出典:cdn.lpga.or.jp

1999/1/13(17歳)
出身地:茨城県
日本女子オープンで史上最年少でアマチュアとして初優勝(その後プロへ転向)
来年からアメリカツアーへ参戦
名前の由来:誰にでもできないことを成し遂げて欲しいとNASA(アメリカ航空宇宙局)にちなんでつけられた
持ち味:平均250ヤードのドライバー。

夢は、世界で勝つこと。5年以内にメジャーで勝てるようになりたい。

ゴルフを始めたのは、活躍するジュニアの中では比較的遅い11歳。
きっかけはゴルフ場へ勤める母の影響(お母さまはキャディをされていて、二人三脚だそう)

飛躍の裏側には何があるのか?

元プロゴルファー中嶋常幸氏との出会いがあったそう。

中嶋常幸氏がは、自分が培った経験を子供たちに残したいとアカデミーを立ち挙げた4年前。

畑岡選手は、軸がぶれないし、基本ができていた。他と違っていたそうです。

両親が、幼いころから野球や陸上に取り組ませていたそうです。

ゴルフをする前に他のスポーツにの取り組んでいたのが体の基礎を作るのに良かったのでは?と中嶋常幸氏は言われていました。

畑岡選手の指導を吸収する力がすごい

いいと思ったことはすぐに実践するそうです。

人の話を目を見てよく聞くそうです。1言えばそれを10にできる選手。

知的好奇心のある選手は伸びるそう。

畑岡選手の活躍のキーパーソン、中嶋常幸氏の哲学は?

中嶋常幸氏のアカデミーからは、畑岡選手に続いて『長野未折選手』や『山口すず夏選手』が所属しているそうです。

そんな中嶋氏の哲学は、
しっかり向き合う

 同じ指導が全員にあうとは限らない。10人いたら10人スイッチが違うので、その子をしっかり見るという作業が一番大切と言われています。

すべては教えない

自分で考える能力を養わないと、世界中にでて戦う力がなくなるので、ヒントにして自分の経験に役立ててくれると良い。

管理人のひとりごと

畑岡選手は才能を秘めていたのでしょうが、活躍の裏には中嶋氏との出会いがあったのですね。

中嶋氏の哲学ですが、この哲学は実に素晴らしいと感じました。何かが得意=教えることができるはイコールにならないのですよね。

ゴルフやスポーツに限らずそうだと思います。

個々で個性も違えば体力も違う、性格も違うわけですから同じやり方が万人に共通する訳はないわけで。

すごく素晴らしい方との出会いがあったわけですね。今後の期待がますます高まります!

是非世界で活躍する日が来てほしいですネ!

ダンロップと3年契約を発表

女子ゴルフは男子ゴルフと違ってビジュアルを優先しがちなので契約が結べないなどと失礼なことを言われていましたが、松山選手と同じダンロップとスポンサー契約を18歳の誕生日2017年1月13日に結びました!

おめでとうございます(*゚▽゚*)

契約金は3年で1億2千万円だそうですネ✩

所属はそのまま『森ビル』だそうです!