヨ☆